看護師の職業病“腰痛”!予防の秘訣は腰ではなく「膝」!

看護師にとって職業病と言われるものはいくつかありますが、その代表例が腰痛です。実に6~8割の看護師が腰痛に悩まされているという報告もあります。

ただし我慢しすぎると大好きな仕事を続けるのも困難になるため、早めに予防法を心得ておきましょう。

本当?看護師の業務のうち8割が腰に負担をかけている

患者さんとのコミュニケーションをはじめ、トイレや入浴の介助、ベッドや車椅子への移乗、注射、バイタルサインの測定…。

看護師の日常業務は腰に負担のかかるものばかり。実に業務時間のうち、“約8割が中腰状態”という調査結果もあるくらいです。

こうした業務に加え、日勤と夜勤を繰り返す勤務形態や疲労、ストレスなどによって自然治癒力が低下。腰痛をも誘発してしまうのです。

腰痛が看護師の職業病と言われるのも納得ですね。

腰痛の悪化は仕事のほか、日常生活にも支障を来す?

pixta_21977290_S-1-min
看護師の中には、腰痛が悪化し、椎間板ヘルニア、股関節痛といった腰部に関わる病気を発症してしまう人もいます。痛みをかばうために骨盤がゆがみ、座骨神経痛などを伴ってしまう看護師も少なくありません。

早めに予防法を実施することはもちろん、腰に負担をかけないような仕事の仕方を模索していくことも大切になってきます。

なぜなら大好きな看護師の仕事ができなくなるばかりか、普段の日常生活にも支障をきたしてしまうからです。

日常業務での腰への負担を軽減するには?

そこで、まずは腰痛を予防する日頃の心構えを教えましょう。中腰になることの多い看護師の業務ですが、なるべく腰を曲げて作業しないことが重要です。かがむときは腰ではなく、膝を曲げるのがポイントです。

そのほかに心掛けることとしては、

「患者さんの介助は1人でしない」
「骨盤ベルト、コルセットなどを着用する」
「腰痛体操やストレッチを欠かさない」
「入浴で血行をよくする」
「腹筋と背筋を鍛える」
「猫背にならない」
「サンダルではなく、スニーカーを履く」など。

これらを取り入れて、日常業務における腰への負担を軽減するのが先決です。

最終手段!腰に負担をかけないために配置換えも

pixta_21977290_S-1-min
ただし、どんなに予防に励んでも腰への負担は少なからずあるのが看護師の仕事です。

最終手段ですが、上司に申し出て介助の少ない部署へ異動させてもらうのもひとつの手です。外来などはあまり介助がなく、腰への負担も軽減されるはずです。

また、保育園や幼稚園看護師、企業看護師、健診機関での勤務、シップナース、治験コーディネーターなど、看護師は様々な場所で必要とされていることも覚えておきましょう。

病院以外にも看護師の資格があれば働ける職場はいくらでもあるのです。

【無料公開中】人気記事を資料にまとめました!

資料ダウンロード「感染予防」