【番外編】イギリスの一大イベント「クリスマス」そのとき、病院は空き巣状態!?

イベント好きの日本人は、クリスマスの日には街中に繰り出して、恋人とクリスマスディナーを食べて、綺麗な夜景を見て…と、外でのイベントが盛りだくさん。一方で、クリスマスの本場欧米では、日本と全く様子が異なります。

今回は、イギリスのクリスマス習慣とクリスマスシーズンの病院についてお話します。

イギリス人はクリスマスが大好き!

pixta_21977290_S-1-min
イギリス人がクリスマスにかける情熱は非常に熱く、ハロウィーンが終わるとすぐに町中がクリスマスオーナメントで飾り付けられます。オフィスビルの1階は大抵大きな窓ガラスで中が丸見えなので、ビル街ではお互いが競い合うように、巨大でゴージャスなクリスマスツリーを飾っています。

一般の家庭でも、気合が入っている家庭では、本物のモミの木をかわいいオーナメントで飾り付け、家の内外を問わずキラキラ光るライトを一面に設置しているので、まるでディズニーランドのパレードを見ているようです。
しかし、家庭の飾り付けに関しては、派手好きなアメリカの方が気合が入っているとの意見もありますね(笑)

日本では、クリスマスが終わった次の日から、お正月の飾り付けに切り替わりますが、イギリスでは1月6日まで飾り付けはクリスマスのままです。年末を迎えたのに、年末感をあまり感じられないのはこの飾り付けの影響が大きいと思います。「年末の行事よりもクリスマスの方が大事」というところが日本とは大きく違いますよね。

一風変わっているのが、クリスマスシーズンになるとトナカイやサンタが大きくプリントされた素敵な(垢抜けない…)セーターを着ている人(特に大人!)に出くわすことです。
日本でもおなじみになった「H&M」や「ZARA」など、大手の洋服屋さんでは必ずこのセーターを扱っており、入り口を入ってすぐのところに、ドギツイ色のクリスマスセーターがこれでもかと陳列されています。最近では、このセーターをいかにおしゃれに着るかというサイトも登場しました。
pixta_21977290_S-1-min

病院でも…「クリスマスは実家へ帰らせていただきます!」

「クリスマスは恋人とイベント盛りだくさんで過ごし、年末は家族でゆっくり過ごす」、という習慣がある日本とは対照的な欧米では、「クリスマスは家族でゆっくり、年末は恋人や友人とパーティー」が一般的です。そのため、クリスマスは店が閉まり、交通機関もストップします。

イギリスの病院は移民の数が多く、特にスペイン・イタリアといった失業率の高い南欧出身の医療関係者が多く務めています。クリスマスシーズンには一同に実家に帰るため、医療機関の一部が麻痺し、手続きは非常に時間がかかり、医師がいないために診察が受けられないという事態も起きます。

もちろん、救急外来は空いているので本当に緊急事態の場合はそちらを受診できます。イギリスではERと言わず、A&E(Accident&Emergency)が救急外来となります。A&Eは4時間以内に診察・治療することを目標としていますが、慢性的な医師不足からこの目標を達成できない施設が多数あります。

日本では、ゴールデンウークや年末年始は医療機関が閉まるため、救急外来が大混雑となりますが、それでも4時間待ちは聞いたことがありません。しかし、イギリス人は愛国心が強くプライドが高いため、こういった医療状況でもイギリスの医療は素晴らしい!と言い切る人も少なくありません…

A&Eに救急車で運ばれた友人がまさしく4時間以上待ちであったため、クリスマスシーズンのA&Eはさらなる大混雑が予想されます。イギリス在住中はA&Eに絶対お世話になりたくないので、健康には気をつけたいと思います!
pixta_21977290_S-1-min
もちろん、救急外来は空いているので本当に緊急事態の場合はそちらを受診できます。イギリスではERと言わず、A&E(Accident&Emergency)が救急外来となります。A&Eは4時間以内に診察・治療することを目標としていますが、慢性的な医師不足からこの目標を達成できない施設が多数あります。

日本では、ゴールデンウークや年末年始は医療機関が閉まるため、救急外来が大混雑となりますが、それでも4時間待ちは聞いたことがありません。しかし、イギリス人は愛国心が強くプライドが高いため、こういった医療状況でもイギリスの医療は素晴らしい!と言い切る人も少なくありません…

A&Eに救急車で運ばれた友人がまさしく4時間以上待ちであったため、クリスマスシーズンのA&Eはさらなる大混雑が予想されます。イギリス在住中はA&Eに絶対お世話になりたくないので、健康には気をつけたいと思います!

<ライタープロフィール>
めぐみ
日本で医師として働いていたものの、夫の仕事の関係で一時的にイギリスに滞在中。元医師の視点でイギリスの医療をお伝えしていきます。

イラスト制作/青木優生子 http://www.ucoaoki.com/

【無料公開中】人気記事を資料にまとめました!

資料ダウンロード「感染予防」