正月は病院の雰囲気も違う?看護師が知っておきたいこと

病院によって、正月は通常の勤務と異なる形態をとることもあります。正月付近になると患者の外泊などが増えたり、外来を受け入れたりすることも少ないからです。

正月に病院で勤務する場合、看護師としてどのようなことに気をつければよいのでしょうか。正月の病院での過ごし方と、注意点を見ていきましょう。

病院の正月は閑散としている?

年末年始にかけて、救急病院や年中無休の病院でもない限り多くの病院では外来の受け入れをお休みしている状態だと思います。

そのため、病院内は外部からの出入りがあまりなく、ほとんどが入院患者と医療スタッフだけに。さらに、容態が比較的落ち着いている患者などは希望すれば外泊することもできるため、正月を家族と一緒に過ごすために一時退院する患者も増えていきます。

そのため、年末から正月にかけては病院内が通常とは異なり、少し閑散としてしまうこともあるのです。

スタッフの体制が少数になる病院も!

pixta_21977290_S-1-min
病院内の患者数が一時的に減ってしまうことによって、医療施設によっては看護師自体の体制も正月の間は変わってくる可能性があります。勤務する病院によってまちまちですが、年末年始の間交代で数日間休みをとったりすることもあるようです。

しかしここで注意しておきたいのが、シフトの変化によって、少数になった場合の対策。病院内では、いつ何が起こるか分かりませんから、少数になった場合もしっかりと連携を確認しておくことが大切です。

正月だからこそ、気が抜けない時期になるとも考えることができるのではないでしょうか。

正月だからこそ患者さんに寄り添って

入院している患者さんの中には、継続的な治療が必要で、正月の間も一時帰宅がのぞめない患者さんもいらっしゃいます。そんな患者さんに対して親身になって寄り添うということは、看護師としてできることのひとつではないでしょうか。

病気によっては、食べられないものがあったりするケースもあるので、例えば一緒に日の出を拝んだり、年賀状の代わりに絵はがきを送ってみたり、いつもより少し長く話を聞いたり。ちょっとした気遣いを心がけることで、患者さん自身も正月を楽しめる雰囲気づくりにすることができます。

正月明けの激務には注意

pixta_21977290_S-1-min
少人数体制で、いつもとは違う閑散としている正月が明けたら、またいつもの病院の日常が始まります。特に正月明けは、外来を休診している病院が多いということもあり、休み明けに一気に患者数が増える可能性も否めません。

正月のゆったりとした流れのまま、正月明けを迎えてしまうと突然の変化に仕事が追い付かないこともあります。正月が明けたらいつも通りもしくはそれ以上の激務になるということをあらかじめ予想して、お正月期間の仕事の進め方を考えることも大切です。

また、もし正月の間少しでも休みをとれたのなら、休み明けに備えてしっかりからだを休めておきましょう。

まとめ

pixta_21977290_S-1-min
勤める病院によっては正月の間になると患者数が減ったり、スタッフ数が減ったりして通常と状態が異なるケースも少なくありません。

特にこれから看護師としてはじめて正月勤務をするという場合、あらかじめ正月における病院の状況やシフトについて知っておくことが大切です。

【無料公開中】人気記事を資料にまとめました!

資料ダウンロード「感染予防」