看護師たちのお正月の過ごし方のリアル

お正月と言えば初詣に年始回り。ちょっとおしゃれして初売りを見て歩いたりする新春の町を想像します。

看護師たちのお正月はなかなかそうもいかないことも多いのが実情です。お屠蘇をのんびりいただこうと思っても、急患や応援のコールがなることも少なくありません。

病気や怪我にお正月休みはない

pixta_21977290_S-1-min
どんな病気や怪我、も当たり前ですが、お正月だからと言って遠慮してはくれません。こちらのタイミングなんておかまいなしです。かくして年中絶え間なく患者さんが病院へ治療を受けるためにやってきます。

年末年始は医療スタッフたちも覚悟のうえでスケジュールが立てられますが、それでも予定が変更されることもしばしば。休暇だと思って実家でゆっくり過ごしていたら、呼び出しの電話が鳴り慌てて職場へ向かった経験がある方も多いのではないでしょうか。

年末年始についての勤務シフトも事前にそれぞれの事情に合わせて組まれますが、そのシフトも自宅が近いことや地元が遠くないことなどの理由から毎年出勤に組み込まれる人もいますよね?「さっき除夜の鐘を鳴らしてたのに、翌日は職場で通常勤務」そんな人も少なくないはず。

気持ちをぱりっと切り替えていこう!

複雑なシフトで働く看護師ですが、年越し、年明けの申し送りの際に、年始の挨拶をして気分を切り替えていきましょう。

病棟をまわりながら病院で年越しをする患者さんたちから「まさか病院で年越しとはね」「病院でお正月なんて初めてだよ」なんてお話をされているでしょう。そんな患者さんのお話を聞きながらもいつも通りてきぱきと仕事は進めていきましょうね。

急患さえ少なければ、年末年始の病院はのんびりしている、という事もよく聞きますが、それはそれ。いつも通り、きっちりメリハリを付けて仕事しましょう。
pixta_21977290_S-1-min

病院でのお正月といえば“おせちの病院食”

お正月は病院の正面玄関にまず門松としめ縄があるものです。そして病院の中のお正月というとちょっと趣向を凝らしてくれるのが“病院食”です。

最近の病院食は栄養面などで注目されたこともあり、お雑煮だけではなく豪華におせちまで取り入れています。入院中もお正月らしいものを食べることができます。栄養バランスも整ったとてもきれいな盛り付けで提供している病院もあります。看護師にとっても患者さんにとっても、ほっとする時間になるでしょう。

お正月の病院はふだんよりはのんびりしていることが多いと思いますが、初春にも毅然と勤務する看護師たちのおかげでまさにつつがなく病院のお正月は過ごせる場所になっているんです。お正月勤務もがんばっている看護師たちのお年玉は、患者さんたちからの感謝の笑顔ですね。

それでは皆様、良いお正月をお迎えください!

【無料公開中】人気記事を資料にまとめました!

資料ダウンロード「感染予防」