【経験者が語る】看護師長やっててよかった!師長の感動エピソード

看護師長は「クレーム対応やトラブルの仲介で嫌な話ばかりでやりたくない…」という話をよく聞きます。実際、私も師長になるまでは、そう思っていました。
しかし、現実には、辛い話よりも楽しい話や感動する場面に関わることが多いと感じています。

今回は師長の立場だからこそ体験できる感動のエピソードをご紹介したいと思います。

亡くなった“彼女”の忘れられない言葉

pixta_21977290_S-1-min
雪がしんしんと降る冬のある日、私の働いていた施設に、乳癌で“余命3ヵ月”の60歳代の女性がやってきました。

“彼女”はご家族が遠方にお住まいだったため帰宅が難しく、一人の寂しさからか、抗がん剤の影響からか、私たちの問いかけにも、うつむいたまま少し頷く程度。それが私の“彼女”の第一印象です。

入居してからは抗がん剤治療と麻薬による疼痛緩和を継続。副作用の痛みや体調不良から、“彼女”は一時間おきにナースコールを鳴らしていました。

看護師が駆けつけると「背中をさすってほしい」「腰や足を温めてほしい」と辛い表情で訴えておられました。痛みは麻薬を使用することで和らいでいますが、寂しさや不安は薬では取り除けません。きっと、誰か近くにいてほしいという切なる、訴えだったんだと思います。

はじめは、“彼女”の訴えを聞いてあげたいという思いから、看護師たちは熱心にケアを行っていました。しかし、さすがに毎日一時間おきにナースコールが鳴る状態だと、他の業務に支障が出てしまいます。次第に、鳴り続ける“彼女”のナースコールに看護師は「迷惑だな」「行きたくないな」という思いを持つようになってしまっていました。

夜勤の看護師からは「人数の少ない夜勤で対応することは難しいので…行かなくてもよいですか?」と相談されることもありました。

看護師たちの気持ちが下がっている状態に「このままではいけない」と感じ、当時看護師長だった私は、緊急でミーティングを開きました。そこで「“彼女”の想いを組みとって看護ケアを行ってほしい」と話合いを行ったのでした。もちろん現場が忙しいことは十分理解していましたが、私は何よりも“彼女”の寂しさと不安な気持ちを理解する事の大切さを皆に伝えたかったんです。

pixta_21977290_S-1-min
時が流れ、1月ほど経過すると、“彼女”のナースコールの回数は2〜3時間おきになりました。

温罨法や足浴をすると、“くしゃっ”と目を細くして、「ありがとう」「気持ちいいよ」と笑顔をみせてくれるほどに変化してきたのです。入所当時とは全く別人のようです。

一月前のミーディングで看護師たちと話し合いをして以来、看護師からの愚痴は減り、“彼女”との信頼関係を意識的に作ることができるようになっていました。日勤の出勤時間になると、“彼女”は「おはよう」と看護師に声をかけるようになり、看護師たちも時間が空いている時間に積極的におしゃべりをしにいくように変わりました。

驚いた事に、コミュニケーションが取れるようになると元気を取り戻し、余命3ヶ月と宣告されていた“彼女”は、6ヵ月後の七夕会に参加することもできました。出会ったころは雪が降っていたのに、いつの間にか暑い季節になっていました。

しかし、突然、別れはやってきました。
容態が急変し、七夕会の3日後、苦しむことなく永い眠りにつかれました。
亡くなる日の朝もベッドから「おはよう」と声をかけてくれた笑顔が忘れられません。

pixta_21977290_S-1-min
その後の手続きをしている際に、ご家族から私に「おふくろが最後の時間を楽しく過ごさせてもらえて本当に嬉しい」とお言葉をいただきました。実は、亡くなる2日前にご家族が来所され、ご本人から「楽しかった、とにかく楽しかった」と話されたそうです。

“彼女”は、施設の看護師たちの意識を変えるきっかけになったかけがえの無い方です。“彼女”との出会いが無ければ、私たちはその後も冷たい対応を利用者様にとってしまったかも知れません。“彼女”と過ごした日々は本当に貴重な時間でした。

孤独で辛い緩和ケアを、少しでも私たちと過ごすことで、安らかなものになっていただける方が増えれば、これ以上、看護師として、そして看護師長としての嬉しいことはないですね。

<ライタープロフィール>

ハッセー
介護福祉士を取得後、介護施設で働きながら正看護師と保健師を取得。看護師長と介護施設の施設長を経験。
現在、在宅介護の事業所にて総括所長をしています。

【無料公開中】人気記事を資料にまとめました!

資料ダウンロード「感染予防」