看護師を悩ませる「人間関係」!職場の人間関係が楽になる方法!!

無料メルマガ登録

どんな仕事でも「人間関係」で悩む人はいるものですが、看護師の世界では離職理由の1位になるほど「職場の人間関係」に悩む看護師が多いのが現状です。

そこで、多くの看護師が抱える「人間関係」の悩みについて様々な対処法をご紹介します。

なぜ看護師の「人間関係」は複雑なの?

医療の現場ではいい「人間関係」を築くのが難しいと言われています。なぜなら、命に関わる業務でミスが許されないため、ときに厳しい言葉を受けることがあるからです。

また、女性だけの看護師の世界では、女性特有の感情論が先に立ち、人間関係をより複雑にする傾向にあります。その結果、陰口や無視、うわさ話など、イジメに近い状況ができ上がることも少なくありません。

さらに、年齢や経験、知識、価値観、看護観などが異なれば、お互いの信頼と協力で成り立つチーム看護ができなくなる場合もあるでしょう。専門職であるがゆえに、それぞれの看護師がプライドを持って業務に当たることが、ときには人間関係を複雑にしてしまうのです。

職場でよく起きる人間関係トラブルとは?

「人間関係」の悩みは、接する相手により様々です。
先輩や同僚との間では、理由も分からないうちに急にきつく当たられたり、無視されたり、アラ探しをされたりすることがあります。
上司との間では、イライラの的にされたり、こちらに非はないのに注意されたりすることだって少なくありません。
医師の中にはセクハラや場所を問わず罵倒する場合も。

また、患者や家族からのクレームや無理なお願いなどが人間関係のトラブルを引き起こすこともあるでしょう。その他にも、介護士やヘルパー、あるいは事務員などとは立場が違うからこそ理解されない部分もあり、悩む看護師も少なからず存在します。pixta_21977290_S-1-min

まずは日常を振り返ってみよう

人それぞれ「人間関係」の内容は異なりますが、まずは日常の自分を振り返ってみましょう。嫌われる可能性があるNG行動はありませんか?一つでも当てはまれば行動を改める必要がありそうです。

教えてもらうとき
・同じことを何度も聞く
・返事をしない
・注意されると泣く
・「でも」「だって」などの言いわけが多い

仕事への姿勢
・積極的にナースコールや電話にでない
・患者に冷たい
・分からなくても自己判断する
・単独行動が多い
・遅刻が多い
・うやむやにしてごまかす

生活面
・気持ちよく挨拶できない
・対話時に目を合わせない
・愚痴が多い
・自分の話ばかりする
・男性の医療関係者に対して態度を変える
・看護師としての身だしなみを気にしない
・言葉使い、特に目上の人に対してタメ口を使う

なぜ嫌な態度をとられるか考えてみよう

他の人から冷たい態度とたられたり無視されたりする理由を、相手の立場になって考えてみましょう。

先輩や医師からの厳しい言葉や怒りは、もしかしたらアナタに成長してもらいたいから言っているだけなのかもしれません。もちろん、中には感情だけが先走ってヒドイことを言ったり無視したりする人もいるかもしれませんが、そんな人ばかりではないことも覚えておきましょう。看護師として一人前になったとき、「あのとき厳しく教えられたから成長した」と思える日が来るかもしれませんよ。

お互いの価値観を理解するよう努めよう!

pixta_21977290_S-1-min
先にも述べましたが、医療の現場で専門職としてプライドを持って働く看護師は少なくありません。その価値観は知識や経験などから日々築かれているもので、人それぞれ異なります。

緊張感や忙しさなどから、その価値観が理解できずにトラブルに発展するわけですが、もし相手の価値観が理解できないなら、一度、一対一で話し合ってみるのも一つの方法です。相手の考えを聞くことで理解できることもあるかもしれません。また、アナタの考えも分かってもらえるいい機会になるでしょう。

つまり、言葉の裏にある一人一人の考え方や真意を尊重しあう必要があるということです。

自分の強みを見つけよう

「自分はこの業務に関しては一番詳しい」と思えるような強みを見つけるようにしましょう。なぜなら、強みを持つことは自分自身に自信が持てるようになるだけでなく、周囲の人々にも認められるようになるからです。

新人看護師の場合は、強みとなることを見つけるのが難しいかもしれませんが、「誰よりも早くナースコールに応答する」ということでもいいのです。まずは「私に任せて!」という強みを持つことが大切です。そうすれば、いつの日か周囲も認めてくれるはずです。

まとめ

pixta_21977290_S-1-min
解決の糸口が見つからない場合は、信頼できる人に相談してみるのもいいでしょう。

環境を変えるために転職するのも一つの方法ですが、転職先が今の職場よりいいとは限らないことは覚えておかなければなりません。悩みから逃れるだけの転職ではなく、前向きに生活するための解決法をぜひ見つけてくださればと思います。

無料メルマガ登録

【無料公開中】人気記事を資料にまとめました!

資料ダウンロード「感染予防」