意外と知られてない?『へぇ〜』な夜勤専従あるある4連発

「夜勤専従」という働きかたは、最近では期間限定で取り入れる病院もあるそうで、働きかたのひとつとして随分と定着してきているようです。
でも、まだまだその生態はあまり知られていないのではないでしょうか?

今回はそんな夜勤専従の、知られざる「へぇ〜」な夜勤専従あるあるをご紹介します!

(1)仮眠室を”別荘”という

pixta_21977290_S-1-min
各病棟、もしくは院内に設置された夜勤用の仮眠室。
みんなにとっては束の間の休憩室のようなところですが、夜勤専従看護師にとってそこは第2のプライベートルーム!
ロッカーには常時シャンプー・リンス・ドライヤーに着替え。さらにバスタオルとシーツは病棟から拝借。水も電気も使い放題でホテル同様に快適に過ごせます(笑)

そんなことしてないで、家に帰ったら?と言われますが、もちろん毎日そこにいるわけではありませんよ!
実は、夜勤専従には専従にしかできない『連続夜勤』といって「夜勤明けの翌日にまた夜勤入り」という過酷な勤務があります。
そんなとき、1回目の夜勤明けで家に帰ってもよいのですが、翌日の夜勤入りまで体力温存・ゆっくりしたい!!というときは「別荘」に泊まるのです!

もちろん別荘といっても仮眠室なのですが、本来は夜間にのみ使用するもので、通常は日中に使っている人はいません。
そのため、翌日の夜勤が始まるまで病棟のお邪魔にならないようひっそり別荘にこもります。最近は院内にコンビニやカフェもあるので、昼間はお茶したり、元気があれば外に遊びに行ったり「別荘」を拠点に活動します。

そのうち同僚からも夜勤明けで「◯◯(夜勤専従)くん、今日はこのあと別荘にいる?よるご飯一緒にどう?」とか言われるほどナチュラルに定着していきます。(笑)

(2)マニュアルに『冷蔵庫内の整理』という業務がある

pixta_21977290_S-1-min
みなさんの病院にも、業務マニュアルというのはありますよね?
まず新人が来たら最初に渡される、病棟業務の一覧と業務内容・手順などが記されているものです。
夜勤専従も、夜勤専従だけのマニュアルというのはありませんが、やはり夜勤の業務マニュアルに沿って仕事をします。

その中で、ほかの夜勤の看護師にはなかなか難しく、ほかならぬ夜勤専従に託された重大な業務のひとつとして、マニュアルにはっきりと「冷蔵庫内の整理」という業務が記されています。

念のため言っておくと、”薬剤用”の冷蔵庫ではなく、もちろん看護師の”休憩室”の冷蔵庫のことですよ。
忙しい看護師が保存食としておいているお菓子やジュース類の賞味期限チェックと、古くなったものの処分をするのです。

まぁ、”整理”という名目で自分たちのお腹に入れて、長い夜勤をみんなが乗り切るのですが、周りのみんなが体調を崩さぬようにと目を配る、とっても大事な夜勤のプロ・夜勤専従ならではのお仕事なのです!

(3)ご近所さんには「水商売」をしてると思われている

pixta_21977290_S-1-min
病院にある寮に住んでいる方は、ご近所さんも看護師や医師などの病院関係者なので、まさかそんな勘違いをされることはないでしょう。

一般のマンションに住む方でも、普通の看護師ならば雰囲気でわかってもらえると思います。
しかし、同じ看護師とはいっても夜勤専従の場合は、1日から2日置き、日が傾く時間から出て行って、日が高くなる頃に疲れた顔をして帰って来る…。
そんな様子ばかりなので、ご近所の方と会っても疲れ果てているか仕事へ急いでいるかどちらかで、ゆっくり世間話もせずそそくさと目的の場所へ足を進めてしまう…気づけばご近所の方が目を合わせてくれない、なんてことに…。

友人でさえ「◯◯って水商売始めたの?」と本気で聞かれることも。分かり合える夜勤専従仲間と共に、どうしようもない誤解に笑うしかない日々です(笑)

(4)やたら採血が上手い

pixta_21977290_S-1-min
「採血は数だよ!」と先輩から何度も言い聞かされてきましたが、本当に採血技術は実践の数でどんどん上達します!
病棟での採血は、ほとんどが入院時に行われ、最近では定期入院なら外来で検査も済ませてくるために病棟で採血を行うことが少なくなりました。
ですが、外来の看護師さんもそうですが、夜勤専従では早朝採血があるために土日を除いて毎勤務採血を行います。そのため、技術自体も手際よくでき、採血が難しい患者さんでも何度も採血していくと”取れる血管”というのがどこかわかってきます。
そのため、必然的に夜勤専従看護師に採血をさせたらほぼ百発百中。患者さんにも同僚にもモテモテになるほど採血上手な方が多いのです!

まとめ

pixta_21977290_S-1-min
こんな、夜勤専従によくある場面たち。
ひっそり黙々と仕事をこなす夜勤専従には日が当たることは少ないかもしれませんが、どれくらい思い当たるところがあるでしょう?一度あなたの周りにいる夜勤専従看護師さんをじっくり観察してみてくださいね。

<ライター紹介>
-chocola-
現在看護師8年目。大学病院の内科病棟に配属され、うち2年間は夜勤専従看護師として勤務。
結婚と同時に退職し、現在は訪問看護師として勤務。

【無料公開中】人気記事を資料にまとめました!

資料ダウンロード「感染予防」