介護施設で働く看護師さん必読!ご家族とのトラブルを回避するために必要な事前策

介護施設で働く看護師の皆さん、ご利用者のご家族とのトラブルで悩んだ経験はありませんか?責任者や説明者としての役割が多い看護師によっては、ご家族との関わり方が重要になります。

ご家族とのトラブルを回避するために必要な事前策を紹介します。

「説明を聞いていない」と言われないための事前策

pixta_21977290_S-1-min
介護施設へ入所するときには、介護施設で生活する上で必要なことを説明し、同意をした上で入所していただきます。

しかし、事前に説明しているから良いと思っているとトラブルに発展します。皆さんも普段何かのサービスを契約する時に説明を聞いていても忘れてしまうことはきっとありますよね?

当然、施設利用者のご家族も一緒で、入所時の説明をすべて覚えているわけではありません。
入所時にご家族へ説明した“医療行為”“身体拘束”などの内容でも、行う前に再度必要性を説明した上で行うことで「聞いていない」と言われるトラブルは回避できます。

“医療行為”や“身体拘束”については、ご家族からの苦情に発展しやすいケースですので、細心の注意を払っておく必要があります。

認知症利用者のご家族とトラブルを起こさない対処方法

pixta_21977290_S-1-min
認知症のご利用者が、ご家族に「ご飯をもらっていない」や「オムツを交換してくれない」という訴えをすることはよくあります。認知症の理解をされていないご家族にとっては、職員への不信感につながってしまいます。

知識や経験のある看護師にとっては、認知症の人がよく話す言動のため、気に留めない内容です。
しかし、一般の人にとっては、認知症の理解をすることはとても難しいということを改めて意識しておきましょう。認知症への理解を説明することがなにより大切です。

認知症の説明を行った場合でも、ご家族にとってはすぐに理解することは難しいでしょう。そのため、認知症特有の行動や言動を1つずつ説明するようにしていきましょう。

すぐに理解していただくのではなく、1回の来所時に、1つの行動について理解していただくように説明すると認知症についての受け入れをすることができます。根気よく続けて理解を促していくことが大事です。

ご家族より「介護や看護が悪い」と思われない事前策

pixta_21977290_S-1-min
ご家族は、日常の介護や看護をすべて見ているわけではありません。そのため、“合併症予防”“スキンケア”を行うことで、よいケアを行っていると理解していただけます。

高齢者の合併症を予防するためには、“口腔ケア”がとても重要です。口腔ケアを行うことで、感染予防になり口臭改善するため、ご家族にとってはよいケアを行っていると思っていただけます。

スキンケアを行うことは、全身を清潔に保つため合併症予防となるだけではなく、見た目にも綺麗になります。保湿剤やボディローションを用いることで、皮膚が綺麗になるため、ご家族に満足していただくことができるため、是非行ってみてください。

ご利用者様のご家族と良いパートナー関係に。

pixta_21977290_S-1-min
介護施設では、ご利用者やご家族と長く付き合っていくため、起こりうるトラブルに対して事前策を行うことが重要です。看護師として、ご家族を含めて看護ケアを行うようにしていき、良い関係を築いていきましょう。
<ライタープロフィール>
ハッセー
介護福祉士を取得後、介護施設で働きながら正看護師と保健師を取得。看護師長と介護施設の施設長を経験。
現在、在宅介護の事業所にて総括所長をしています。

【無料公開中】人気記事を資料にまとめました!

資料ダウンロード「感染予防」