【看護師の転職】採用担当者の目にとまる!看護師の“履歴書の書き方”

無料メルマガ登録

看護師で新しい職場を希望する場合、まず履歴書が必要です。

応募段階で自分をPRできるのは履歴書だけですから、採用する側にとってもどのような人なのかを推察する重要なものになります。履歴書次第でその人の印象が左右されるので、きちんとポイントを押さえて書きたいものです。

そこで、どのような書き方をしたら上手に自分をアピールできるのかをご紹介します。

履歴書の書き方のポイント「日付と写真」

まず、履歴書を書き始めるとき目に入るのが日付です。いつの日付にしたらいいのか迷うときがありますね。記入する日付は、郵送するのか持参するのかで変わってきます。

【注意したいポイント】
・指定のない場合は和暦で記入
・郵送するならポストに投函する日の日付を記入
・持参するときは持参する日の日付を記入

あらかじめ履歴書を書いておく場合は日付を記入しないでおくことが多いかと思いますが、持参、または郵送する際に、日付の記入を忘れないようにしましょう。

また、履歴書に貼付する写真ですが、採用担当者の目に最初に留まるのが写真ですから、きちんと常識に従ったものを選びましょう。印象が左右されるかもしれません。

【注意したいポイント】
・3ヶ月以内に撮影された証明写真
・服装は、スーツまたはジャケットを着用
・長い髪は束ねる
・アクセサリー類ははずす
・写真の裏に氏名を記入

写真のサイズは履歴書に記載があるので、それに準じてください。笑顔というよりも口角を上げて、やや微笑んだ感じがいいようです。

履歴書の書き方のポイント「名前・年齢・押印」

pixta_21977290_S-1-min
基本的に大切なことは丁寧に書くことです。名前も顔と同じと考え、丁寧にしっかりと書きましょう。ふりがなも忘れずに。ふりがなは、ひらがなで書いてあるかカタカナで書いてあるかでそれにならいます。

年齢は満年齢を記入します。もし、記入日と送付日で違ってしまうという場合は、送付日に達している年齢を書きましょう。

住所は都道府県名から書きます。また、「印」の記載がある場合は押印の必要があります。その際、朱肉なしで押印できる印鑑はNGです。必ず朱肉を使用する印鑑を押しましょう。

履歴書の書き方のポイント「学歴・資格・特技」

学歴の他に職歴がある場合は、まとめて年代順に書きます。

【注意したいポイント】
・学校名は正式名称で
・必ず最終学歴を記載
・学部、学科まで記載
・中途退学の場合、退学した旨と退学理由を記載
※卒業年度の早見表という便利なサイトがありますよ。活用してみると良いでしょう。
http://nenrei.info/graduation.html

職歴も年代を追って書きます。

【注意したいポイント】
・会社名、病院名は正式名称で
・所属部署、科名まで記載
・一般企業の場合は、「入社」「異動」「退社」と表記
・病院関係の場合、「入職」「異動」「退職」と表記
・退職理由は「一身上の都合により退職」
・まだ在職中にある場合は、「現在に至る」
・看護師としてパート勤務の経験は、「パート勤務」
・学生時代のアルバイトは書かない

資格に関しては、仕事に関する資格以外は記載の必要はありません。また、取得途中の資格がある場合は、「取得見込み」として記載しておくと勉強に対する姿勢をアピールできます。

履歴書の書き方 絶対NGなこと!

pixta_21977290_S-1-min
せっかく時間をかけて作成した履歴書も、採用担当者が眉をしかめる点があっては台無しです。無事採用されるために、記入されている経歴やPR内容だけでなく、書き方にも注意を払いましょう。

基本的なことで言えば、証明写真にスナップ写真やプリクラを使用するのは絶対NGです。また、時間をかけて書いたものであっても、間違えてしまったら修正ペンを使用せず新しく書き直します。看護師はいろいろな方と接しますので常識を知っておくことは大切なことです。知らなかったということがないよう注意しましょう。

また、当然のことですが、転職が多いからと経歴を省略したり、ごまかしたりすることはしないでください。発覚した場合内定取り消しや解雇などになりかねません。後悔することのないよう、誠実に丁寧に記入することを心がけましょう。

まとめ

履歴書の書き方についてご紹介しましたが、基本的な書き方は、看護師の履歴書も一般企業に提出する履歴書と同じです。相手に伝える必要のあるポイントもほぼ同じになります。

履歴書は、最初に自分と採用担当者をつなぐものです。丁寧に書くことはもちろん、ごまかしや省略のない履歴書を作成しましょう。

無料メルマガ登録

【無料公開中】人気記事を資料にまとめました!

資料ダウンロード「感染予防」