失敗しない転職活動!看護師がおえておきたい5つのポイント!

無料メルマガ登録

看護師の求人は他の職種に比べると多い傾向にあります。
しかし、たとえ情報が豊富でも自分の希望に合った職場を探すことは簡単なことではありません。

できるだけ希望に沿った職場を探すためにおえておきたいポイントを5つに絞って紹介します。

1、転職活動はいつ頃から始めたらいいの?

pixta_21977290_S-1-min
転職したい時期がすでに決まっている場合は、2ヶ月~3ヶ月ほど前から転職活動を始めるとよいでしょう。早いところでは応募してから2週間ほどで内定の結果が出て、1ヶ月以内に転職できることもあります。

しかし、転職先によっては応募から内定まで2ヶ月以上かかるところもあるので、焦らずに転職活動をするには半年前からリサーチを始めるなど時間的なゆとりも重要です。

また、転職先は最初から一つに絞らず、複数の候補を挙げて同時に進めていく方法もあります。
ただし、内定の出る順番は第1希望が先に決まるとは限りません。第2希望以下の職場の内定が先に出たときに「誓約書」を求められて迷いが生じることもあるので希望の順位はしっかり決めておきましょう。

2、希望条件と優先順位を明確にすることが大事

看護師の求人情報は各都道府県にあるハローワークや看護協会の無料職業紹介、またはタウン誌や新聞の折り込み広告などで知ることもできます。

また、看護師の場合、転職求人サイトも多く、扱う求人数が豊富なことも魅力です。ここでは、転職求人サイトを利用したときの流れを参考にして転職活動の流れを見ていきましょう。

求人サイトを利用する場合は、登録を行うとキャリアコンサルタントから詳しいヒアリングのために電話やメールなどで連絡がくるのが一般的です。ヒアリングでは希望条件などを詳細に確認されます。
求人サイトに限らず、求人情報を絞るうえで重要なことは、転職先に求める条件や優先順位の高いものを明らかにしておくことです。

3、転職活動では聞きにくいことも確認する!

pixta_21977290_S-1-min
「求人の紹介」から内定までの流れを紹介します。
紹介された施設に興味がある場合はキャリアコンサルタントに面接や見学の日程調整を依頼し、「履歴書の作成・提出」をします。「面接」を受け、できるだけ「見学」も行いましょう。

「内定通知書」が届き、入職したい場合はコンサルタントに労働条件の食い違いなどを確認してもらい、辞退の返事もコンサルタントに依頼します。
また、求人サイトを利用すると施設との連絡だけでなく、必要に応じてアドバイスを受けられることが魅力です。さらに、聞きにくいことや言いづらいことを代行してくれるので気になることは率直に伝えましょう。

納得にいく転職のためにはしっかり確認することが大事です。

4、求人情報サイトの効果的な使い方とは?

求人サイトの場合、キャリアコンサルタントとの連絡をよりスムーズにするには電話で対応しやすい時間帯を伝える、あるいはメールにしてほしい旨を伝えておくとよいでしょう。

また、直接会って相談する方がより詳細な話を聞くこともできるので、面談も考えている人は近隣の会社を選ぶことも一つの方法です。

さらに、ハローワークや看護協会の「ナースセンター」などの求人情報はWeb上でも確認できます。特に、「看護師等の人材確保促進法(改正)」が2015年10月から施行され、ナースセンターを中心に復職支援を推進しているので積極的に利用しましょう。

転職活動は自分に合った方法を組み合わせて行うことが効率のよさにつながります。

5、転職先を決める上でのポイントは?

pixta_21977290_S-1-min
求人票には労働条件が記載されていますが情報は限られています。たとえば、夜勤のある職場ならシフトの決め方や育児との両立、入職後の教育制度なども気になる点です。できるだけ職場の見学をさせてもらい気になることは遠慮なく、むしろ積極的に質問しましょう。

一方、見学しているときの様子も選考の中に含まれることがあります。見学中は施設の雰囲気を知るだけでなく、患者さんやスタッフへの挨拶、配慮なども大事にしてください。

また、ブランクのある人は高度化する医療の中で「やっていけるのか?」といった不安が生じやすいものです。入職前に研修を行っている病院や医療行為が比較的少ない介護分野なども含めて検討するとよいでしょう。

まとめ

看護師として働き続けるには新しい職場が自分の優先度の高い条件を満たしているか、また、ライフスタイルに合わせた働き方ができるかなどの点も重要です。

失敗しない転職活動にするには、確認したいポイントは事前にピックアップしておき、面接や見学の機会を有効に使えるようにすることが大切です。

無料メルマガ登録

【無料公開中】人気記事を資料にまとめました!

資料ダウンロード「感染予防」