医療費増大!国が考える秘策は病院の◯◯数!?|在宅医療のニュース

聞いたことあるけど、説明できない日本の医療のアレコレについて、ちょっとドジでおちゃめな生徒「サキちゃん」が、キュートな笑顔が眩しい「かぎたに先生」に質問します。今回は日本の病院のベッド数についてのなるほどな話!

(2015年12月時点)

登場人物

<かぎたに先生>
鍵谷昭典(かぎたに あきのり)
鍵谷医療IT経営 代表
認定登録 医業経営コンサルタント
経済産業省推進資格 ITコーディネーター
地域医療福祉情報連携コーディネーター
医療機関・医療機器企業・製薬企業等向け勉強会多数実施

<サキちゃん>
先生を慕う生徒。医療業界について勉強を始めたばかり。

病院のベッド数の実態!

日本に病院はいくつあるか知ってるかな?答えは約8500程。その病院のベッド数を合計すると約160万床になるんだ。そのうち「一般病床」と呼ばれる急性期や亜急性期の患者さん用のベッドは約90万床。昔は病院が1万程あったので、これでも15%位は減っているんだよ。日本では1ベッド当りの看護師さんの数が少ないと言われているけれど、欧米と比べて人口千人当たりの看護師さんの数は同じくらいなので、単純に考えるとベッドが多いということになるよね。pixta_21977290_S-1-min

増え続ける医療費を減らすための施策「医療・介護双方確保推進法」

国は社会保障制度の充実を図るために、地域における医療及び介護の総合的な確保を推進するための関係法律の整備等に関する法律として、昨年に「医療・介護総合確保推進法」を成立させたんだ。

少子高齢化で医療費が増え続けている中、今後は如何に病床数、つまりベッド数を抑えて、在宅へ復帰させるか等のいろいろな施策を含めて検討されていくことになるんだよ。

【2025年問題】医療・介護総合確保推進法で何が変化するのか?|在宅医療の基礎知識

2015.12.25

ベッド数を減らす工夫がコレ!

「平均在院日数」の短縮といって患者さんが入院してから退院するまでの日数を短縮するために診療報酬上の「施設基準」を厳しくして、患者さんに早く退院してもらう方策を打ったりしているんだよ。平均在院日数が短くなると空いているベッドが増えてくるから、患者さんがいっぱい待っているような病院は別として、どの病院も「病床稼働率」が落ちるのでベッドを減らすことも考えないといけなくなるんだ。

各都道府県では「基準病床数」というのが決められていて、今はほとんどの都道府県が過剰な病床数を抱えているので、いろんな手段を使ってベッドを減らすことに取り組んでいるんだよ。また、新しく病院を作る場合でも簡単に病床数を増やす計画には待ったがかかることが多いんだ。病院の立替えとかで現状の病床数より多くなる計画を申請しても簡単には通らないんだよ。

日本の医療業界は、まだまだいろんな課題を抱えているんだよ。わかったかな?

膨れ上がる医療費問題をどうにかしようと、国がベッド数を抑えようとしているのは、わかったわ。いろいろ聞きたいことがあるのは、次回教えてくださいね^^

2025年問題で国民医療費はどう変化するか|在宅医療の基礎知識

2017.01.26

【無料公開中】人気記事を資料にまとめました!

資料ダウンロード「感染予防」