CATEGORY
多職種連携の基礎知識
多職種連携の基礎知識

あなたの介護施設では「ICT」を活用できてますか?~地域包括ケアシステム実現の鍵になる!~|訪問介護の基礎知識

近年、よく耳にするようになったICTという言葉。 みなさん正しく理解できていますか? 「言葉はなんとなく分かるけど、実際何ができるの・・・?」「うちの作業がどう変化するのかイメージできない・・・」そんな風に感じてる介護事…

多職種連携の基礎知識

【作業療法士の視点】訪問リハビリスタッフとケアマネージャーの関わり|訪問リハビリの基礎知識

作業療法士など訪問リハビリのスタッフは様々な職種と連携を取りサービスを提供しますがその中でもケアマネージャーとの連携は特に重要です。 ここでは、ケアマネージャーと連絡を取る上で大切なことや具体的にどのような場面で連絡を取…

多職種連携の基礎知識

福祉用具の選定における作業療法士の役割|福祉用具専門相談員との連携|訪問リハビリの基礎知識

訪問リハビリに携わる作業療法士は利用者様の生活をより快適に、安全なものにするためのリハビリを日々行っています。 利用者様の実生活に即した訪問リハビリの中では、適切な福祉用具を導入することによって、利用者様の日常生活の質が…

在宅医療の特集・インタビュー

訪問看護の“質”とステーションの“ 経営力”を高めるIT活用とは(SAKURA訪問看護リハビリステーション昭島の成功事例)

2016年現在、訪問看護ステーションの経営課題として、いくつかの大きなキーワードが存在しています。「看護師不足の解消」「IT化の必要性」「2018年の診療報酬・介護報酬のW改定」などです。 これらの課題に対して、2012…

在宅医療の特集・インタビュー

目指すは、病院と在宅医療のシームレスな連携 -医療法人 あおい会あおいクリニック 医師 梅田喜亮-

昔ながらの町並みが残る大阪府八尾市に2010年開院した「あおいクリニック」。梅田先生は大病院の勤務医から、2016年春に在宅医として入職。 携帯型レントゲン機材やエコーの導入による医療機器のパワーアップで、在宅では難しい…

多職種連携の基礎知識

在宅サービスと病院・介護施設の連携の「現状と課題」|在宅医療・訪問介護の基礎知識

昨今在宅のサービス事業所と、病院・介護施設との連携を強化する風潮にあります。 そのために、厚生労働省は連携に対する対価・報酬がついたという動きもあり、徐々に連携が進んできています。 病院・介護施設との連携がどのような現状…

在宅医療

【現役作業療法士が解説】作業療法士・理学療法士・言語聴覚士の役割の違いを理解しよう|在宅医療の基礎知識

作業療法士・理学療法士・言語聴覚士は「リハビリをする人ということは何となくわかるけれど、違いって何?」「それぞれどんな仕事をするの?」という疑問を抱えている人は多いと思います。 今回はそんな疑問にお答えすべく、作業療法士…