CATEGORY
在宅医療

在宅医療とは、医師や看護師をはじめとする医療従事者が、自宅や介護施設等の患者の住まいに訪問して実施する医療を指します。超高齢社会を迎える日本では、入院日数の削減などの医療費削減を念頭に、在宅医療への移行が急スピードで進んでいます。

この「在宅医療」カテゴリーには、在宅医療に関わる医療者・介護者のために役立つ情報が詰まっています。業界先駆者たちのインタビュー取材記事、特別対談、報酬改定等の最新の厚労省動向、現場経験者が語る明日から使える在宅医療ノウハウなど、毎週更新中です。

在宅医療の特集・インタビュー

一枚の“絵”が在宅医療のはじまり。岸和田の医療・介護を支える在宅医−医療法人出水クリニック 院長 出水 明−

人口約20万人の大阪府岸和田市は、泉州二次医療圏というエリアに位置し、大学病院こそないものの、がん診療連携拠点病院や第三次救急医療施設など医療資源が潤沢なエリアです。 そんな岸和田市で1996年に出水クリニックを開院、岸…

在宅医療

【最新厚労省情報 12月12日号-2】中医協にて遠隔診療(情報通信機器を用いた診療)、情報通信技術(ICT)を活用した連携が議論される

チーム医療推進協議会元代表・中央社会保険医療協議会元専門委員の北村善明氏による、これだけは押さえておきたい厚労省発信情報の解説コラムです。 今回のテーマは、「遠隔診療(情報通信機器を用いた診療)、情報通信技術(ICT)を…

在宅医療

【最新厚労省情報 12月12日号-1】経済財政諮問会議にて「平成30年度予算編成の策定方針」について答申が行われる

チーム医療推進協議会元代表・中央社会保険医療協議会元専門委員の北村善明氏による、これだけは押さえておきたい厚労省発信情報の解説コラムです。 今回のテーマは、「平成30年度予算編成の策定方針」についてのニュースです。 &n…

在宅医療の特集・インタビュー

外来と在宅医療を両方行うミックス型診療所。地域連携を活かしたバランスが鍵。−医療法人祐希会 嶋田クリニック 院長 嶋田一郎−

大阪の中心地から離れ、緑が多く暮らしやすい郊外地区として人気の堺市。この堺市の南区で昨年開業20周年を迎えたのが嶋田クリニックです。 神経内科医として国立病院にも長く勤めた経験をお持ちの嶋田先生は、勤務医時代から通院でき…

在宅医療の特集・インタビュー

薬剤師の視点からみた理想の在宅医療チームとは:チーム大津京の成功例(後編) −チーム大津京 サブリーダー/うさぎ調剤薬局 管理薬剤師 保井 洋平−

関西の地域医療で注目を集めている「チーム大津京」。今回は創設メンバーの一人で、サブリーダーとして活躍している薬剤師の保井洋平さんにインタビューしてきました。 薬局で調剤対応や服薬指導を行う通常業務に加え、自ら地域に飛び出…

在宅医療

【最新厚労省情報 11月28日号ー3】中医協にて一般病棟入院基本料~重症度、医療・看護必要度の項目の見直し~が議論される

チーム医療推進協議会元代表・中央社会保険医療協議会元専門委員の北村善明氏による、これだけは押さえておきたい厚労省発信情報の解説コラムです。 今回のテーマは、「中医協にて議論された一般病棟入院基本料~重症度、医療・看護必要…

在宅医療

【最新厚労省情報 11月28日号ー2】中医協において「在宅医療(その3)~医療と介護の連携~」が議論される

チーム医療推進協議会元代表・中央社会保険医療協議会元専門委員の北村善明氏による、これだけは押さえておきたい厚労省発信情報の解説コラムです。 今回のテーマは、「中医協で議論された在宅医療(その3)~医療と介護の連携~」につ…

在宅医療

【最新厚労省情報 11月28日号ー1】中医協において「在宅医療(その3)~訪問診療~」が議論される

チーム医療推進協議会元代表・中央社会保険医療協議会元専門委員の北村善明氏による、これだけは押さえておきたい厚労省発信情報の解説コラムです。 今回のテーマは、「中医協で議論された在宅医療(その3)~訪問診療~」についてのニ…

在宅医療の特集・インタビュー

地域を巻き込む[在宅医療チーム]の作り方:チーム大津京の成功例(前編) −チーム大津京 リーダー/うさぎマネジメントケア 管理者・主任介護支援専門員 矢守 友樹−

ココメディカマガジンで過去にもクローズアップしている、滋賀県大津市の医療・介護に携わる多職種が集まる「チーム大津京」。2012年の創設時より「在宅医療の多職種連携」をテーマに、勉強会などの活動を行なっています。 今回、イ…

在宅医療の特集・インタビュー

日本版CCRCを目指して。アクティブシニアを支える「住宅型有料老人ホーム」×「家事代行サービス」 -株式会社ビッグプレイス 上村 真也&一ノ瀬 健二-

現役をリタイアしたシニアが健康なうちに入居し、人生の最期まで生き生きと暮らすコミュティ施設「CCRC(Continuing Care Retirement Community)」。セカンドライフを過ごすための「高齢者向け…

福岡市

患者と家族の想いに耳を傾け寄り添うことが“在宅緩和ケア”の本質 -ホワイト花満クリニック 院長 末満 隆一-

ガラス張りの明るい窓一面に咲き誇る、可憐なフラワー。閑静な住宅エリアである福岡市城南区に、昨年(2016年)春に開院した「ホワイト花満クリニック」は、がん患者をはじめとする終末期の在宅緩和ケアに重点を置いた訪問診療クリニ…

在宅医療の特集・インタビュー

医科歯科連携は“「分からない」の壁”を取り払うことから。 -医療法人社団 啓至会 理事長/町田わかば歯科 院長 星野 真-

JR横浜線・小田急線町田駅からバスに乗ること10分、町田街道に面した建物に町田わかば歯科はあります。こちらは歯科医院であるものの、主な役割は訪問歯科診療を通じて、自由に外出できない方の口腔のトータルケアをすること。今回は…

在宅医療の特集・インタビュー

同じ志の多職種の仲間と、一人ひとりの患者に向き合う -ナカイクリニック 院長 中井昭宏-

大阪府第二の都市である堺市。閑静な住宅街が広がる西区浜寺元町に2007年、内科・心療内科・放射線科を専門とする中井医師が「ナカイクリニック」を開業しました。我が家で最期を迎えたいと願う患者さんのために熱心に在宅医療に携わ…