CATEGORY
訪問リハビリのコミュニケーション
訪問リハビリの基礎知識・基礎スキル

訪問リハビリと病院リハビリの利用者の特徴の違い(属性や症状など)|訪問リハビリの基礎知識

訪問リハビリを受けられる利用者様は病院でリハビリを受けられる方とまた違った側面があります。 今回は訪問リハビリを受けられる利用者様の特徴と訪問リハビリならではの具体例を3つ取り上げて紹介させて頂きます。 訪問リハビリで多…

多職種連携の基礎知識

【作業療法士の視点】訪問リハビリスタッフとケアマネージャーの関わり|訪問リハビリの基礎知識

作業療法士など訪問リハビリのスタッフは様々な職種と連携を取りサービスを提供しますがその中でもケアマネージャーとの連携は特に重要です。 ここでは、ケアマネージャーと連絡を取る上で大切なことや具体的にどのような場面で連絡を取…

多職種連携の基礎知識

福祉用具の選定における作業療法士の役割|福祉用具専門相談員との連携|訪問リハビリの基礎知識

訪問リハビリに携わる作業療法士は利用者様の生活をより快適に、安全なものにするためのリハビリを日々行っています。 利用者様の実生活に即した訪問リハビリの中では、適切な福祉用具を導入することによって、利用者様の日常生活の質が…

訪問リハビリの働き方・職場事情

【訪問リハビリの働き方】担当制かシフト制か。それぞれのメリット・デメリットは?

訪問リハビリの働き方には、大きく分けて担当制とシフト制の2種類があります。担当制とシフト制では、働く上でのメリット・デメリットがそれぞれ異なります。 特徴をしっかり押さえて、自分のライフスタイルに合った働き方を選択したい…

訪問看護の働き方・職場事情

【訪問看護ステーションの看護師必見】作業療法士とのコミュニケーションを円滑にする4つのステップ|訪問看護の基礎知識

厚生労働省が主導する病院の入院期間短縮の方針により、在宅でのリハビリを実施する人が増えています。それに伴い、作業療法士等の療法士と看護師の両方がいる、リハビリ特化型の訪問看護ステーションが増えています。 療法士と看護師の…

訪問リハビリの基礎知識・基礎スキル

訪問リハビリの経験者なら必ず共感!訪問リハビリのヒヤリハット事例4選!

訪問リハビリでのヒヤリハット(失敗事例)、誰でも必ず一度や二度はあるはずです。 病院や施設のように安全に配慮された環境が整っていない利用者様のお宅で行うリハビリですので、予期せぬ出来事が起こるのは日常茶飯事です! 私が体…

訪問リハビリの基礎知識・基礎スキル

訪問リハビリに最適な服装は?一番気をつけるべきポイントは靴下!|訪問リハビリの基礎知識

訪問リハビリは、病院や施設での仕事に比べて、家庭に訪問してリハビリを行うというサービス業の域に近い仕事です。 ですから、身だしなみを整えることがとても大切です。自宅に上がってくる業者が不衛生な恰好や、ラフすぎる服装だと信…

訪問リハビリの基礎知識・基礎スキル

作業療法士が働ける4つの職場と、それぞれで求められること|訪問リハビリの基礎知識

作業療法士が働ける職場は多岐に渡りますが、基本的には利用者様が発病されてからご自宅に戻られた後の生活にかけて、全ての場面で関わることができます。 今回は利用者様の状況に合わせて作業療法士がどの職場で働けるのか、それぞれの…

訪問リハビリの基礎知識・基礎スキル

訪問リハビリの流れとは?|初回の利用者宅訪問を事例に解説します|訪問リハビリの基礎知識

訪問リハビリでは、セラピストが一人で利用者様のご自宅へお伺いしてリハビリを行います。 実際にどのような流れでリハビリを行うかは、個別のケースにより異なりますが、こちらでは初回訪問時の一般的な訪問リハビリの流れをご紹介した…

訪問リハビリの基礎知識・基礎スキル

訪問リハビリは大変?|作業療法士が困った寝たまま起きないリハビリ意欲が低い患者さん

訪問リハビリに伺うと、患者さまはだいたいベッドに寝ています。そこで、声掛けをして起こします。しかし、リハビリ意欲が低くて、起きようとしない患者さんを起こすのは大変です。さまざまな手段を使って患者さんに起きてもらう、訪問リ…

訪問リハビリの基礎知識・基礎スキル

【作業療法士必見】訪問リハビリで利用者様から信頼を得る4つの秘訣

訪問リハビリでは治療ができるだけでは利用者様からの本当の信頼を得ることはできません。今回は私が新人作業療法士として訪問リハビリを始めた頃にやってしまった失敗と体験談から、利用者様からの信頼を得るためのポイントを4つご紹介…

訪問リハビリの基礎知識・基礎スキル

【訪問リハビリ】退院はゴールではなく再スタート!気づかされた患者さんの再入院

総合病院の作業療法士として勤務していた私にとって、患者様の自宅退院は「作業療法のゴール」でしたが、患者様の再入院をきっかけに「退院はゴールではなく再スタート」であることを思い知らされます。以来、その再スタートを支援できる…