CATEGORY
訪問看護のコミュニケーション
在宅医療

尿潜血とは?「血尿」に驚くご利用者さんやご家族にアドバイスをする時、気をつける3つのポイント|在宅医療の基礎知識

健診で尿検査を行った際に、尿定性反応で潜血(+)という結果が返ってくることがあります。利用者さんから、「かかりつけの内科の健診で血尿だと言われた」と聞いたとき、看護師・介護士としてどのようなことを考えるべきでしょうか。 …

訪問看護のコミュニケーション

作業療法士と看護師のコミュニケーションで大切なポイント|訪問リハビリの基礎知識

訪問リハビリで働く作業療法士にとって、看護師との連携は欠かせません。医療的ケアが必要な患者さんも多く、患者さんの情報共有はリハビリを進めるうえでも不可欠です。 作業療法士が看護師とコミュニケーションをとる際に、特に、どの…

訪問看護の働き方・職場事情

訪問看護師がケアマネージャーの資格を持つメリットは?|在宅医療の基礎知識

訪問看護師がケアマネージャーをするということは、医療の知識があることにより、利用者さんの異常を早期に発見でき、受診行動につなげることができます。 そして、利用者さんと家族のニーズを明らかにし、居宅サービス計画を立案、評価…

訪問介護の基礎知識・基礎スキル

認知症患者さんを持つご家族様への対応について知っておきたいこと|在宅介護の基礎知識

認知症患者さんのご家族は発症した時期、段階によりそれぞれ受け入れ方が異なります。 そのことを見極めながら、専門スタッフとして、専門スタッフだからこそ言ってはならないこと、またできる対応についてまとめてみました。 介護職と…

訪問看護のコミュニケーション

訪問看護師が患者さん(利用者さん)との距離を縮めるために必要なこと|訪問看護の基礎知識

訪問看護師と利用者さんとの関わりは特別なことはありません。また、私たちは看護師である前に人です。 相手を理解しようとし、誠実に関わることで利用者さんやご家族と信頼関係を得ることができ、お互いの距離を縮めることができると思…

訪問看護の働き方・職場事情

【訪問看護ステーションの看護師必見】作業療法士とのコミュニケーションを円滑にする4つのステップ|訪問看護の基礎知識

厚生労働省が主導する病院の入院期間短縮の方針により、在宅でのリハビリを実施する人が増えています。それに伴い、作業療法士等の療法士と看護師の両方がいる、リハビリ特化型の訪問看護ステーションが増えています。 療法士と看護師の…

訪問看護の働き方・職場事情

訪問看護とケアマネの連携上の注意点と、その対処法とは?|在宅医療の基礎知識

在宅で医療を必要とする人が多くなってきました。それに伴い、ケアマネージャーと訪問看護師の連携が必要になっています。 日々の連携の中、ケアマネージャー、訪問看護師はどのような思いを持っているのか、その上でどのような連携を取…

訪問看護のコミュニケーション

認知症患者さんの対応で初回訪問時に気をつけるべき4つのポイント|訪問看護の基礎知識

訪問看護で訪問させていただいている方の中には、カルテに「認知症」と書かれた方が大勢いらっしゃいます。 しかし、何か特別な指示や治療などを必要としているか?というと、そうではない方がほとんど。入院中ならば認知症とカルテにあ…