看護師の再就職には落とし穴がいっぱい!?|訪問看護師エミの日常マンガ【3】

看護師というと、この不安定なご時世でも「食いっぱぐれることがない」「安定&高給取り」の代表格というイメージが強く、最近では男性からも「家庭を支えるためにこの業界を選んだ」という声も聞かれるほど。 そんな看護師だからこそ、もちろん再就職だって怖いものなし!・・・なのですが、うっかりしていると取り返しのつかないことにもなりかねないのがこの再就職! 今回はそんな、看護師として頑張ってきた人こそハマりやすい(!?)再就職についての落とし穴をご紹介します!

こんなはずじゃなかった?!退職後に待ち受ける落とし穴!

退職した看護師がハマりやすい、退職後最大にして最初の落とし穴…それはズバリ”お金”です。

「え、看護師がお金に困ることなんてあるの!?」と、にわかに信じがたいかもしれません。ですが、退職後も病院に勤めていたときと同様の生活をしていては、間違いなく困ったことになりますよ!

なぜなら・・・。

退職するとき「辞めてからしばらくは自由に遊ぶぞー!」と思っている方も少なくはないはず・・・ですが、肝心のアテにしていた”退職金(退職手当)”は各種年金や税金を差し引かれ、20代のうちに辞めた場合は支給額の半分ほどしか手元に残りません!(辞める前に必ず一度窓口で確認を!)。

そして、退職後は住民税(前年度収入によって金額が決まるため、退職して給与が減ると大きな痛手に…)に加え、それまで会社が半分負担してくれていた年金も全額自己負担となるため、退職後手に入れた自由の代償はかなり大きなもの(額)に…。

失業保険も支給条件が厳しく、再就職が決まれば当然すぐもらえなくなってしまいます。

退職後のお金事情を詳しく知らずに辞めた看護師が、退職してから支払いの重さにプレッシャーを感じて3ヶ月もたたず手近なところで再就職する、ということもよくあるようです。

しかし、安易に選んだ就職先に心から満足がいくことは少ないでしょう。

「こんなことなら続けておけばよかった…」と、辞めてみて初めてそれまで勤めた病院の良さと社会の厳しい現実に気づくのです…。
学生時代から他学部との交流が少なかったり、実習が忙しいためにアルバイトなどの社会経験が乏しい人が多いのもこの業界ならでは。

そのため、お金に関する知識がほとんどなく、特に一生懸命に看護の勉強をしてきた人こそが、こんな思わぬところで泣くことに・・・。

辞めた後で後悔しないよう、本当に辞める必要があるのか、どうすれば辞めずに働き続けられるかもふくめ、じっくり考えて準備してから辞めましょうね!

再就職するならここがポイント!

みなさんは看護師として初めて病院に就職をするとき、何を理由に決めましたか?

仲のよい先輩・友達がいるからという人もいるかもしれません。ですが、決め手としては「教育システムが整ってる」「福利厚生がしっかりしてる」…などの労働環境雇用条件が大きかったはず。

ありがたいことに、看護師は再就職をするとき、それまでの自分の経験を武器に、既定の条件にプラスして自分にとってより働きやすい有利な条件を交渉することができます。

ただし、看護師個人はそういった交渉にかけては素人同然…。個人的に求人をみて再就職すると、思っていた雇用条件と違う!!ということも実際良く聞く話です。

前の職場の条件を参考に、雇用条件通知書には曖昧な記載(賞与あり、有給あり、昇給あり…など)はないか、ちゃんと具体的な内容は話し合ったか、しっかり詳細を把握しておきましょう。

そして再就職を決めるときは、事前に新しい雇用主と雇用条件について認識のズレがないか、遠慮せず確認してくださいね。自分が聞いてなかったからといって、「こんなはずじゃなかったのに…」と他人を恨むなんてことはなしですよ!(笑)

安易な転職は、本当に心配なんです・・・

pixta_21977290_S-1-min
pixta_21977290_S-1-min
pixta_21977290_S-1-min
pixta_21977290_S-1-min

どうか後悔のない再就職を!

看護師というと、職には困らないー就職しようと思えばどこでも雇ってくれる、というイメージがあるようですが、それでも退職・再就職というと相当なエネルギーを費やします。

それでも退職を考えるときには、まず自分が今の職場から受けている恩恵をよく理解し、自分が求めるものを得られる職場を探すしかありません。

どうか後悔のないよう、きちんと準備を整えた上で決断してくださいね!その選択が、あなたをより良い人生に導いてくるよう願っています。

<原案・ライター紹介>

writer
chocola

現在看護師8年目。大学病院の内科病棟に配属され、うち2年間は夜勤専従看護師として勤務。結婚と同時に退職し、現在は訪問看護師として勤務。

writer
漫画共作サイトMAngaNIA

小説・イラスト・翻訳・編集等々得意分野を活かして漫画を創る

http://mangania.jp

【無料公開中】人気記事を資料にまとめました!

資料ダウンロード「感染予防」