看護師の新しい働き方の可能性!副業でベビーシッターが人気!ー株式会社カラーズ KIDSLINE 成澤真希ー

看護師の専門知識と経験は、病院や福祉施設以外でも求められています。 今回訪問させていただいたのは、面接・研修実施済の信頼出来る“ベビーシッター”をインターネットで簡単に安く検索・予約が出来る「KIDSLINE(キッズライン )」を運営する株式会社カラーズ。彼らが考える、看護師の新しい活躍の可能性とは?

「看護師×ベビーシッター」の可能性とは。

“KIDSLINE”(キッズライン)は株式会社カラーズ(代表者 経沢香保子)が2015年2月にスタートさせたインターネットを活用したベビーシッターの予約サービス。

「日本にベビーシッターの文化を」をテーマに1時間1,000円~という業界最安値でベビーシッターの即日手配が可能なサービスとして注目を浴びています。

このキッズラインでは、“看護師”に“ベビーシッター”として活躍して欲しいと考えているそうです。詳しいお話を、株式会社カラーズの成澤さんに伺ってきました。
pixta_21977290_S-1-min
▲成澤真希(なるさわまき)
旅行会社、システム開発会社に勤務後、2015年4月に株式会社カラーズ入社。
前職で子育てと仕事のバランスを取る事を難しく感じた経験から、同じ悩みを抱える女性の為になるサービスを作りたいという思いで、カラーズに参画。
現在はキッズラインの利用者促進業務を担当している。

「女性が輝く社会」の実現を目指す“キッズライン”

ベビーシッターサービス“キッズライン”とはどのようなサービスなのですか?

“キッズライン”は、他のベビーシッターサービスの3分の1の値段(1時間1,000円~)で、即日手配も可能なオンラインベビーシッターサービスです!
インターネットを活用した予約システムを導入した事で、低価格と信頼性の両立を実現しています。

事前に全ベビーシッターの詳細なプロフィールや口コミの閲覧が出来たり、Facebookで繋がっているご友人の利用ベビーシッターがわかったりするなど、安心して利用出来るための様々な仕組みを用意しています。

—まさに女性が活躍する今の時代に求められているサービスですね!

そうなんです!政府が「女性が輝く社会」の実現を目指し、2017年度末までに待機児童の解消を目指して、保育園の増設などインフラ整備を中心に行っていますが、あわせて私たちは、欧米等で当たり前の育児支援として受け入れられている「ベビーシッター」をもっと普及させたいと思っています。

個別の育児ニーズだけでなく、病児保育や復職を希望する専業主婦の方にも必要な仕組みですので、「安全」「安心」「リーズナブル」に利用できるシッターサービスとしてキッズラインを広めて行きます。

それが、実際に「今」困っている親御様をサポートすることにつながると考えています。
pixta_21977290_S-1-min
KIDSLINE(キッズライン)
現在、登録ベビーシッター数は160名を超え、2月にスタートしたばかりだが、毎月数百人のペースで利用者を増やしている。
看護師経験者のベビーシッターも注目されている。

看護師はベビーシッターとして求められている!

ー看護師にベビーシッターとしての活躍を期待されていると伺いましたが、詳しく教えてください。

ベビーシッターの普及には高いスキルを持ったベビーシッター人材の確保が欠かせないものなんですが、中でもお子様の急な病気の際に安心して預けられる“看護師”ベビーシッターは、付加価値が高く人気で、今後ますます求められると考えています。

実際にキッズラインで既にベビーシッターとして働いている元看護師さんがいますが、ご利用者からの評価が高く、リピートのお客様がたくさんいらっしゃいます。
お子様が病気の際はもちろんですが、その時に築いた信頼関係によって、普段の保育から引っ張りだこの状態になっていますよ。

—確かに看護師の知識経験があれば、預けるご利用者も安心ですよね。

実は「どんな時にベビーシッターを利用したいか?」というアンケートを取った結果、「病児・病後時保育を頼みたい時」が上位でした。
病児だけでなく回復期のお子様を預けるにあたっても、看護師だけではなく、看護学生、医大生はベビーシッターとして非常に人気があります。

医療の知識と経験は、ご利用者に与える信頼感が非常に厚いんです。
女性の社会進出が叫ばれる中で、病児保育は必ず必要性が高まってきますので、この分野で看護師の方にもっと活躍してもらいたいと思っています。

自分で報酬や働き方を決められる自由さが最大の魅力

—逆に看護師ご本人にとって、ベビーシッターとして働くことにどんなメリットがありますか?

キッズラインでは、ベビーシッターは自分で働くスケジュールと時給を決める事が出来ます。
つまり、好きな日に、1,000円〜3,000円の好きな時給で働くことができるんです!

時間の制約がある方でも1週間に1、2回から、ご都合に合わせてフレキブルに働くことができますし、また職場の人間関係ストレスも少なく、一人一人の子供としっかり向き合えるので、精神的・体力的に負担が少ないんです。
ご自身の理想の働き方を追求してもらえる仕組みになっています。

ベビーシッターの中には既に、以前働いていた時よりも時短勤務で収入が増えたという喜びの声が上がっているくらいです!

キッズラインが看護師さんたちの新しい働き方として根付いてほしいと思っています。
pixta_21977290_S-1-min
▲日本最大級のビジネスプランコンテストIVS LaunchPad2015でも優勝。様々なメディアからも注目を浴びている。

ベビーシッターの“教育”価値を社会に根付かせたい!

—キッズラインの将来の目標を教えてください。

日本ではベビーシッターに求める要望や期待値は非常に高いです。

しばしば保育中の事故のニュースが流れることがあるので、気になるのは当然ですよね。
私も子どもがいますから、簡単に子どもを預ける事ができない気持ちは凄く理解できます。

でも、少し前の日本では、ご近所さんに一日お子様を預ける、なんて事はよくありましたよね。
もう一度、そんな信頼関係で繋がって、子育てを助け合える世の中にしていきたいと思っているんです。そのための橋渡しや、信頼性の担保を、キッズラインでやっていきたいと思っています。

また、もう一つの目標として、ベビーシッターを“ただの子守り”サービスではなく、お子様一人一人の個性や感性を引き出す「教育」として位置づけていきたいと考えているんです。

例えば、音大出身のベビーシッターさんがお家に来てくれて、ビアノや楽器の弾き方を教えながらお子様を預かってくれたら大きな付加価値になりますよね。

キッズラインでは、そうしたベビーシッターさんの個性や能力に焦点をあて、付加価値として大事にしていきたいと考えています。

そして、将来は私たちの手で、日本に「ベビーシッター文化」をもっともっと根付かせていきたいと思っています!

 

取材先紹介

pixta_21977290_S-1-min
株式会社 Colors (カラーズ)
〒106-0032 東京都港区六本木5-2-3 マガジンハウス六本木ビル7F
TEL 03-5770-8610 FAX 03-5770-8611

日本にベビーシッターの文化を
KIDSLINE(キッズライン)

【無料公開中】人気記事を資料にまとめました!

資料ダウンロード「感染予防」