介護ロボットの進化は日進月歩!介護ロボットを取り巻く現状とこれから。

介護ロボット

無料メルマガ登録

科学技術の進歩が進み、街中や家庭でロボットと呼ばれるものを見かけることも少なくありません。店頭で見かける案内サービスロボットや家庭用のお掃除ロボに至るまでさまざまな場所でロボット達が活躍しています。

介護の現場も例外ではありません。介護の多様なシーンでの活用を目的として多くの企業でロボット技術が開発されています。

まずは、これまで介護の現場で使われてきた介護用器具をみていくことにします。

これまでの介護用器具

加齢や病気・ケガで思うように動けなくなった人の生活をサポートするのが介護の役割です。

介護の現場ではこれまでもさまざまな器具が使われてきました。

その目的は大きく分けて2つあります。

一つは介護者の支援を目的とした「介護支援型」、もう一つは介護される側が自分の力で生活を送る支援を目的とした自立支援型です。

介護支援型

電動車いす、電動昇降便座、入浴用リフト、移動リフト、介護ベッド など

自立支援型

歩行器、シルバーカー、ボトルオープナー、など

これらの機器は電動であったり、動力の要らないものであったりとさまざまな種類がありますが、介護者や体力の弱った要介護者が必要以上の体力を消耗することなく生活を送ることができます。

また、高額な機器の中には介護保険を適用して購入やレンタルをすることができるものも数多くあり、全国に普及しています。

介護におけるロボットの果たす役割もこれらの機器と同様に“介護者と要介護者の利便性を図ること”です。

では、開発や普及が進められている介護ロボットにはどのようなものがあるのでしょうか。

介護ロボットの種類

介護ロボットも介護器具と同様にその用途で分類することができます。

「介護支援型」 「自立支援型」があるのは同様ですが、それまでの介護器具にはなかった「コミュニケーション・セキュリティ型」という新たな分野の機器が開発されています。

1 介護支援型ロボット

移乗、排泄、入浴の介護を行う際に使用されるロボットです。

介護の際のサポートを行うことを目的としており、介護の効率化や介護者の体力の消耗・ケガなどを防止するというメリットもあります。

「移乗用」のタイプは介護の際に最も体力を使う移乗作業をサポートするロボットで、介護者が装着することなどにより、パワーアシストを行います。

より少ない力で介護業務を行うことができるので、腰痛や肩こりなど介護従事者の体への負担やケガの防止にもなります。

また、余裕をもって作業を行うことで要介護者への気遣いや危険へ注意を向けることができ、介護の質の向上にもつながります。

「排泄用」のタイプは、尿や便の排出を感知して吸引や洗浄などを自動で行うことや便座への着座や姿勢を保つアシストなどを行います。

電動洗浄便座の機能をより高度に進化させたものともいえます。

入浴用のタイプでは、全身の入浴をサポートする椅子タイプのものも登場しています。

上記のほか、睡眠をチェックするロボットや床ずれ防止を目的としたベッド、介護施設用のリネン巡回回収を行うもののほか、洗濯物や食器などの片付けをアシスタントするロボットの開発が進められています。

2 自立支援型ロボット

歩行支援、リハビリ、 食事、読書などの補助を目的としたロボットです。

要介護者の自立を支援し、生活の質を向上することにも役立ちます。

要介護者本人が装着することにより足腰や上腕、指先など特定の部位のパワーアシストを行い、歩行やリハビリ、食事や読書などの動作をサポートします。

3 コミュニケーション・セキュリティ型ロボット

コミュニケーション型ロボットは癒やし、見守りなどを目的としたロボットです。

音声を認識しコミュニケーションを行うことや音楽などの演奏で要介護者を癒やす効果のほか、認知症に対する効果も期待されています。

形状も人の形をしたものからぬいぐるみ、動物などさまざまなタイプがあります。

セキュリティ型のロボットはセンサーや外部との通信機器を搭載したロボットで、要介護者からの助けを発信するだけでなく、行動を見守り外部へ危険を知らせます。

また、介護ロボットのもう一つのメリットとして、要介護者の方が気兼ねなくお世話を受けられるという点も忘れてはいけません。

介護が必要な人の中には、人の手による介護に拒否感を占める人もいるからです。

人の手を患わせたくない、自分の生活圏に他人が入りこむことが好きではない、自分の手で介護を行いたい…など理由はさまざまですが、ロボットによる介護の補助を行うことでこうした抵抗感を和らげることができるのです。

介護ロボットは企業や大学などで開発される場合がほとんどです。

今後、普及を進めるために国や各自治体では開発企業に対して、さまざまな支援を行っています。

 

介護ロボットに対する国の支援の状況

介護ロボットの導入を進めるために経済産業省と厚生労働省が主導になり、開発支援や導入支援の事業を行っているほか、都道府県など各自治体で補助事業を行っている場合もあります。

介護ロボット開発補助事業

計算産業省が主導して、ロボット開発事業を進める企業の開発研究費などを補助する事業です。

開発研究費の1/2(中小企業の場合1/3)500万円から1億円の金額が補助されます。

介護ロボット等導入支援特別事業

厚生労働省の主導で、主に介護施設などを対象に20万円以上のロボットを施設に導入する場合に費用の助成を行う制度です。

ロボット開発特区

ロボットの開発や実証実験、研究の促進、教育を目的とて、地域に産業特区を設定して集中して開発を行う取り組みも始まっています。

神奈川県の「さがみロボット産業特区」、福岡県の「ロボット開発・実証実験特区」などがこうした取り組みを行っています。

 

では、介護ロボットは介護現場などではどのようにとらえられているのでしょうか。

 

介護ロボット導入の現状と問題点

厚生労働省では、福祉施設を対象にして、介護ロボット導入支援事業のモニター調査を行っています。

平成28年の1月に行った調査(※1)では、調査対象になった47都道府県の内、導入を行ったのは11都道府県(24.4%)でした。

実施した成果については「一人で歩行ができた」「転倒する危機を除去できた」「一人で歩行することができ、利用者の満足度が高かった」といったプラスの要素がみられるものの、導入費用が高いという意見があり、導入コスト面が大きな障害になっているといえます。

ほかにも介護現場にマッチした介護ロボットが必要などの意見もみられます。

とはいえ、今後は見守りロボットの導入実験も行っていきたいなど、介護ロボットの導入に関して介護現場では前向きな姿勢であることがわかります。

最も大きな問題であるコストの問題に対しては開発を進めコストを下げるとともに、介護保険の対象にすることで、一般の方にも利用しやすくなるでしょう。

 

これからの介護ロボット

近年、働く場での人手不足が問題になっています。

介護の現場でも例外ではなく、政府も介護報酬額の改定など対策を行っています。

厚生労働省が行った調査では、介護職からの離職理由として、賃金以外の理由として「心身の不調」や「腰痛」を理由に挙げる人が2割近くいることが明らかになっています。(※2)

介護者への肉体的な負担は大きいといわざるを得ないでしょう。

介護現場でのロボットの導入が進むことで、介護に携わる人の負担が減って欲しいものです。

また、介護の方法や場所も多様化していますが、平成29年の内閣府の調査によると介護を受けたい場所として男性で4割、女性で3割の人が自宅と回答してます。(※3)

自宅での介護者に対する負担を減らすためにも、介護ロボットの普及や重要なポイントになってくるのではないでしょうか。

これまで、技術の進歩により家庭に設置されていた電話機が、コンパクトなスマートフォンになり若い方だけでなくご年配の型や障害者の方も気軽に利用できる世の中になっています。

また、掃除機はコードレスのロボット掃除機へと進化を遂げています。

今後の技術の進歩により、家庭内での介護でも、スマートフォンや掃除ロボットを使う様に気軽に介護ロボットを使うことのできる世の中になって欲しいものです。

 

参考サイト
※1 厚生労働省 平成28年 福祉用具・介護ロボット実用化支援事業 事業報告書
http://www.mhlw.go.jp/sinsei/chotatu/chotatu/kikaku/2016/07/dl/kk0707-03_02.pdf

※2 厚生労働省 介護人材の確保について
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000062879.pdf

※3 内閣府 平成29年版高齢社会白書
http://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2017/html/gaiyou/s1_2_3.html

参考書籍
お年寄りの生活をつくる介護用品  (雲母書房)
お年寄りにやさしい 介護用品の選び方 使い方 (法研)
絵でみてやれる 新しい家庭介護のすべて (日本医療企画)

writer
石井 けん
子育てをしながら父母の介護を行う1児のパパ。子育てや働き方の記事を書くかたわら、医師へのインタビューを行うライターとしても活動中。

無料メルマガ登録

【無料公開中】人気記事を資料にまとめました!

資料ダウンロード「感染予防」

介護ロボット