認知症、肥満で注目の「腸内細菌」とは―腸内細菌の基本

「腸活」、「腸内フローラ」など様々なキーワードによって、皆さまにとってもおなじみの存在となった腸内細菌。肥満などの生活習慣病や認知症、うつ病などとの関連性など、私たちの健康に関連する新たな知見が日々報告されており、さらに注目が高まっています。今回はそんな腸内細菌の基本について解説します。

腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)とは

ヒトの腸には多くの細菌がすんでおり、その数は1000種類、100兆個にのぼるといわれています。重量では12㎏ほどに相当する量(ヒトの肝臓の重量と同程度)になり、ヒトの体を構成するすべての細胞の数(60兆個)よりも多くなります。

私たちが食べた食物は、消化吸収を行う小腸を経て、水分やミネラルを吸収し、食べ物の残りかすで大便を形成する大腸に向かいますが、大部分が嫌気性菌である腸内細菌は、酸素がほとんどない小腸下部から大腸に多くすみついています。
腸内細菌は菌種ごとにグループを作って生息しており、これを「腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)」、または「腸内フローラ」と呼びます。

腸内細菌の種類-善玉菌・悪玉菌・日和見菌

腸内細菌叢は、すみついた人(宿主)ごとに構成が異なりますが、体に良い働きをする善玉菌ビフィズス菌、乳酸桿菌など)と、増えすぎると体に悪影響があるとされる悪玉菌大腸菌(有毒株)やウェルシュ菌、ブドウ球菌など)、これらの中間に位置し、善玉菌と悪玉菌の優勢な方に傾く日和見菌バクテロイデス、大腸菌(無毒株)、連鎖球菌など)の3種に分かれます。

善玉菌は、腸内で乳糖やブドウ糖、オリゴ糖などの糖類を代謝し、乳酸や酢酸を作り出すことで腸内を弱酸性に保ち、有害菌の増殖や腐敗物質の産生を抑えるほか、ビタミン(B1B2B6B12K・ニコチン酸・葉酸)など、体に有益な代謝物を作り出す働きがあり、宿主の健康に大きな影響を与えています。

では、悪玉菌を体からなくして、体に良い善玉菌だけ増やせばいいのでは?と思いがちですが、それぞれが拮抗しながらバランスを保って生息しており、理想的なバランスは善玉菌:悪玉菌:日和見菌=217といわれています。

しかし、最近の研究では、良い働きをする日和見菌や悪玉菌が見つかるなど、善玉菌=善、悪玉菌=悪と判断しきれないことが指摘されています。そこで、善玉菌、悪玉菌といった分類ではなく、腸内細菌の多様性を高める、という点に注目が集まっています。

例えば、肥満の人の腸内環境を解析したところ、日和見菌の一種で、腸内細菌の優勢菌である「バクテロイデス門(Bacteroidetes)」の菌の割合が少ない一方で、同じく日和見菌の一種である「ファーミキューテス門(Firmicutes)」の菌が多いことがわかりました。
健康な人の腸内細菌叢の場合は割合が逆転し、「バクテロイデス門」の菌が多く、「ファーミキューテス門」の菌が少なくなります。

先ほど善玉菌は腸内で様々な物質を作り出すとお伝えしましたが、この「バクテロイデス門」の菌も同様に腸内で短鎖脂肪酸を作り出します。
この短鎖脂肪酸が脂肪細胞にはたらきかけると、脂肪細胞へのエネルギー取り込みが止まり、肥満を防いでくれるのです。逆に「ファーミキューテス門」は、食事からより多くのエネルギーを取り込むため、肥満につながりやすいといわれています。どちらも日和見菌と分類される存在ではあるのですが、全然違う働きをしていますね。

参考:脇野 修、吉藤 歩、伊藤 裕(2017)「腸内細菌叢と生活習慣病」日腎会誌594, 562‒567https://jsn.or.jp/journal/document/59_4/562-567.pdf

変化する腸内バランス

腸内細菌叢は年齢により変化していきます。
ヒトは胎児の時点では腸内は無菌ですが、出産の際に母体の産道を通ることで母親の菌を受け継ぐとされていますが、出産した医療機関の影響を受けるともいわれています。
生まれた後は大腸菌が増えた後、ビフィズス菌が大半を占める状態になります。
離乳期を過ぎると有害菌も増えはじめ、腸内細菌が大人と同じ構成へと変化していき、老年期に至るとビフィズス菌が減少し、有害菌が占める割合が大きくなる傾向にあります。
なお、加齢とともに菌の数やバランスは変化していきますが、菌の種類については一生を通してほとんど変わらないことが報告されています。

加齢以外に腸内細菌叢のバランスが崩れる要因として、食中毒や抗生物質、ストレス、食生活の乱れなどによる影響が挙げられます。

腸内バランスを整えるには-「プロバイオティクス」と「プレバイオティクス」

腸内細菌叢のバランスを整えるためには、バランスの取れた食事が大切になります。
特に、腸内でよい働きをする有用菌(乳酸菌、ビフィズス菌など)や、それらを含むヨーグルトや乳酸菌飲料、漬物や納豆などの発酵食品などを食べることが効果的です。
このように「腸内細菌叢のバランスを改善することにより人に有益な作用をもたらす生きた微生物」やそれらを含んだ食品のことは、「プロバイオティクス」と呼びます。

また、腸内細菌のエサとなる食物繊維やオリゴ糖を含む野菜や果物、豆類などの食品を摂取することも有効です。
大腸まで消化されずに届き、腸内細菌の栄養源となり、腸内細菌叢のバランスを整える食品については「プレバイオティクス」と呼ばれます。

まとめ

今回は、腸内細菌叢の基本について解説しました。次回は、認知症やメタボ、アレルギーなど、次々と報告されている研究成果についてご紹介していきます!

 

<参考文献など>

厚生労働省:e-ヘルスネット「腸内細菌と健康」
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/food/e-05-003.html

健康長寿ネット:腸内細菌叢(腸内フローラ)とは
https://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/kenko-cho/chonai-saikin.html

ヤクルト中央研究所 https://institute.yakult.co.jp/

平山 和弘(2014)「腸内細菌叢の基礎」モダンメディア, 60(10), 307-311.
https://www.eiken.co.jp/uploads/modern_media/literature/MM1410_03.pdf

加藤 豪人(2019)「ヒトにおけるプロバイオティクスの有効性と腸内細菌叢との関わり」腸内細菌学雑誌, 33, 175-189.
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jim/33/4/33_175/_pdf/-char/ja

桑田 有「ヒトの腸内細菌叢-人への共生による栄養,疾患,精神活動への影響 最新情報-」https://www.jstage.jst.go.jp/article/jhas/8/1/8_1_8/_pdf

脇野 修、吉藤 歩、伊藤 裕(2017)「腸内細菌叢と生活習慣病」日腎会誌594, 562‒567https://jsn.or.jp/journal/document/59_4/562-567.pdf

 

【無料公開中】人気記事を資料にまとめました!

資料ダウンロード「感染予防」