転倒の危険が大きくなることも!?尿意切迫感の原因、過活動膀胱とは|在宅医療の基礎知識

無料メルマガ登録

尿意切迫感とは、突然がまんできないほどトイレに行きたくなる症状です。急におしっこがしたくなり、これ以上我慢するとおしっこをもらしてしまいそうになる感覚のことをいいます。
尿意切迫感を起こす疾患はいくつかありますが、代表的なのが過活動膀胱です。

過活動膀胱と診断される人、疑いがある人は日本に約800万人いると言われています。また、年齢別にみると40歳以上の男女の8人に1人が、過活動膀胱の症状をもっていることが最近の調査で分かっています。
「年齢的に仕方ない」そう思って何も言わずに我慢している人も多く、利用者さんに聞いてみると意外と困っていることも多い症状の1つです。そこで今回は過活動膀胱をテーマにしています。

過活動膀胱とは?|在宅医療の基礎知識

過活動膀胱とは、膀胱が勝手に収縮してしまうという膀胱機能の障害です。
おしっこが溜まっていなくてもちょっとしたきっかけで膀胱が過剰に反応してしまい、我慢できないような強い尿意(尿意切迫感)を感じてトイレに駆け込むようになります。そのため、おしっこを我慢して溜めておくことが難しくなります。

膀胱というのは言わば尿をためておく袋です。通常、どの程度尿を溜められるか、御存知でしょうか?健常な人であれば、150-200ml程度で「そろそろおしっこがしたいな」と感じ、300ml程度たまればはっきりと「おしっこがしたい」と考えるようになります。
500mlもたまれば「そろそろがまんできない」と感じる量だと覚えておきましょう。もともと膀胱が傷んでいるような人では、何かのきっかけで1000mlもたまってしまえば、膀胱破裂を起こしてしまうこともあります。

では、過活動膀胱の方ではどうでしょうか?尿をためる袋として、膨らむ力自体は保たれています。しかし、50-100mlたまった段階で、突如としてまるで排尿するかのごとく膀胱が勝手に収縮をしてしまうのです。膀胱が収縮するものの出口はしまっているため、普通の人が300-500ml以上たまっている時以上の膀胱内圧に容易になってしまうため、「おしっこががまんできない。漏れそう。」という状態になるわけです。(これを”機能的膀胱容量の低下”と専門的にはいいます。)

尿を少量しかためられない上、一度尿意が起こると我慢できないため、外出先でも常にトイレが気になるようになります。長時間トイレにいけないことを恐れて車にも乗れず、友人と旅行にも出かけられず、徐々に活動性が下がってしまうため最終的には寿命まで短くなってしまう場合もあるのです。

過活動膀胱の原因

では、なぜそのようなことが起こるのでしょうか?
それは、大まかにわかりやすくいうと、神経の問題と血流の問題が関与しています。

1.神経の問題

人間の体には、主に頭からの指令が末梢へ伝達されて動く経路と、頭の指令を待たずに反射的に動く経路があります。膀胱というのは、骨盤の中にある臓器であり、頭からの距離は各種臓器の中でも遠い位置にあります。
そのため、刺激を脳に伝えたり、脳からの命令を受け取ったりする際により長い距離、神経を情報が伝達されなければなりません。

それはすなわち、その間のどこかで障害されれば情報がうまく伝わらなくなるということでもあり、より神経の障害の影響を受けやすいと言えます。脳梗塞、脳腫瘍、神経変性疾患、脊髄損傷など、いろいろな疾患によって排尿に関する神経が正常に作動しなくなり、過活動膀胱をきたす原因となります。

 

2.血流の問題

もうひとつは、血流の問題です。人間の臓器・組織は毛細血管によって栄養されています。高血圧や糖尿病などの全身の血管が傷む病気や、慢性的な排尿障害によって膀胱壁の血流が悪くなってしまっている場合、膀胱壁に分布している神経が傷んでしまいます。
そのため、利用者さんで高血圧や糖尿病などの生活習慣病をお持ちであったり、前立腺肥大症を持っている方は過活動膀胱を発症するリスクが高いと言えるでしょう。

過活動膀胱の評価と治療

過活動膀胱の重症度を診断するにはOABSSという質問票が一般的に用いられます。

◎過活動膀胱症状質問票(OABSS)

① 朝起きた時から寝る時までに、何回くらい尿をしましたか
  7回以下:0点 8-14回:1点 15回以上:2点

② 夜寝てから朝起きるまでに、何回くらい尿をするために起きましたか
  0回:0点 1回:1点 2回:2点 3回:3点

③ 急に尿がしたくなり、我慢が難しいことがありましたか
  無し:0点 週に1回より少ない:1点 週に1回以上:2点
  1日1回くらい:3点 1日2-4回:4点 1日5回以上:5点4

④ 急に尿がしたくなり、我慢できず尿を漏らすことがありましたか
  無し:0点 週に1回より少ない:1点 週に1回以上:2点
  1日1回くらい:3点 1日2-4回:4点 1日5回以上:5点

上記4つの合計点で、過活動膀胱の重症度を判定します。
5点以下が軽症、6-11点が中等症、12点以上が重症です。

 

過活動膀胱の治療には、抗コリン薬というタイプの薬が代表的です。膀胱が収縮するためには副交感神経という神経を介した経路が必要です。その経路において必要なアセチルコリンという物質の作用を抑えることで、過剰な膀胱の収縮を抑えるという働きをします。

しかしこの抗コリン薬は、副作用も出やすい薬でもあります。特に、同じ副交感神経系に支配されている、唾液の分泌や腸管運動を抑制してしまうため、口が渇く症状や、便秘になることなどが懸念されます。実際に薬をずっと飲み続けられる人は2-3割しかいないというデータもあります。

また、認知機能にも影響を及ぼすことが知られており、3年服用すると認知症が1.5倍に増加するとの研究結果もあります。抗コリン薬にいろいろな種類があり、最近では膀胱の部分に集中的に働くような新薬や、貼付剤にすることで副作用が発現しにくくなっている薬も出てきています。

抗コリン薬に加えて、最近ではβ3作動薬という種類でミラベグロンという成分の薬が出てきました。これは抗コリン薬とは全く異なる機序で膀胱を弛緩させるもので、口喝、便秘、認知症といった副作用が少なく安全性が高いと言われています。反面、稀に心臓の鼓動が速くなったりする場合があり、既往症に応じて使い分けが必要です。

また、男性において注意しなければならないのが、前立腺肥大症との関連です。前立腺肥大症に対して抗コリン薬を使用すると、ただでさえ出にくいおしっこが、全く出なくなってしまう(尿閉になる)可能性があります。そのため、男性においては前立腺の治療も同時に行う必要があります。

高齢者のおしっこの問題に直結する「前立腺肥大症」とは|在宅医療の基礎知識

2017.02.23

 

症例検討

実際、過活動膀胱に対して治療介入することで、どのようなメリットがあるでしょうか。

◎症例

80歳女性。尿意切迫感があり、1-2時間おきに排尿のためにトイレに行っている。頻回にトイレに行くことで夜眠れないため、最近かかりつけ内科で相談した。尿検査は問題なく膀胱炎は否定され、睡眠薬を処方され服用するようになった。
10年前から膝の痛みも訴えている。ある夜、急にトイレがしたくなって午前2時に起きたが、漏れそうになってしまい焦ってトイレに向かったところ、途中で転んでしまい大腿骨頸部骨折を起こし、入院。最終的に寝たきりとなってしまった。

◎解説

よくあるケースですが、もともと歩くことに支障があるような高齢者が睡眠薬を服用すると、ふらついて転倒してしまう危険があります。それに加えて尿意切迫感があると心理的にも焦ってしまい、転倒するリスクは非常に大きくなります。

こうした症例に対しては、まず過活動膀胱の疑いをもって検査を行い、早めに治療介入することが必要です。

まとめ

過活動膀胱に対して治療を行うメリットとしては下記が挙げられます。

  1. 排尿を気にせず、活発な生活が送れるようになる
  2. 夜眠れるようになる
  3. 尿意切迫感によって焦ってトイレにいって転倒するリスクを減らせる

 

過活動膀胱で困っている利用者さんは意外と多いものの、「年齢のせいだから仕方ない」「泌尿器科にいくのは恥ずかしい」と思って口に出さない場合も多々あります。
家族も、転倒につながるリスクだとは認識できないことも多く、訪問看護師や訪問介護士の助言が功を奏することもある病気の1つですので、一度利用者さんに排尿に関して困っていないか、聞いてみてはいかがでしょうか。

writer
しゅうぴん先生

普段は急性期病院で医師として勤務しながら、定期的に訪問診療も行い、最後まで患者さんに寄りそう医療を行っています。
また、正しい医療情報の普及を行う活動をライフワークとし、昼夜問わず精力的に活動しています。

無料メルマガ登録

【無料公開中】人気記事を資料にまとめました!

資料ダウンロード「感染予防」