高齢で耳が聞こえにくくなる「加齢性難聴」の基本まとめ【全3回】|在宅医療の基礎知識

無料メルマガ登録

年齢を重ねるにつれて身体の節々に変化が起こります。老化によって耳が聞こえにくくなることを“加齢性難聴”(=老人性難聴)といいます。
聞こえにくくなるとコミュニケーションが難しくなり、ご家族、ヘルパーさん等とのトラブルの原因にもなります。

今回は、高齢者のQOL(生活の質)に大きな影響を与える「加齢性難聴」についての原因や対応方法をまとめました!難聴患者さんとよりより関係づくりのためにも、基本をきちんと理解しましょう。

加齢性難聴の基本的な症状と原因、診断方法

高音から聞こえにくくなる加齢性難聴の原因は内耳障害です。
内耳障害はどのように起こるのか知っていますか?図解を使ってその原因を分かりやすく紹介します!

加齢性難聴はどんな症状があるの・・・?
病院にいったらどんな検査を受けるの・・・?
本当に加齢性難聴の診断で合っているの・・・?

利用者さんに加齢性難聴の疑いがあるとき、きちんと対応できるよう基本を理解しておきましょう。

加齢性難聴の基本的な症状と原因、診断方法|加齢性難聴の基礎知識(第1回/全3回)

2016.12.01

加齢性難聴の治療や予防のために知っておくべきこと

加齢性難聴は、耳鳴りを伴うことが多いのが特徴です。
QOLの低下にもつながってしまう耳鳴り・・・。

難聴外来ではどのような対応をしてくれるのでしょうか?
そもそも難聴にならないための予防法かあるのでしょうか?

そんな疑問を分かりやすく解消します!

加齢性難聴の治療や予防のために知っておくべきこと|加齢性難聴の基礎知識(第2回/全3回)

2016.12.08

 

加齢性難聴患者さんとのコミュニケーションのコツ

難聴が進むと意思疎通が難しくなってくることもあります。
「何度も聞き返して嫌な顔をされた・・・」「伝えたつもりが伝わっていなかった・・・」
互いにコミュニケーションが上手くいかないストレスをためてしまうことも。

コミュニケーション不足はQOLの低下、そして認知症にもつながります。
難聴患者さんの特徴から、上手なコミュニケーションの取り方を理解し、さらにご家族にも指導できるようにしましょう!

加齢性難聴患者さんとのコミュニケーションのコツ|加齢性難聴の基礎知識(第3回/全3回)

2017.02.20

 

writer
めぐみ

日本で医師として働いていたものの、夫の仕事の関係で一時的にイギリスに滞在中。元医師の視点で医療事情、体験談をお伝えしていきます。

無料メルマガ登録

【無料公開中】人気記事を資料にまとめました!

資料ダウンロード「感染予防」