退院調整看護師とは|在宅医療の基礎知識

無料メルマガ登録

最近多くの病院が力を入れている退院調整。
そして、その退院調整を専門で行う「退院調整看護師」は、病院の在院日数短縮化と在宅への移行をすすめる流れの中で、今や無くてはならない存在です。

 

では、その退院調整看護師とは一体どんな仕事をしているのでしょう?

今回はそのお仕事内容について、在宅側の看護師からの期待と要望も交えつつ詳しくご紹介します!

 

「退院調整看護師」とは…誕生の背景とその役割

医療の高度化や疾病構造の多様化に伴い、国民医療費の急激な増加が深刻な問題として取り上げられるなか、多くの病院が在院日数の短縮に向けての取り組みをすすめてきました。
最近よく耳にする『退院調整看護師』の配置もそのひとつ。

実際、医療依存度や要介護度の高い患者さんであっても、入院時から在宅での療養生活を視野に入れ、病気や障害を持ちながらもよりスムーズに在宅での生活を再構築していくには入院早期からの退院調整が不可欠です。

 

また、家族の介護力や地域の受け皿の状況等によって在宅療養が困難なケースでは後方病院への転院や施設入所の検討と調整が必要となります。

以前はそうした退院支援・調整は主に病棟の受け持ち看護師が行ってきました。
しかし、日勤・夜勤の不規則な勤務の中、病棟の日常業務をこなしながら患者さん・ご家族の話にじっくり耳を傾け必要な支援をするには、どうしても限界があります。

そうしたなか生まれたのが「退院調整看護師」です。


いかなる患者さんも入院時から退院後、在宅での療養生活を見据え一貫した退院調整が求められるなか、退院調整を専任で行う退院調整看護師は、病棟の所属に縛られずに必要な退院支援・調整を担い、病棟や病院内外の枠を超えて活動して他院・ケアマネジャー・地域の医療福祉に関わる社会資源等と連携・協力して退院後の生活のサポート体制をつくっていきます。


そのようにして、入院患者とその家族を対象にその思いをしっかりと受け止め、安心して在宅移行できるようにすること、そしてその人らしい生活ができるよう支援するのです。

 

 

退院調整看護師の仕事


退院調整看護師の活動内容は、病院によってはMSW(医療ソーシャルワーカー)が行うところがあります。

多少の違いはあるものの共通する業務としては、

 

①退院調整を必要とする患者のスクリーニング(病棟訪問)

②患者・家族との面談(退院後の意向確認、介護サービスの説明、介護用品等の調整)

③退院に向けての患者・ 家族・医療者との意見調整

④ケア会議の開催(在宅療養に向けて関係職種との情報交換)

⑤地域関係機関との連絡調整

⑥患者の状況に応じた後方施設への紹介

 

などが挙げられます。

 

在宅患者支援窓口が主として担当するのは退院調整です。

 

『退院支援』

患者および家族が、生活の場をかえて療養を継続するという選択肢があることを理解し、どこでどのような療養生活を送ればよいのかを自ら選ぶことができるように関わることであり、関わるスタッフ全員が行うもの

 

『退院調整』

患者が居宅などの環境においても必要な医療が継続していくよう、居宅サービ ス利用、療養環境整備、必要物品の調達、療養費の試算といった多方面からの調整を行うことであり、安心な退院に向けて直接的援助を担うチームメンバーを調整すること

 

病院経営をも左右する?!期待が高まる退院調整看護師のやりがい


患者さん・ご家族の強い味方である退院調整看護師。


何と言ってもその一番のやりがい・楽しみは、やはり患者さんとご家族が笑顔で在宅へ戻り、穏やかに生活を送られているその様子が聞けることではないでしょうか。

 

訪問看護やケアマネジャーからの報告、外来診察時に出会ったりうまくいっているケースほど、嬉しくてつい共有したくなるものです。

 

病棟には退院後の情報が入ることは少なく、退院された時点でその方との関わりも終了になりますが、退院調整看護師は退院後もずっと関わりが続きます。
そのようにして、ひとりひとりにしっかり寄り添いながら、支援した結果が目に見えて返ってくるというのも大きな魅力でしょう。

 

 

実は病院内からも退院調整看護師には大きな期待が寄せられています。
というのも、在院日数が長くなるほど、たとえ同じケアを行っていても病院が得られる診療報酬は減っていきます。

つまり、病院側にとって、退院調整を行うことで様々な加算を算定できるのと同時に、在院日数の短縮化で病床の回転率をあげられることは経営的にも大きなメリットとなるのです。

 

そうした面でも、期待されるところは大きく、病院全体へ大きく貢献する意味でもやりがいは大きいのではないでしょうか。

退院調整看護師が抱える課題

退院調整看護師には多職種との連携や、患者さん・ご家族との良好な関係性を構築し必要な支援の手を入れるため、地域にどのような資源があるのかも熟知し、必要なときにすぐ繋げられるようでなければなりません。

そのため、全体を見通せる”マネジメント力”と高い”コミュニケーション力”が求められるポジションでもあるのですが、実際の地域でのネットワークづくりや、退院調整看護師の教育体制自体が十分とはいえないのが現状のようです。

 

また、知識的・技術的な教育は十分受けても実際に活動する地域で患者さんたちがどのように生活しているかを知らなければ、退院調整は形だけで中身のないものになってしまいます。

 

 

訪問看護師の立場から感じる課題

実際に訪問看護師として退院調整看護師の方とお話すると遭遇するのが

『どうも話が噛み合わないな。患者さんが今家でどう過ごしてるか、現場スタッフと同じようにイメージできてるのかな?』と感じる場面

 

退院調整に関わる方には、ぜひとも院内だけに留まらず、実際に地域に足を運んで自分の手と目と足で確かめてほしいと思います。

そうすることで、具体的なイメージも共通理解が得やすく、より適切で深いところまで情報を共有しやすくなるはずです。

 

またそうして現場に出て一緒に考え、お互いに顔の見えるネットワーク作りこそが、利用者さん・ご家族、そこに関わるスタッフへと安心を与える一番大切なことなのではないでしょうか。

 

まとめ


今後ますますの活躍が期待される退院調整看護師。

 

『退院したあの患者さん、その後が気になるわ…』というそこのアナタ!

ぜひ一度目指してみてはいかがでしょう?

 

(参考・引用)
退院調整看護師の活動と退院支援における課題(藤澤まこと,普照早苗,森仁実,黒江 ゆり子,平 山 朝 子,川井 恵理子,岐阜県立看護大学紀要 第 6 巻 2 号 , 2006)

http://www.niigata-cc.jp/facilities/ishi/Ishi49_1/Ishi49_1_05.pdf

 

writer
chocola

現在看護師8年目。大学病院の内科病棟に配属され、うち2年間は夜勤専従看護師として勤務。結婚と同時に退職し、現在は訪問看護師として勤務。

 

無料メルマガ登録

【無料公開中】人気記事を資料にまとめました!

資料ダウンロード「感染予防」