高齢者に誤嚥(ごえん)が起きる原因とその予防策|在宅医療の基礎知識

高齢者が誤嚥(ごえん)する原因と予防方法について解説します。

嚥下(えんげ)には認知期・咀嚼期・口腔期・咽頭期・食道期と5つの流れがあります。患者さんの基礎疾患にも配慮し、食事の内容や姿勢、介助の工夫などを検討することで誤嚥を防ぐことができます。

嚥下(えんげ)の流れ|在宅医療の基礎知識

嚥下(えんげ)の動作は5つの流れに分けられます。

(1)認知期
口に入れる食べ物・飲み物を見て、その硬さや量、温度などを頭で認識する時です。高度の認知症や意識障害があると、食事をするという認識ができないまま口の中に食べ物が入ってくるため、誤嚥を起こしやすくなります。

(2)咀嚼期
食べ物を口の中で咀嚼するのですが、咀嚼は歯で噛むだけではありません。舌や上あごを使って食べ物をつぶす動作も行っています。食べ物を噛んだり押しつぶすことができないと、大きな塊のまま飲みこむことになります。

(3)口腔期
咀嚼により小さく砕けた食べ物を、主に舌を使ってひとまとめにして喉に送り込みます。舌の動きに障害があり食事をうまくまとめられないと、飲みこんだつもりでも食事のかけらが口の中に残ることがあります。

(4)咽頭期
食事を飲みこむ瞬間です。この飲みこみは反射によって行われます。食事が食道に送り込まれる瞬間は誤嚥しないように気道を一瞬ふさぐ反応もおきます。この反射に問題があると、喉に食べ物が送り込まれても飲みこめなかったり、飲みこむ瞬間に気道が開いたままで誤嚥したりします。

(5)食道期
食べ物を食道の運動によって胃に送り込みます。この動作は無意識に行われる動作です。食道の動きが悪いと食べ物が逆流することがあります。

誤嚥とはどのような状態?

誤嚥には2つの意味があります。

1つは本来食べ物でないものを飲みこんでしまうことです。例えば子どもがビー玉やタバコを飲みこんでしまうことも誤嚥といいます。もう1つの意味が食事や唾液が気管に入ってしまうことです。高齢者の誤嚥は後者の意味で使用します。

誤嚥はさらに顕性誤嚥不顕性誤嚥に分けられます。
顕性誤嚥とはむせたり、咳をしたりして症状のある誤嚥です。一方不顕性誤嚥は無症状で起きている誤嚥です。

患者さんやご家族には誤嚥性肺炎と診断をされたときに、「むせたりしたことはないので、誤嚥ではない」とおっしゃる方がいます。このようなご家族には不顕性誤嚥の説明が必要です。

誤嚥をしたときにむせや咳がみられるのは、体が異物を気管に入れないよう反応しているからです。それも見られない不顕性誤嚥は、逆に大量の異物が気管に入る可能性がありとても危険な状態です。
さらに不顕性誤嚥は寝ている間に少しずつ唾液が気管に入り込みやすいと報告されています。

顕性誤嚥よりも不顕性誤嚥の方が危険なのです。

高齢者の誤嚥を引き起こしやすい基礎疾患

誤嚥になりやすい既往歴や基礎疾患もあります。そのような患者さんは特に注意が必要です。

脳梗塞・脳出血といった脳血管障害の患者さんは誤嚥しやすい代表です。脳のダメージによる嚥下反射の障害、口や舌の動きの低下、意識障害や食事を認識できないといった原因があります。

パーキンソン病・脊髄小脳変性症・筋ジストロフィーなどの神経筋疾患の患者さんも同様に誤嚥の危険性が高いと考えられます。
喉・肺・心臓の手術などをうけて反回神経に障害が生じると声を出す声帯の部分の麻痺が起きて誤嚥しやすくなります。

もちろん、明らかな病気がなくても加齢により喉の反射や筋力が低下するため高齢者は誰でも誤嚥する可能性がありますが、特にこれらの病気の患者さんには細心の注意を払いましょう。

誤嚥を防ぐ食事介助の方法

過去に誤嚥したことがある患者さんや、食事の時にむせるなど顕性誤嚥の可能性がある場合はその患者さんに合わせた食事の注意・工夫が必要です。

例えば、認知症や意識障害のある患者さんであれば、食事の際には必ず「ご飯ですよ。」と声をかけながら食事を口に入れるようにします。自分で食べる患者さんであれば「これは冷たいカボチャのスープです。」とメニューの説明をしましょう。

咀嚼がうまくできなかったり、一口を飲みこむために何回も嚥下が必要な患者さんには義歯を作ってうまく咀嚼できないか検討したり、難しいのであれば食事形態をキザミ食やミキサーにして適度にトロミをつけます。

咽頭期や食道期に問題がある患者さんの場合は食事の姿勢を工夫します。
食事がうまく喉に送り込めない場合は適度に頭を挙げて重力を利用しましょう。逆に飲みこもうと思う前に食べ物が喉に入ってしまう場合は体をしっかり起こして顎を引いた姿勢にすると不意に食べ物が喉に進むことを予防できます。

嚥下の5つの流れと各段階で起こしやすい誤嚥の原因

嚥下には認知期・咀嚼期・口腔期・咽頭期・食道期と5つの流れがあります。どの時期に誤嚥の原因があるか考えてみましょう。
患者さんの基礎疾患にも配慮し、食事の内容や姿勢、介助の工夫などを検討することで誤嚥を防ぐことができますよ。

<ライタープロフィール>
春田 萌
一般内科医師。現在訪問診療も行っている総合病院に勤務しています。治療だけでなく介護や家庭環境・社会制度も含めた目線で記事を書かせていただきます。

 

口腔ケアが肺炎を防ぐ第一歩|在宅医療と口腔ケア(第6回)

2017年3月7日

【無料公開中】人気記事を資料にまとめました!

資料ダウンロード「感染予防」