介護福祉士の資格情報|訪問介護に役立つ資格

無料メルマガ登録

利用者さんの自宅を訪問して介護サービスを提供する訪問介護。 施設介護とは違って対応する職員が自分一人というのは、とても不安なことですよね。 色々ある資格の中でも国家資格である介護福祉士は、訪問介護の現場でも大活躍です。 どうやって取得するのか、どう勉強すればいいのか、分からない人は今がチャンスです!

(2016年4月時点)

 

介護福祉士とは?|訪問介護に役立つ資格

介護福祉士は、定義上の言葉で言うと「身体又は精神上の障害によって日常生活が困難な者に対して、心身の状況に応じた必要な介護を提供し、その介護者に対しても介護の指導を行うこと」とされています。

噛み砕いて言うと「日常生活が困難で介護を必要としている人に、その人に合った介護を提供し、その家族などにも介護のアドバイスなどを行うこと」です。

医療とは違い、介護は資格がなくてもできるのが現状です。ですが、介護は利用者さんの命を預かっている仕事です。一歩間違えれば、命を落とす危険さえある、責任の重い仕事なんです。しっかりとした知識・技術を身につけて仕事に励んでほしいです。

介護福祉士を取得するために必要な条件って何があるの?

介護の資格には、講習を受けるだけで取得できる初任者研修や、実技指導を受ける実務者研修、条件や試験をクリアしないと取得できない介護福祉士があります。では、介護福祉士の資格取得の条件とは何があるのでしょうか?

介護福祉士の資格取得条件として分かりやすいのは、専門学校や養成施設の必要単位を取っていることです。必要単位を取っていることで、筆記試験をクリアするだけで資格が取得できます。

他には、実務経験が3年以上もしくは、福祉系の高校で単位を取っていることが条件になります。その際、実務経験3年以上は介護技術講習や実務者研修を、福祉系の高校卒業者は介護技術指導を受けていると、実技試験の免除になります。

試験の内容は?介護福祉士の試験に出る科目とは

試験の科目には、大きく3つの柱に分かれています。

①人間と社会
人間の尊厳と自立、人間関係とコミュニケーションや社会の理解が含まれます。現在の日本での病気の割合や介護に関する制度の問題、コミュニケーションの方法などが出題されます。

②介護
介護の基本やコミュニケーション技術、生活支援技術、介護家庭が含まれます。介護の歴史やコミュニケーションの目的・役割、自立に向けた介護などが出題されます。

③こころとからだのしくみ
発達と老化の理解、認知症の理解、障害の理解、こころとからだのしくみが含まれます。人間の欲求や感情、体温や脈拍などのバイタル、食事・排泄・入浴時の行動などが出題されます。

最後に総合問題として、3つの柱を組み合わせた、事例形式の問題も出題されます。介護のあらゆる場面を想定した問題になりますが、引っ掛けが多い問題でもあるので、よく文章を理解することが大切です。

みんなはどうしてる?介護福祉士になるための勉強とは

試験科目を見ると分かるように、専門学校で学んだ科目が広く出題されることになります。これでは、勉強するにもどこから手を付けていいのか分かりません。ここで役立つのが過去の試験問題です。

本屋さんに行くと、色々な過去問題集があります。10年分の過去問題をまとめたものもあります。私も先輩から頂いた過去問題集を勉強して、試験で大活躍してくれた経験があるので、過去問題集はとても貴重だと思っています。

勉強とは少し違ってきますが、ニュースなどで流れる介護問題や病気の割合などは常に情報として入れておくと良いでしょう。介護における時事問題が出題されることはよくあります。これは試験だけでなく、就職面接にもよく使われます。

介護福祉士と訪問介護 資格取得した私の体験談

私が訪問介護を経験したのは、介護福祉士を取得して間もない頃だったので、利用者さんや社会に慣れるまでは目まぐるしい日々でした。仕事を覚え、慣れてきた頃に感じた体験談をちょっと紹介します。

資格があってよかったと感じたのは、訪問介護に必要な排泄・入浴・食事のサービスで、利用者さんの観察ポイントが次々に出てくることです。
例えば、今日は食べた量が少なかった、入浴の時腕にあざがあった、おしっこがいつもより少ない…とか。これって実はとても重要で、病気や事故の早期発見につながったりするんです。ただの観察眼も馬鹿にならないなと身が引き締まりました。

介護は体が資本です。よく「介護は腰痛が職業病」なんて言われますが、あれ実はとっても恥ずかしいことで、つまりしっかりとした介護技術が身についていないと言っているようなものなんです。

介護にはボディーメカニクスという技術があり、これは利用者にも介護者にも負担のかからない介護技術なんです。これのおかげで、私は長年介護していても腰を痛めたことがありません。こういった技術を身につけられるのも、介護福祉士を取得するメリットだと感じています。

もちろん失敗した経験もあります。認知症の利用者さんで、「恥ずかしい」とトイレのドアを閉めたら間違ってカギをかけてしまい、トイレの方法が分からなくなって転んでしまったことがありました。
認知症を、症状や行動として学んではいても、実際に体験してみないと理解できないものです。

【まとめ】訪問介護で働く介護福祉士に必要なことは

資格を取得するために学んだ知識を現場で活かす努力を絶えずしていきましょう。資格は、取得が目的ではありません。取得した時が始まりで、知識を自分の技術・能力として発揮してこそ「資格」と言えると私は感じました。発揮できなければ、それは宝の持ち腐れとなってしまいます。

また、知識は、自分の身を守ることにもつながります。間違った介護は利用者さんの命の危険にも関わり、クレームや訴訟にもなりかねません。正しく介護するためにも、知識を活かしてください。

介護は、利用者さんの命を預かる仕事です。その重みにこたえられる介護福祉士の器を身に着けたいものですね。

writer
luckygirlkuma

介護福祉専門学校にて介護福祉士を取得後、特別養護老人ホーム・ショートステイ・訪問介護・老人保健施設・デイサービスにて勤務。介護施設では、ユニット型施設の立ち上げにも参加。在職中に結婚し、現在妊娠・出産のため休職中。

社会福祉士と介護福祉士の違いを解説|訪問介護に役立つ資格

2016.08.29

介護福祉士の資格情報|訪問介護に役立つ資格

2016.04.27

無料メルマガ登録

【無料公開中】人気記事を資料にまとめました!

資料ダウンロード「感染予防」