ダブルケア(介護と保育の両立)について現役介護福祉士ママが考えてみました

今社会で少しずつ問題視されているダブルケアとはなんでしょう?それは、実際に直面してみないと分からない介護と保育の両立です。どちらも人手不足や大変さが取り上げられていることなのに、自分の身に突然降りかかってきた。あなたならどうしますか? 現役介護福祉士として、ママとして、今ダブルケアについて考えてみました。

ダブルケアとは?時代の変化がもたらす家族の危機

どうしてダブルケアという問題が出てきたのでしょうか?それは、時代の変化によって女性の晩婚化が進んだ結果だと言えます。

昭和50年では初産の平均年齢が25.7歳だったのに対し、平成24年には30.3歳と、5歳近く高齢になりました。子育てが落ち着いたころに親の介護が必要になるという昭和のサイクルから、子育てと介護を両立しなければならない現代へと変化してしまったのです。

これは女性だけの問題ではありません。いまだに「子育てや介護は女性の仕事」という意識は男女ともに根強く、そのために女性は「私が頑張らなくちゃ」、男性は「俺は分からない」なんて感情が邪魔しています。

お互いに踏み出せず、ダブルケアをしている人だけが疲れ果てていくという負の連鎖になっているんです。

介護と保育 問題視されている課題の同時進行

介護と保育。共通点は待機人数が多いことです。介護施設になかなか入れず、自宅で介護するほか手がない・保育園に通えず、家のことがままならない…。その2つが同時に起こったら、時間がいくらあっても足りません。

子供はいつでも言うことを聞いてくれるとは限りません。小さければ小さいほど目が離せません。なんでも遊びたがるし、なんでも口に入れたがる。「いい加減にして!」と怒鳴ってしまうことも日常茶飯事です。

高齢者は待っていられません。大人な分「自分でできる」と思い込んでしまいがちで、失敗した時には隠したがります。それはごく普通の感情ですが、ダブルケアをしている方からすれば、「なんで待っていられなかったの?」とつい怒ってしまいたくなる行動なんです。

誰に頼れば…出口の見えないダブルケアの実態

ダブルケアでストレスや疲れがたまっている状態では、先のことなんて考える余裕もありません。かえって、先の見えない不安や悲しみ、抑えることのできない感情、誰にも打ち明けられない悩みに日々押しつぶされそうになるくらいだと思います。

私自身、子供が2歳の時に義父が軽い脳梗塞で倒れ、ダブルケアを経験しました。日中は一人で二人の面倒を見る生活に、徐々に疲れ・嫌気がさし、つい大声をあげてしまう毎日。そんな時、主人に全部打ち明け、介護は主人が分担してくれることになり私のストレスは一気に軽くなりました。

私には主人の協力があったから乗り越えられましたが、今ダブルケアをしている人みんなが、周囲に協力してくれる人がいるとは限りません。

今すべきこと・できること 家族の在り方を考え直す

ダブルケアをしている人が今すべきことは、まず周囲に相談することです。周りのことは気にせず、思っていることを素直に吐き出してみましょう。あなたが思っているほど、周りはあなたの気持ちに気づいていないかもしれません。

市役所などの行政にも行ってみましょう。そこには、介護・保育制度の専門家がいます。自分から行かなければ、行政は動いてくれません。まずは電話からでもいいです。場合によっては、職員さんが自宅まで足を運んでくれます。今の状況を詳しく説明することで、現状を改善できるサービスが見つかるかもしれません。

あなたが面倒を見ているのは、あなたの家族の一員です。独りで抱え込まず、他にいる家族に頼ってみましょう。

【まとめ】もう独りじゃない ダブルケアへの向き合い方

ダブルケアという問題は、家族構造や家族としての在り方が変化した結果であり、その家族の問題です。その問題に目を向けずに知らないふりをするのは問題外。家族であるならば、しっかりと家族同士話し合うことが解決の糸口になります。

現代はダブルケアが、誰の身にも起こりうる時代です。今のことだけでなく、将来のことも少し家族で話し合ってみることが大切ですね。

writer
luckygirlkuma

介護福祉専門学校にて介護福祉士を取得後、特別養護老人ホーム・ショートステイ・訪問介護・老人保健施設・デイサービスにて勤務。介護施設では、ユニット型施設の立ち上げにも参加。在職中に結婚し、現在妊娠・出産のため休職中。

レスパイトケアとは。介護する者のQOLを保つ大切な仕組み|在宅医療の基礎知識

2017.04.13

無料メルマガ登録

【無料公開中】人気記事を資料にまとめました!

資料ダウンロード「感染予防」