訪問介護のサービス内容と制度|訪問介護の基礎知識

介護保険制度による、訪問介護のサービス。サービス内容は幅広く、様々な困りごとに対応してくれます。そのサービス内容はどのようなものがあるのか、訪問介護で対応できない介護とはどのようなものか、わかりやすく説明します。

1.訪問介護のサービス内容とは?

介護福祉士や訪問介護員(ホームヘルパー)が利用者の居宅に訪問して、身体の介護と生活の援助をしてくれるサービスです。サービスには、「身体介護」「生活援助」の大きく2種類があります。

訪問介護はただ単に、お手伝いをするだけではありません。利用者が「できないこと」を手伝い、その中で利用者が自分らしい生活が送れるように「できること」を増やしていく支援を行います。ですので「自立支援」が大きな目的となっています。
自分でできることが増えると、生きる喜びを感じることができ、生活にハリが出てきます。人間の生きる力を高めるサービスであるといえます。

2.身体介護って何?

身体介護とは、利用者の身体に直接触れて行う介護サービスです。寝たきりの方の介護から歩ける方の介護まで、様々な身体状況に合わせて介護を行います。

具体的には、排泄介助、食事介助、入浴介助・清拭、整容・着替えの手伝い、寝返りができない方の体位変換の介助、車いすへの乗り移り介助、服薬の確認、通院・外出介助などがあります。

またこのような介護をしながら、普段介護されている方への介護指導も行ってくれます。身体介護は、介護の方法によって、腰が痛くなるような身体に負担がかかる行為が多くあります。そのため、普段介護されているご家族には、とても助かるサービスだと言えます。

3.生活援助って何?

生活援助とは、日常生活において、利用者が行うことが困難な家事などを、お手伝いするサービスです。

具体的には、掃除、ゴミ出し、洗濯、ベットのシーツ交換などのベットメイク、衣類の整理、調理、配膳、後片付け(食器洗い)、買い物、薬の受け取りなど、代行して行ってくれます。

生活援助は、利用者の生活を支えるサービスです。生活援助は、利用者の自尊心を高められるサービスだと思います。今まで調理ができずに、お弁当を食べていた方が、ヘルパーと一緒に調理を行い、自分の味付けで食事ができることで、喜びにつながり、自尊心を高めることにつながります。
生活援助は、自立を高めるうえで大切なサービスだと言えます。

4.制度で行えないことが決まっている?

訪問介護サービスを受けるにあたり、保険適用などの対象外となるケースには注意が必要です。

例えば、掃除にも細かなルールがあり、利用者が日常生活で使用している掃除は介護保険の適応になりますが、ご家族の部屋の掃除や、普段使っていない部屋の掃除などは介護保険では適応にはなりません。
その他、ご家族のための洗濯、調理なども適用にはなりません。「本人の援助」が基本となっています。

また、庭の草むしり、花木の水やり、犬の散歩などペットの世話、大掃除、窓ガラス拭き、正月料理などの特別な調理も「日常生活の援助」に該当しないため、介護保険の適応にはならないので、注意が必要です。

5.制度・仕組みを理解し、サービスを上手に利用しましょう

訪問介護のサービスは、毎日行わなくてはならないことを、手伝ってくれるサービスです。そのため利用者によっては、無くてはならないサービスになっています。
幅広いサービス内容ということもあり、うまく利用することで、負担なく在宅生活が送れることにつながります。大変になる前に、上手にサービスを利用することをお勧めします。

writer
もりぞう

福祉系学校を卒業し、11年医療ソーシャルワーカーとして医療機関に勤務。その後、一生を通じた支援をしたいと思い、介護支援専門員へ転身。
現在34歳。東京都渋谷区の居宅介護支援事業所の管理者・ケアマネージャーとして在宅介護の相談・支援を行っている。

保有資格:社会福祉士、精神保健福祉士、介護支援専門員

訪問入浴のサービス内容と制度|訪問介護の基礎知識

2016.06.07

通院等乗降介助のサービス内容と制度|訪問介護の基礎知識

2016.06.07

【無料公開中】人気記事を資料にまとめました!

資料ダウンロード「感染予防」