介護保険制度の概要と仕組み|訪問介護の基礎知識

訪問介護など、サービスを利用したいという時に、必ず関わってくる介護保険制度。言葉は聞いたことがあるけれど、いったいどういう制度なの??意外と説明するのは難しい介護保険制度とは何か、仕組みはどうなっているのかを分かりやすく説明します。

介護保険制度とは?

介護保険制度は、高齢者の介護を社会全体で支え合う仕組みとして、2000年4月に創設されました。
介護保険制度では、自宅でサービスを受ける居宅サービスと施設に入所しサービスを受ける施設サービス、地域に生活している方が利用する地域密着型サービスを利用することができます。
このサービスを利用する上で大事なものが、「要介護度」というものです。

要介護度とは、その人がどのくらいの介護が必要かを表したもので、「自立(非該当)、要支援1、要支援2、要介護1、要介護2、要介護3、要介護4、要介護5」の段階あります。後者にいくにつれて、より介護が必要と判定された方になります。この要介護度の判定は市区町村が行います。
この介護度によって、使えるサービス量の上限が決まっており、要介護1の方と要介護5の方を比べると、要介護1の方は、利用できるサービス量が少ないということになります。

介護保険制度を利用できる人とは?

では、介護保険制度を利用できる人とは、どのような人でしょうか。介護サービスの対象となる条件は、大きく2つあります。
①65歳以上の人で要介護状態、要支援状態になった方
②40歳~64歳までの医療保険を加入している人で特定疾病(国で定められた疾病を患っている方)により、要介護状態、要支援状態になった方。
この条件に当てはまる方は、介護サービスが利用できます。

介護保険制度を運営する財源は?

また65歳以上(第1号被保険者)、40歳~64歳の人(第2号被保険者)から保険料が徴収され、介護保険制度の運用に使用されています。
第1号被保険者の保険料徴収は、年金を年18万以上貰っている人は、特別徴収という形で年金から天引きされます。それ以外の人は普通徴収となり、郵送されてきた振り込み用紙で支払う形となります。第2号被保険者の保険料は、医療保険の保険料と合わせて徴収されます。
財源の負担割合は、利用者負担10%、国25%、都、区市町村12.5%、第1号被保険者22%、第2号被保険者28%となっています。

サービスを利用すると、どのくらい支払うの?

介護サービスを利用した場合、利用したサービス費用の1割(一定以上の所得の方は2割負担)を支払います。また、福祉用具の購入、住宅改修費は、定められた支給限度額の範囲内に限り、支払った費用の9割(一定以上の所得の方は8割)が払い戻しされます。
要介護度の等級ごとに決められたサービス上限額があります。これを超えてしまったサービス費用は10割負担となりましので、注意が必要です。なおサービス上限額が超えないように、サービスを組んでくれるのが、ケアマネージャーです。どのくらいの費用がかかるかは、ケアマネージャーに必ず確認するようにしましょう。

【まとめ】複雑な介護保険制度

40歳になると、保険料が自動的に徴収される介護保険制度。いざ利用するとなるとわからないことだらけだと思います。
要介護度、要介護度別に設定された利用上限額など、いろいろな決まりがあります。聞いて恥ずかしいことは、ありませんので、分からないことは市区町村 介護保険窓口、ケアマネージャーに聞くようにしましょう。

writer
もりぞう

福祉系学校を卒業し、11年医療ソーシャルワーカーとして医療機関に勤務。その後、一生を通じた支援をしたいと思い、介護支援専門員へ転身。
現在34歳。東京都渋谷区の居宅介護支援事業所の管理者・ケアマネージャーとして在宅介護の相談・支援を行っている。

保有資格:社会福祉士、精神保健福祉士、介護支援専門員

無料メルマガ登録

【無料公開中】人気記事を資料にまとめました!

資料ダウンロード「感染予防」