訪問介護と施設介護を徹底比較!自分の性格・タイプから適性を考えてみよう|訪問介護の基礎知識

訪問介護で働いている人は施設介護での働き方をどのように思っていますか?

「利用者さんが多くて大変そう」「レクリエーションが楽しそう」「夜勤が辛そう」…考えるとたくさん出てきそうです。

でも逆に施設介護で働く人たちからは訪問介護は大変そうだと思われていることもあるはずです。

どうしたら自分に合う介護の職場を探せるのでしょう?訪問介護と施設介護。ヘルパーさんのタイプ(性格)からどちらの職場に向いているのか考えてみましょう。

そもそも、訪問介護と施設介護って何がちがう?

訪問介護とは、ヘルパーさんなどが介護を必要としている高齢者の自宅を訪問して、入浴・排泄・食事などの介護や洗濯・掃除などの家事を行い、必要な日常生活のお世話をする介護のことです。

一方で施設介護とは、特別養護老人ホーム(特養)や介護老人保健施設(老健)などの施設で提供される介護サービスのことです。利用者さんの生活する場が施設であること、一度にサービスを提供する利用者さんの人数が多いことが、訪問介護との大きな違いです。

訪問介護では、基本的にヘルパーさんが一人で訪問し一人の利用者さんにサービスを提供しますが、施設介護では複数の利用者さんを何人かの介護職員でケアしています。訪問介護にはない夜間の勤務があるということのも大きな違いの一つの違いです。

訪問介護と施設介護の4つの大きな違い|転職する前にしっかり理解しよう!

2016.07.29

訪問介護で働くメリット・デメリットは?

-訪問介護で働くメリット
メリットは、利用者さんへの個別援助ができるということではないでしょうか。
利用者さんの住み慣れた空間環境だからこそ、安心してケアを行える受けていただけること、より利用者さん本位のケアができることがメリットだと思いまです。

-訪問介護で働くデメリット
利用者さんの自宅を訪問するということは、必ずしも良いい面だけではありません。
利用者さんによって家の造りが違うため、ヘルパーさんにとって、仕事への利便性も変わってきます。また、その家族ごとで決まりごとが違うので、その決まりをしっかりと覚えなくてはならず、時には苦情につながることもしばしば…

時間単位でのケア提供も、利用者さんの介護度によっては大変な部分もあります。時間内に終わらせなければならないのことも、ヘルパーさんによっては大変だと感じる人もいるでしょう。考え方によってはデメリットになります。

施設介護で働くメリット・デメリットは?

-施設介護で働くメリット
メリットは、利用者さんをみている職員が自分以外にもいるということです。
職員同士がそれぞれに利用者さんをみるに接することで、他の人が気づけなかった皮膚トラブルや病気の変化に早い段階で気づき、予防の段階で食い止めるということもでき、より安全な質の高い介護を提供できます。

-施設介護で働くデメリット
デメリットは、多くの人と常に情報共有をしなければいけないことです。利用者さんにかかわる職員が複数いるということは、それだけチームワークを発揮し、情報の共有がされないといけません。
施設には看護師・栄養士・ケアマネージャーと呼ばれる職員も一緒になって利用者さんにサービスを提供しています。情報が正確に伝わってないと、間違ったケアを提供してしまうなどたり、事故や家族からの苦情にもつながってしまう恐れがあります。

訪問介護と施設介護、それぞれどんな人が向いているの?

訪問介護の現場は利用者さんの自宅です。その意味では、家事が得意な人・引っ越しなどでいろんなタイプの部屋に慣れている人・利用者さんと接した経験のある人が向いているのではないでしょうか。

介護経験のない人にとって、入浴や排泄などのケアはとても苦労する仕事です。また、利用者様が急に体調を崩した時の対応なども大変です。
トラブルや予期せぬ出来事にも冷静に判断し、行動できる人が訪問介護に向いているといえるでしょう。何かあったときに冷静に判断できる人も、訪問介護には向いているのかもしれません。

一方施設介護では介護の資格(知識)のある人・高齢者と接したことのあるひと人・社交的な人が向いています。利用者さんの前では新人もベテランもありません。家族さんも同じ職員として見ています。どんな質問にも答えられるよう十分な知識を持っていることがは何よりも重要です。

【まとめ】人と向き合う介護の仕事で大切にしたいこと

介護のような対人援助で必要なことは「相手の立場になって考える」ということです。身体面だけではなく、相手がどう思っているのか、どんな気持ちで過ごしているのかを考えて行動することが、利用者さんの心に安心を与えます。

利用者さんには必ずやりたいことがあります。その気持ちをくみ取ってサポートできたときの「ありがとう」の一言は、ケアする私たちのやりがいです。
自分に合った職場を選んで、介護のやりがいを見つけてください。

writer
luckygirlkuma

介護福祉専門学校にて介護福祉士を取得後、特別養護老人ホーム・ショートステイ・訪問介護・老人保健施設・デイサービスにて勤務。介護施設では、ユニット型施設の立ち上げにも参加。在職中に結婚し、現在妊娠・出産のため休職中。

【訪問介護と施設介護を比較してみた】訪問介護にしかない魅力とは?!|訪問介護の基礎知識

2016.05.12

無料メルマガ登録

【無料公開中】人気記事を資料にまとめました!

資料ダウンロード「感染予防」