【訪問介護の看取り】看取りに向き合うためホームヘルパーの心構え|訪問介護の基礎知識

ご家族との同居・一人暮らし、共に住み慣れた地域でなじみの人に囲まれ、自宅で最期を迎えたいと望む人が増加しています。

訪問介護でご高齢者の看取りに対してホームヘルパーができること、看取りに向き合うためのホームヘルパーの心構えについてお伝えします。

訪問介護で看取りのケアはするの?

訪問介護では看取り介護加算が発生しないので、看取りは在宅医や訪問看護に委ねられることが多いです。
これまで訪問介護でホームヘルパーの支援とともに生活してこられたご利用者が、なじみのヘルパーに看取り介護を希望される機会は今後も増えていくと考えられます。

訪問介護の看取りでは医療職や他職種との連携が重要

看取りに対するケアでは、ヘルパーが医療行為を行うことはありませんが、医療に近い範囲の支援になるので、基礎知識や技術が必須です。

医療従事者と連携を取り、ご利用者のどの部分を観察するのか、適切な指導を受け、病状に応じた介助方法の選択が必要になります。
ご利用者の「いつもと違う」を感じ取り、他職種と連携をいつでも取れるようにします。

また、看取りの方針をケアマネジャーから説明を受けることも重要です。
特に同じ現場に入る訪問看護に連絡すべき具体的な内容をしっかり確認、認識しておき、訪問看護師とコミュニケーションを十分に取ります。訪問看護師との確かな連携により、ヘルパーも安心してご利用者を支援できます。

看取りやターミナルケアで大切なのはご利用者様とご家族への寄り添い

看取りで訪問介護のできること、ご本人に必要な介助はもちろん、清潔を保つケアを行います。安楽な体位の工夫なども必要です。
その上で、ご本人の痛み、つらさ、何を望んでいるのかを思いをくみ取り、あるがままのご利用者を受け入れ、寄り添います。これまで支援してきた訪問介護でのヘルパーだからこそできるケアです。

ヘルパーは、ご本人と家族は今を精いっぱい生きていることを忘れず、自然なかかわりをもつことを心がけます。
また、在宅での主介護者はご家族になるので、介護の負担を和らげるコミュニケーションが欠かせません。
看取り、ターミナルケアでご本人とご家族に訪問介護ができること、最優先は相手に寄り添うかかわりです。

看取りを行うヘルパー自身のセルフケアも忘れずに

ヘルパーにとっても精神的につらくきつい介護になるため、心身の安定を確保することが必要です。そのためにもサービス提供責任者との連携、報連相はしっかりと行います。
ヘルパーの苦しい思い、看取りで困ったとき、迷ったとき、つらいとき、溜め込まずサービス提供責任者に伝えて自分を解放しましょう。

また、看取りを終えた後の自身のケア、心の整理も忘れずに。
支援してきたご利用者が亡くなって、ヘルパーも喪失感や虚無感を抱き、燃え尽きてしまうことがあるからです。看取りの実践を職場で振り返り共有して、また次のケアへの準備をして訪問介護は続いていくのです。

【まとめ】看取りは、訪問介護を続けていく上での貴重な経験

本来、訪問介護では看取り介護加算が取れないので、看取り加算が取れる訪問看護にケアは任せればいいのかもしれません。しかし看取りの経験は、ご利用者の生死を目の当たりにして、自分の介護経験だけでなく、人生経験を豊かにしてくれるものだと信じます。

看取りを終えた訪問介護士は、現場でのご利用者とのかかわりを、より大切なものに感じられるはずです。

writer
cha-hanz

母子家庭で派遣勤務を続けるも2連続で派遣切りに遭い、安定した生活を求めてヘルパー2級を取得。その後、デイサービスに勤めながら専門学校の夜間に通い、介護福祉士を取得。さらに訪問介護を経験し、現在施設介護で正社員として奮闘中。

【看取り介護】訪問介護員(ホームヘルパー)だからできる家族の心のケア|訪問介護の基礎知識

2016.08.05

グリーフケアとは。遺族のQOLを左右する悲嘆のケア|在宅医療の基礎知識

2017.04.03

【無料公開中】人気記事を資料にまとめました!

資料ダウンロード「感染予防」