医療ソーシャルワーカー(MSW)とは?仕事内容と医療介護の連結役としての重要性|在宅医療の基礎知識

医療ソーシャルワーカーは医療と福祉をつなぐ役割をもった職種です。

最近では、医療と福祉の連携が大事ということをよく耳にします。

そのキーマンである医療ソーシャルワーカーとは、どのような仕事をしているのか、私たちとの関わり方について解説します。

 

医療ソーシャルワーカー(MSW)とは?|在宅医療の基礎知識

医療ソーシャルワーカーとは、医療機関に勤務する相談援助職です。

病気を患っている患者が、療養中に生じる困り事を聞き、地域や家庭、社会において自立した生活が送れるように、社会的、心理的な問題の解決のための調整や、社会復帰の手伝いを行っています。

 

医療ソーシャルワーカーは、資格ではありません。職種の名前になります。

ほとんどの医療ソーシャルワーカーは社会福祉士を取得しています。

近年では、医療機関の人員規定に社会福祉士を所有している医療ソーシャルワーカーを、配置しなければならないようになってきています。

 

医療ソーシャルワーカー(MSW)の仕事内容

医療ソーシャルワーカーの仕事は、相談に応じ、困り事を解決するための支援をすることです。
そのため、医療機関にかかっている患者だけではなく、家族のかかえる問題も取り扱います。

その相談内容により、行政と連携し、経済的な救済を行ったり、在宅介護が始められるようにします。
介護保険申請の案内や、ケアマネージャー・訪問看護師・訪問介護員と連携して、病院での情報が在宅介護のチームに提供できるように、間に入り調整してくれています。

 

医療ソーシャルワーカー(MSW)は在宅介護従事者とどう関わってくるの?

ヘルパーからこんな話を聞きました。
「昔は、入院をしている利用者にヘルパーが会いに行くと、病院の看護師に追い返されたけど、今は逆で歓迎されるのよね。在宅でどんな介護を受けていたとか、熱心に聞く看護師が増えた。」

これは、とても理想的な病院ですが、以前は、病院側が「ヘルパーって何?病院の看護に関係ない」という考えがあり、医療と福祉の間に、壁を感じることがありました。

利用者が、病院に入院をすると、在宅での介護方法が中断されてしまいます。
しかし、在宅介護従事者が病院側に在宅での介護方法を伝えることで、病院看護に取り入れてくれ、在宅での介護方法を継続してくれることになります。
これは、利用者にとって大きな利益となります。

このような、病院側が在宅介護従事者の話に、聞く耳を持ってくれるような体制作りをしてくれたのは、医療ソーシャルワーカーが病院の職員に、在宅介護を理解するようを促してくれた結果だと思います。
このように、医療と福祉の橋渡し役という形で私達はお世話になっています。

 

医療ソーシャルワーカー(MSW)と連携するにはどうすればいい?

医療ソーシャルワーカーは、医療機関の医療福祉相談室にいます。(病院により呼び方が違う場合もあります)
病院の医療福祉相談室を訪ねるか、電話でも連携できますので、必要があれば連絡をしてみましょう。

私(ケアマネージャー)は担当していた利用者が入院し、面会に行った際には、帰りに医療福祉相談室に立ち寄り、ご挨拶だけして帰ります。
そうすることで、退院時に「カンファレンスするので来てください」など、連携の電話が入ることがあるからです。
病院は敷居が高い印象がありますが、医療ソーシャルワーカーの方は、腰が低く、優しい方が多いですよ。

 

医療ソーシャルワーカー(MSW)は医療と福祉のつなぎ役

医療ソーシャルワーカーは、昔に比べると多くの医療機関に設置されています。最近では町のクリニックにも医療ソーシャルワーカーがいるところがあります。

まだまだ医療と福祉に壁はありますが、医療とも連携をして、利用者に快適な在宅生活を送ってもらえるようしていかなければなりません。
そのキーマンである、医療ソーシャルワーカーが医療機関にいることを、知っておきましょう。

 

writer
もりぞう

福祉系学校を卒業し、11年医療ソーシャルワーカーとして医療機関に勤務。その後、一生を通じた支援をしたいと思い、介護支援専門員へ転身。
現在34歳。東京都渋谷区の居宅介護支援事業所の管理者・ケアマネージャーとして在宅介護の相談・支援を行っている。

保有資格:社会福祉士、精神保健福祉士、介護支援専門員

在宅医療における医療ソーシャルワーカー(MSW)の役割とは|在宅医療の基礎知識

2016.07.05

医療ソーシャルワーカー(MSW)の一日の仕事〜実は激務な急性期病棟編〜

2016.07.26

【無料公開中】人気記事を資料にまとめました!

資料ダウンロード「感染予防」