在宅医療における医療ソーシャルワーカー(MSW)の役割とは|在宅医療の基礎知識

無料メルマガ登録

在宅医療の需要が高まるにつれて、在宅の現場にも医療的なケアが求められるようになってきました。医療と介護の連携が必要になってきた今、医療ソーシャルワーカー(MSW)の役割が重要視されています。

医療ソーシャルワーカー(MSW)と在宅医療の関係性を解説します。

在宅医療とは?|在宅医療の基礎知識

在宅医療とは、住み慣れた自分の自宅で療養する方に、必要な医療の提供を行うことを言います。
在宅医療では、医師、訪問看護師、薬剤師、理学療法士などの医療関係者が、患者の自宅に訪問して行う、計画的、継続的な医療管理を行います。

在宅医療を利用する人は、癌のターミナルの方や寝たきりの方など、通院が難しい方が多く、24時間体制で連絡が取れるようになっており、深夜などの状態の急変にも駆けつけてくれ、診療を行ってくれます。

在宅医療における、医療ソーシャルワーカー(MSW)の仕事とは?

訪問診療をしているクリニックで、医療ソーシャルワーカー(MSW)はどのような仕事をしているのでしょうか?
医療ソーシャルワーカーは、訪問診療に同行し、診療の中で語られる介護の相談や生活の相談に応じています。

また、診察のたびに更新される、膨大な診療情報の中から、ケアマネージャーや訪問看護師、訪問介護員にとって、ケアに役立つ情報を抽出し、情報提供しています。
例えば、訪問診療時に褥瘡になりかけている皮膚が訪問診療時にみられると、ケアマネージャーへ「褥瘡予防のマットレスが必要な状態です」と情報提供をしてくれます。
この情報を基に、ケアマネージャーは褥瘡予防マットレスを福祉用具の事業所へ手配と、調整が行われるわけです。

医療ソーシャルワーカー(MSW)は、ケアマネージャーや行政と連絡調整しながら、訪問診療時に発見される生活上の問題の解決に一役かっています。

また、地域に働きかけ、在宅医療の勉強会の計画などの、地域のネットワークの構築にも携わっています。地域の中で活動し、医療が必要となっても地域で生活できるということを、様々な活動を通して、情報発信しています。

在宅医療における職種間の「連携」がより重要に

在宅医療では、様々な職種の人が関わっています。例えば、医師、看護師、薬剤師などがあげられます。そのような医療職と私達は連携を取っていかなければ、適切なケアをすることは出来ません。

在宅医療における連携は、安心、安楽な生活を利用者が送るには必要なことです。
国としても、「在宅医療連携拠点事業」を推進しており、住み慣れた自宅で生活をするには、医療、介護にまたがる様々な支援が必要であるとしています。
敷居が高かった医療との連携が、少しずつではありますが、敷居が低くなってきています。

<まとめ> 医療ソーシャルワーカーの今後の活躍に期待

在宅でも、医療的ケアが必要な人のケアの依頼は増えてきました。
これは、在宅でも医療的なケアを提供する受け皿が出来てきたとも言えます。

引き続き、在宅医療の需要は高まっていく中、そこをコーディネートしていく、医療ソーシャルワーカー。
在宅医療における「Total health planner」という職種の有用性を提唱する医師もいる中、在宅医療の形態がどのように今後変わっていくのか、医療ソーシャルワーカーの活躍に期待したいと思います。

writer
もりぞう

福祉系学校を卒業し、11年医療ソーシャルワーカーとして医療機関に勤務。その後、一生を通じた支援をしたいと思い、介護支援専門員へ転身。
現在34歳。東京都渋谷区の居宅介護支援事業所の管理者・ケアマネージャーとして在宅介護の相談・支援を行っている。

保有資格:社会福祉士、精神保健福祉士、介護支援専門員

医療ソーシャルワーカー(MSW)とは?仕事内容と医療介護の連結役としての重要性|在宅医療の基礎知識

2016.06.23

医療ソーシャルワーカー(MSW)の一日の仕事〜実は激務な急性期病棟編〜

2016.07.26

無料メルマガ登録

【無料公開中】人気記事を資料にまとめました!

資料ダウンロード「感染予防」