訪問入浴の初心者が必ずつまずく3つのポイントと対処法|訪問介護の基礎知識

無料メルマガ登録

利用者様のお宅を訪問する訪問入浴での看護師の仕事は、病院や施設での仕事とは勝手が異なります。

 

そのため、初心者はついうっかりやってしまう失敗があります。

3つの事例を取り上げて、対処法についてご説明します。

訪問入浴ってどんなサービス?|訪問介護の基礎知識

訪問入浴サービスは介護保険や障がい者の利用者さん向けの入浴サービスです。
通常、オペレーター、介護士、看護師の3名でチームを組み訪問入浴車という特殊な車に添乗して、利用者さんのお宅に伺います。

訪問入浴車には石油ボイラーが搭載されていて、給湯器の役割をします。FPR製の浴槽、ホース、タンカなどを積んでいます。

オペレーターは通常男性で、ボイラーの操作や浴槽の設置、さらに車の運転を担当します。
介護士は、利用者さんの身体介護を主に担当します。
看護師は、入浴前・後の利用者さんのバイタルチェックを行い、異常の早期発見に努めます。こういった設備とサポートにより、ご利用者様はご自宅にいながら快適な入浴をしていただけるのです。

訪問入浴と病院での入浴の特異性

病院、施設との違い、訪問入浴は利用者さんのお宅でサービス提供をします。そのため、必要な設備が整っていないこともあります。

ご自宅に上がるサービスですので、サービス提供者としてのマナーは勿論、社会人として最低限の常識が必要です。

そのため、利用者さんの特性にあわせて、それぞれのお宅にあるものを工夫して利用し、その方の為だけのサービスを演出しましょう。
また、ご本人やご家族の希望にはなるべく添えるように努力しましょう。

訪問入浴の初心者スタッフにありがちなミスは?

1. 遅刻
通常、訪問入浴サービスは1時間に1件の予約が入ります。準備、サービス、片づけ、報告、そして次のお宅への移動時間を含めての1時間です。

しかし、どうしても交通の事情や、先の利用者さんの対応でサービス時間に間に合わないがあります。
お約束の時間にサービスが入ることを想定して、利用者さんやご家族は準備をしています。時間を守ることは最も大切なマナーです。

2. 忘れ物
サービスで利用するリネンや道具を利用者さんのお宅に忘れてしまうことがあります。
忘れたお宅にご迷惑をおかけする上に、次の利用者さんへのサービスが出来なくなってしまうこともあります。

また、体温計やボールペンなどを利用者さんのベッド内に忘れると、利用者さんにケガをさせてしまうかもしれません。
サービスが終わったら、忘れ物チェックは必ずしましょう。

3. 備品の破損
訪問入浴では、限られた利用者さんのお部屋で行います。病院や施設と違い、様々な備品があります。私物を汚したり、壊したりしないように十分な注意が必要です。

また、ホースや浴槽の搬入で床や壁、柱などに傷をつけないようにしましょう。当たってしまいそうな所には、ウエスやシートを敷くなど、気配りをしましょう。

訪問入浴サービスでスタッフがミスを防ぐ方法

1. お客様とのコミュニケーション
もし、お約束の時間に間に合いそうもない時は、できるだけ早くご家族に連絡しましょう。
また、入浴サービス時にしておいて欲しいことがあれば、あらかじめ聞いておきます。シーツの交換や、軟膏の塗布など、介護の範囲であれば訪問入浴の看護師も対応します。

2. 一緒に働くスタッフへの気配り
オペレーターや介護士さん、同じ事業所で働く仲間に対して気配りをしましょう。
自分の仕事が終わってしまっても、他のスタッフが忙しそうにしていたら「何か手伝えることはありませんか。」と、声をかけましょう。

また、お互いの仕事を尊重し、小さなことでも「ありがとうございます。」と言う習慣があるスタッフは一緒に仕事をしていて気持ちいいものです。

3. 整理整頓
訪問入浴で使用する看護師の道具はひとまとめにして、訪問用バッグに準備してある事業所がほとんどです。
自分1人で使うものではなく、みんなで共有しています。1件訪問するごとに、中身をチェックして忘れ物がないか確認しましょう。

<まとめ> 訪問入浴は価値の高いサービス

訪問入浴サービスは、どんなに大変な利用者さんであってもサービス時間はその方お1人に対して、3人のスタッフで対応します。
ですから、利用者さんに一番適した安全で快適な方法でサービスを提供できます。

そして、入浴してサッパリすることは利用者さんにとって快適なだけでなく、入浴の効果によって全身の血流が良くなり、健康維持にも役立つため、感謝の声もよくいただけます。
大変な仕事ですが、利用者さんに与える価値はとても高いサービスです。

 

<ライタープロフィール>
野田 長世
元看護師、フリーライター。精神科/療養型病院/救急病棟/訪問入浴サービス/介護老人保健施設等で看護師として勤務。2015年8月に退職し、フリーライターとして
健康/医療/看護/美容/恋愛/起業等のジャンルで執筆中。

 

訪問入浴のサービス内容と制度|訪問介護の基礎知識

2016.06.07

訪問入浴での看護師の働き方とは?|訪問看護・訪問介護の基礎知識

2016.09.09

無料メルマガ登録

【無料公開中】人気記事を資料にまとめました!

資料ダウンロード「感染予防」