現役ケアマネージャーに聞いた、ケアマネの仕事を始めたきっかけとは

無料メルマガ登録

ケアマネージャーとして働いている方々に聞いた、ケアマネージャーとして働こうと思ったきっかけについてご紹介していきます。

キャリアアップがきっかけになった方、ケアマネージャーと関わる中で魅力を感じて目指した方など様々な理由があります。

きっかけ(1)自身のキャリアアップとしてケアマネージャーを目指した

このきっかけは特に介護士が多いです。初任者研修、実務者研修を経て介護福祉士を取得し、まだまだステップアップを考えている場合はケアマネージャーに行き着くことが多いのです。

介護士とケアマネージャーは高齢者を対象としているという大きな共通点がありますので、介護士からケアマネージャーになったとしても介護士としての経験が活かしやすく、仕事にもスムーズに慣れることができます。

きっかけ(2)ケアマネージャーと一緒に仕事をするうちに魅力を感じた

ケアマネージャーは非常に多様な職種の方と関わります。介護関係者はもちろんですが、医療関係者、公的機関の方なども共にケアをしていきます。
そのため、他職種の方がケアマネージャーの仕事ぶりを見て魅力的に感じて、ケアマネージャーを目指すことも多いです。

ケアマネージャーは他の職種と違って、様々な事業所と高齢者を結びつけることが仕事として大部分を占めますので、人と人の繋がりを大切にしたい方や、後ろから高齢者をサポートしていきたいと思う人には魅力的に感じられるようです。

きっかけ(3)ケアマネージャーのお世話になったから目指した

介護保険を使おうと思いますと、ケアマネージャーの存在は欠かせません。自分の家族が介護状態になって、介護サービスを使う場合はケアマネージャーの支援を受けることがあります。
その際に、非常に丁寧に対応をしてくれた、家族の生活が見違えるように良くなったなどのプラスの面が見れればそれをきっかけにケアマネージャーを目指す方がいます。

ケアマネージャーの仕事には家族の支援という面もありますので、そのケアを受けた家族がケアマネージャーを魅力的に感じるのです。

きっかけ(4)自分の生活環境が変化した

ケアマネージャーはベースの資格と経験年数が必要になります。資格は介護福祉士や看護師など多様な資格です。
これらの資格は夜勤があったり、土日でも関係なく出勤をしないといけなかったり、労働環境としてはやや厳しい面もあります。

特に小さな子供がいる場合や、親を介護している場合など変則的な勤務では、なかなか対応が難しいと日勤だけのケアマネージャーの仕事を目指す場合もあります。

また、ケアマネージャーは土日が休みのところがほとんどですので、土日休み希望の方も目指す場合も多いです。

<まとめ> ケアマネージャーは魅力的な仕事

ケアマネージャーは他の介護職や医療職から見れば魅力的に感じる部分が多いといわれています。
実際働きだすと大変な面もありますが、高齢者と関わっている姿や、勤務体系などを考えると、ケアマネージャーを目指そうと思う方がたくさんいることもうなづけます。

<ライタープロフィール>
Kokko0320
介護福祉士、社会福祉士、ケアマネージャーの資格を有しており、様々な立場、現場で働いてきました。
介護の世界は大変な部分が多いといわれていますが、魅力的な部分も多々あります。そういった思いを伝えていきたいと思います。

在宅はケアマネの腕の見せ所|私がケアマネになった理由

2016.08.04

ケアマネージャーの理想と現実|実際に働いてみて初めてわかった5つのギャップ

2016.09.13

無料メルマガ登録

【無料公開中】人気記事を資料にまとめました!

資料ダウンロード「感染予防」