福祉住環境コーディネーターとは?|訪問介護に役立つ資格

訪問介護には、身体援助・生活援助の他にも、自宅で生活する利用者や家族にとって欠かせない大切な仕事があります。それは、バリアフリーの観点から、生活をより良いものにするための生活環境改善などのアドバイスをすることです。その役割にうってつけの資格が「福祉住環境コーディネーター」です。あまり聞きなれない資格ですが、どんな資格なのか詳しく見ていきましょう。

(2016年5月時点)

福祉住環境コーディネーターとは?活躍の場所はどこにあるの?|訪問介護に役立つ資格

福祉住環境コーディネーターとは、高齢者や障がい者またはその家族の立場に立って住環境の整備(改築や改装)を円滑に行うための民間資格です。

これまでは建築は建築士、介護は介護福祉士などと言うように、専門家がそれぞれ担当することで、全体として見たときに必要となる要素が抜けてしまうことがありました。それをカバーすべく、すべての観点から住環境を整備する資格として誕生しました。

この資格があることで、住みやすさに加えて高齢者や障がい者の生活の質の改善、介護の円滑化、医療の受けやすさなど、サービスを利用する側にとって重要な役割を果たすことができているのです。

この資格を持っていると、訪問介護などの自宅にかかわる介護の仕事はもちろん、福祉用具や住宅改修などを扱っている事業所での活躍も期待されています。

福祉住環境コーディネーターの資格取得に向けて

福祉住環境コーディネーターは、民間資格です。これは、民間団体や企業が独自の審査基準を設けて任意で認定する資格で、国家資格のように知識や技能があるものとして認知されている資格もあれば、福祉住環境コーディネーターのように直接職業に結び付く資格もあります。

福祉住環境コーディネーターは3級から1級まであり、3級・2級はマークシート方式で同時受験が可能です。2級になると、介護保険を利用した住宅改修をした際に必要な「住宅改修に必要な理由書」を作成することができるので、少し難易度が上がります。

1級はとても難しく、マークシート方式と記述式の2種類があります。合格率は2015年度の試験においてなんと「6.6%」。難関ではありますが、しっかりと勉強していれば大丈夫です。

これは、仕事だけでなく、マイホームの改修などにも活かせて一石二鳥の資格です。

福祉住環境コーディネーターになるための勉強方法

それぞれ本屋さんなどに置いてある問題集やテキストを勉強したり、地域で行っているセミナーや講習会に参加するのも一つの方法です。ネットなどの通信講座もありますね。

私は介護の専門学校を卒業していたので、3級・2級は問題集やネット上の試験問題などを参考に勉強しました。これだけでも3級・2級は十分合格できます。

問題なのは1級です。私の場合は、問題集はもちろん、地域の講習会にも参加しました。実際に働いている福祉住環境コーディネーターさんや1級建築士の方が講師として参加されていたので、とても中身の濃い講習会でした。

自分だけでは理解できないことも、プロの方に教えていただくことで理解し、その「考え方」を身につけることで、無事1級の試験にも合格できました。

福祉住環境コーディネーターの体験談

福祉住環境コーディネーターの資格を取得後、訪問に行くたびに気になっていたお宅がありました。家族も協力的な方だったので、上司と相談の上、利用者さんに合わせた自宅改修の案を提案してみました。

初めは「そんな使い方があるのか」と笑顔を見せていた家族でしたが、改修を勧めるにつれなんだか困った顔に…。話し終えた後に意見を聞いてみると「やっぱり介護と建築では畑が違うからね~」との一言。認知度の低い資格であることは知っていたけれど、この一言はショックで悔しかったです。

もう一人の利用者さんは腰が曲がっていて、地面を向いて歩くような姿勢のためにシンクまで体が起こせない状態でした。台所の床にまな板を置いて材料を切り料理をしていました。

衛生的に問題でどうしようか悩んだ結果、床をくりぬいて利用者さん専用のキッチンを作りました。座りながら作業でき、床よりも少し高めの位置にシンクがあるので、手元が近くなり衛生的になりました。料理が大好きな利用者さんなだけに、力になることができて本当に嬉しかったです。

【まとめ】訪問介護の現場と福祉住環境コーディネーター

訪問介護をしていると、どうしても「ここにあれがあれば…」なんて思ってしまうことがよくあります。それは、利用者さんや家族も密かに思っていたりするものです。時間に縛られた仕事ではあるけれど、ヘルパーというある意味他人から見えるものは、その家族にとって重要なものかもしれません。

そこに気づいて手を差し伸べることも、訪問介護において、その家族にかかわることにおいて大切な役割と言えるのではないでしょうか。

writer
luckygirlkuma

介護福祉専門学校にて介護福祉士を取得後、特別養護老人ホーム・ショートステイ・訪問介護・老人保健施設・デイサービスにて勤務。介護施設では、ユニット型施設の立ち上げにも参加。在職中に結婚し、現在妊娠・出産のため休職中

福祉住環境コーディネーター資格は実務で役に立つか?資格取得のメリットとは?

2016.08.31

訪問介護に関わる様々な職種と役割|訪問介護の基礎知識

2016.07.14

無料メルマガ登録

【無料公開中】人気記事を資料にまとめました!

資料ダウンロード「感染予防」