福祉住環境コーディネーター資格は実務で役に立つか?資格取得のメリットとは?

無料メルマガ登録

福祉住環境コーディネーターは、高齢者が住みやすい環境を整えることを生業としている民間の資格です。

他の介護の資格と比べて取得がしやすい資格ですので、目指す方も多いのですが、資格を取得しても実務に役に立つのか疑問に感じている人も多い資格です。

ここでは資格取得と実務が結びつくのかどうかを検証し、ご紹介していきたいと思います。

福祉住環境コーディネーター資格は「福祉用具販売員」にはおすすめ!

福祉住環境コーディネーターの取得を最もお勧めするのは福祉用具の販売をする仕事に携わっている方です。
この仕事をしている方は、福祉用具を取り扱うことが主な仕事ですので、資格を取得することによって高齢者のニーズに合した用具を選定することができますし、高齢者にアドバイスをしたりケアマネージャーにアドバイスをすることができます。

福祉住環境コーディネーター3級は初歩の資格になりますので、出来るだけ2級以上を取得することをお勧めします。

ケアマネージャーも福祉用具の知識をつけるために取得をおすすめ!

ケアマネージャーとして働いている場合でも福祉住環境コーディネーターは非常にお勧めの資格になります。
ケアマネージャーとして高齢者に関わり、高齢者の生活を見ていくと福祉用具が必要だと感じる場合がありますが、福祉住環境コーディネーターの資格を持っていることによってより専門的な立場から考えることができます。

また、福祉用具の事業所に依頼をするときでも、専門的な知識を持って依頼をすることができますので、よりニーズに合ったものを提供できるといえます。

看護師や医療従事者(特にリハビリ専門職)にもおすすめ!

看護師や作業療法士・理学療法士など医療分野でも、高齢者施設などで働く機会が多い資格を持っている方でも、福祉住環境コーディネーターは非常にお勧めの資格であるといえます。

特に作業療法士や理学療法士などのリハビリ専門職は、その方が生活しやすいように考えることも重要な仕事の一つですので、福祉用具の知識を持つことによって自身の知識が合わさり非常に高度な対応が期待できます。

試験内容としても共通する部分が多いですので、抵抗なく取り組めるでしょう。

福祉住環境コーディネーターは医療や介護の仕事と密接に関わっている

福祉住環境コーディネーターの資格取得をお勧めするにはいくつかの理由があります。
まず、受験資格が必要ないということです。
学生でも受けている方がいるほどです。他の介護士資格や医療資格は様々な受験資格や、取得まで講習を受けないといけなかったりなどの壁がありますが福祉住環境コーディネーターにはそういったことはなく比較的取得しやすいといえます。

もう一つの理由としては、介護や医療の仕事と関連性が強いということです。実務に役立つだけではなく、勉強をしても頭に入ってきやすいメリットがあります。

実務との関連性が強く、資格取得の勉強がしやすい

福祉住環境コーディネーターは非常に役立つ資格だということが分かります。もし、取得をしたら仕事で役立つことは間違いないでしょう。
合格率も2級であれば50パーセント前後ありますので、是非受けてみることをお勧めします。

<ライタープロフィール>
Kokko0320
介護福祉士、社会福祉士、ケアマネージャーの資格を有しており、様々な立場、現場で働いてきました。
介護の世界は大変な部分が多いといわれていますが、魅力的な部分も多々あります。そういった思いを伝えていきたいと思います。

 

福祉住環境コーディネーターとは?|訪問介護に役立つ資格

2016.05.06

訪問介護に関わる様々な職種と役割|訪問介護の基礎知識

2016.07.14

無料メルマガ登録

【無料公開中】人気記事を資料にまとめました!

資料ダウンロード「感染予防」