2025年問題とは|介護の現場では何が問題になるのか?|在宅医療の基礎知識

無料メルマガ登録

2025年問題を簡単に説明すると、2025年になると後期高齢者の数が今までに体験したことがないぐらい多くなり、様々な部分で問題が出てくるということです。

これは介護の現場にも非常に大きな問題が発生するとされていますが、具体的にはどのような問題発生するのでしょうか?

2025年問題とは?|在宅医療の基礎知識

2025年には、日本の人口の中でも最も多いとされている団塊の世代が75歳以上に到達する年です。具体的には2200万人の方が75歳以上になり、4人に1人は後期高齢者いう超高齢者社会を迎えます。
75歳以上の数が増えると何が問題かというと、75歳以上になると疾患のリスクが大きくなり、医療や介護が必要になる割合が増えていきます。

それによって病院に行く方が増えて医療費の増大、介護が必要になる方が増えて介護保険料の増大が考えられます。しかし、国の財源はそこまで潤沢ではありませんので、増加する医療費や介護保険料が若い世代にのしかかってきたり、増加する高齢者に対して医療や介護の従事者が足りなくなるなどの現場の問題も出てきます。

課題1.介護事業所の数が足りなくなる

現在、特養などでは入居待ちが発生しており場所によっては100人待ちなどといった場合も珍しくはありません。現在でも高齢者の数に対して施設の数が足りないといわれています。また、訪問介護やデイサービスの数は今のところは足りているといわれていますが、2025年の高齢者の数を考えるとまだまだ増加の必要性があります。

介護施設や事業所をさらに作ればいいのではと単純に考える方もいますが、介護報酬の減額や人件費の高騰、2025年以降の高齢者の減少に対応できないなどの問題がありますので、施設や事業所の数は伸び悩み、結果的に足りなくなってしまうことが予想されています。

課題2.介護難民が予想される

介護を受けたくても受けれない方が「介護難民」と言われる人たちです。
介護は社会保険ですので、社会保険料を納めないといけませんが金銭的な問題によって保険料を納付できなかったり、場合によっては介護利用料の自己負担分が払えないので利用できないという方が増えてくることが予想されます。

その理由としては、社会保険料と介護利用料の増大です。現在の介護保険料は、基本的に高齢者が増加すると増加していく傾向にありますので、2025年頃には現在の3割増しから2倍近くの保険料や利用料を支払わないといけなくなるかもしれません。

課題3.介護従事者の確保が難しい

介護を必要とする方に対して、介護をしようという方のバランスが取れないために起こる問題です。現在でも介護従事者のなり手は少なく足りていないといわれていますが、2025年にはそれが顕著に表れます。

せっかく事業所や施設を開設しても働いてくれる人が足りないと、運営をしていくことができませんし、質の高いサービスを提供していくこともできません。人不足は非常に大きな問題とされていますが、具体的な対策方法は提示されていないのが現状です。

まとめ 財源の問題と人員の問題

2025年問題には大きく、財源の問題と人員の問題があります。これは介護だけに限らず医療的な部分でも同じことが言えます。特に財源の問題は 現在の若い世代にも大きく関わってくる問題ですので、今からでも国は対策を講じておくことが必要だといえます。

writer
ka-ka

地方在住×在宅ママワーカー×転勤族の妻。引っ越し経験は10回。
4歳と1歳の子どもたちが寝ている時間にパソコンに向かい、家族最優先の働き方を模索中。

在宅医療が解決のカギ!?2025年問題と在宅医療|在宅医療の基礎知識

2016.09.26

2025年問題が訪問リハビリに与える影響|訪問リハビリの基礎知識

2016.09.27

 

無料メルマガ登録

【無料公開中】人気記事を資料にまとめました!

資料ダウンロード「感染予防」