新人ケアマネジャーの失敗談 誰でも最初は失敗だらけ!

新人ケアマネジャーなら誰もが通るかもしれない失敗談を、経験を交えてお話します。どんな新人ケアマネでもいつかはベテランケアマネになる、その日を信じている私の経験談です。

新人ケアマネの憧れ

ケアマネ試験・研修を無事に終え、働き先や部署も決まって、さあやるぞ!と新人ケアマネの胸の中はやりたいことや憧れでいっぱいなのではないでしょうか。
目に映るのはきびきびと業者に対応し、難しい用語をわかりやすくご利用者やご家族に説明し、適切なケアプランを立てて慕われる先輩ケアマネージャーの姿です。

難解な法令を熟知し、時には行政とも渡り合う、そんなキャリアウーマン的なケアマネジャー像が私の中にもありました。
とは言うものの、現実には壁にぶつかるものです。そんな新人時代の体験談をご紹介します。

新人ケアマネとしての最初の業務

新人ケアマネの私が最初に所属したのは、居宅介護支援事業所ではなく療養型病棟です。私の中にあるケアマネのイメージとはややずれていたものの、患者さんやご家族のために必要なケアを取り入れるためのプランを作るという重責を感じ、奮い立っていました。

そんな私に最初に来た仕事が、新入院患者さんとご家族に病棟のことなどを説明する「契約」でした。ケアマネ=ケアプランを作る人というざっくりとしたイメージしかもっていなかった私は、そんなことをするのか!と目が点になってしまいました。

それでも患者さんやご家族に書類を見せながらわかりやすく丁寧に説明する先輩ケアマネの姿にまた「かっこいい!」と触発されるのです。
そして私にもそのバトンが渡される日が割とすぐにやってきました。

新人ケアマネ時代の失敗から学んだ心構えとは

私の頭の中にあるのは先輩のように、書類にある難しい言葉をわかりやすく置き換え、すらすらと説明できるケアマネの姿です。
しかし、実際にいざご家族と向き合うと頭が真っ白になってしまいました。

もともと話すのが上手ではないこともあり、きちんと読み込んでいたはずなのに言葉がつっかえてしまい、勉強不足で料金のことなどを聞かれて慌てて事務方に確認に行ったりと、その滑り出しは散々なものでした。
聞いていたご家族様はさぞかし不安になったことと思われます。

そのため、書類の内容を頭に入れるために何度も繰り返し復唱したり、料金の仕組みを事務方に確認したり、病棟のシステムで把握できてない点があるとわかれば上司に確認をしたり、前準備をしっかり行うことで不安やトラブルは少なくなっていきました。
また事前にもらう患者さんのアセスメントをしっかり確認し、個々のケースに対応できるようにも心掛けました。

新人ケアマネが新たにぶつかった壁

1年ほど病棟で勤めた後、それこそ憧れであった居宅介護へ異動になりました。病棟である程度経験を積んではきたものの、施設ケアマネと居宅ケアマネでは仕事内容も変わってきます。こちらでもまた新人スタートです。

最初にぶつかったのは「行政とのやり取り」でした。
居宅介護支援においては、(あくまで私が勤めた)施設ではあまり縁のなかった書類の取り扱いが多くありました。
行政で確認印をもらわなければならない書類も多くあります。

また新しいハードルが立ちふさがりました。
書類を窓口に持参し、内容を確認してもらいます。相手も当然硬い表情で真剣に確認してくれているので、こちらはますます緊張し通しです。変な汗まで出てきます。ほんの数十秒のことなのに…です。

これは単に私のメンタルが弱いからかもしれませんが、自分で作った書類、しかも仕事に関わる物を役所で確認してもらうというのは本当に気を使う作業でした。

「えーとですね」
「は、はいっ」
「書き方はこれでいいんですが、印鑑がありません」
「えっ」

こんな初歩的なやり取りが何回か繰り返され、何度往復したかわかりません。
持っていく前に確認をすればいいものを、書き上げたらそれでよしと勇んでいくもので失敗するのです。

ただ、今でも同業の夫は時々同様の失敗をやらかしているので、行政とのやり取りというのは経験を積んでもいささか緊張するものなのかもしれません。

新人ケアマネも失敗を重ねてベテランケアマネに

ここに挙げた他にも、ソフトの操作や請求の仕方が分からない、パソコンに入れていたケアプランをミスで消してしまったなど失敗談には枚挙に暇がありません。
幸い、ご利用者やご家族に損害を与えるような失敗はしていませんが、自分なりにやり方を見つけるまではほんとに大変な毎日でした。

新人ケアマネの方は、失敗もまた経験の一つととらえ、私が憧れたようなベテランケアマネになっていっていただければと思います。

writer
小川 凛

介護の専門学校卒業後、リハビリ助手を経て老健や病棟介護に携わり、学んだことを生かしたいとケアマネージャーになりました。
現在はケアマネ職を離れ、介護職をしていますが、復帰目指して制度その他を勉強しています。

ケアマネージャーの職場環境|現役ケアマネがリアルな職場事情をご紹介

2016年9月28日

ケアマネージャーの理想と現実|実際に働いてみて初めてわかった5つのギャップ

2016年9月13日

【無料公開中】人気記事を資料にまとめました!

資料ダウンロード「感染予防」