【訪問介護で大切なこと】連携する多他職種への理解と関わり方|訪問介護の基礎知識

無料メルマガ登録

訪問介護にはどのような職種が関わっているか知っているでしょうか? 介護利用者には、医師・看護師・ケアマネージャー・地域包括支援センター・訪問介護事業所・福祉用具事業所・訪問リハビリ(理学療法士・作業療法士)・医療ソーシャルワーカーなど様々な職種が関わりを持ちます。 今回は、訪問介護に役立つ様々な職種と、その関わり方をご紹介します。

1.【介護事業所】一番大事なのは訪問介護従事者が所属する場所!

一番関わりがあるのは、もちろん介護事業所ですね。ここでは、自分の経験や性格を知ってもらうことが大事です。
利用者には、ケアマネージャーからの居宅サービス計画書に基づき介護を行うのですが、その計画の中には、医師や看護師の支持のもと座薬挿入や軟膏塗布、切り傷などの軽症(切り傷)などの処置があることもあります。
自分に自信のないこと・未経験なことは、事業所に前もって伝えておきましょう。そうすることで、お互い安心して業務を任せることができます。

また介護事業所に立ち寄る際、利用者の話題や、その他困ったことがあるなら、その話題も話しておくといいです。その中で関係性が徐々に良くなり、自分の裁量にあった適度な仕事をまかせてもらえることができるようになります。
また介護者同士ノートを作って意思の伝達・継続した介護ができると、利用者からの信頼も得ることができるので重要です。

2.【ケアマネジャー】彼らが介護調整の中心! 

先ほどの居宅サービス計画書の作成役をしているのがケアマネジャーです。
月1回以上の利用者宅への訪問をし、利用者、またその家族からの要望で計画作成・変更を行っています。また、利用者、またその家族が生活しやすいように提案・調整と介護の中心人物です。
しかし、訪問はしますが実際介護をするのはケアマネジャーではないので、利用者とその家族の状態を一番分かってあげられるのは訪問介護者です。信頼される訪問介護者こそが、利用者と家族の本音を引き出せる重要な存在なのです。

ケアマネジャーに訪問介護をする中で得たご利用者と家族の情報を伝えることで、より利用者と家族の要望に沿った計画またサービスの実行ができるのです。

3.【福祉用具事業所】もっと楽に生活させてあげる!

福祉用具事業所とは、補助具の貸し出し業者のことです。
例えば車椅子や杖などですが、その用具の種類は多岐に渡り、電動リクライニングベッドやお風呂の移乗リフト、褥創マットレス、取り外し可能な手摺りなど様々な福祉用具のレンタル・販売をしています。

利用者と家族は福祉用具の知識がなくて当たり前なので、訪問介護の際に提案することができたらとても素晴らしいことだと思います。福祉用具のプロでなくとも、少し知識をつけるだけで、もっと利用者のADLを上げることや家族の負担軽減をすることもできるかもしれません。

福祉用具事業所職員と居合わせることがあったら、自分のスキル向上にも繋がるので、是非コミュニケーションをとってみてください。福祉用具事業所職員は、カタログ集も持っているので、きっとあなたが驚くような用具が見つかりますよ。

4.【訪問看護師】看護のスペシャリストに学ぼう!

看護師は、言うまでもなく医療・看護のスペシャリストです。在宅介護では、訪問看護師と訪問介護士が連携して利用者とご家族の生活を支えるのです。
訪問看護師と訪問介護士の業務は違えども、利用者と家族に少しでも楽に長く在宅で生活という所を目指しています。その2職種が違う言動をしていたらどうでしょうか?当然、利用者も家族も不安になります。看護も介護も一体となり継続した援助が本来あるべき姿なのです。職業は違えど志は同じなのです。

訪問看護師も訪問介護と同様に、援助する時間は限られているので、状態把握をすることが大変な仕事です。しかし、職種の垣根を越えて、”訪問看護師が来るまでの状態””訪問介護士がくるまでの状態“、2種が連携を取れれば、2倍の時間状態を見ていることになります。また看護師は看護の専門家ですので、利用者の健康状態や自分の介護技術に不安があるなら、積極的に相談しましょう。

【まとめ】全ては利用者とその家族のために

在宅介護はこのような多職種の方がいて、初めて成り立つものです
他の職種とは業務内容や責任、担当時間が違うからという理由で、継続した質の良いサービスが提供できないのは本末転倒なのです。時間が合わないならノート記載したり、名刺をもらっておいたり、他の職種でも志が同じなのですから声をかけても嫌がられることはありません。

自分の業界は分かっていても、他の職種のことは詳しくありません。だから、是非とも積極的にアプローチをしていき、少しでも安全・安楽に安心した生活を利用者とその家族に提供していきたいものです。

ライタープロフィール

Medicalcreat
看護師歴15年(男)
10年間は京都の急性期病院勤務 循環器。手術室。カテーテル室勤務。
京都在住中に訪問介護事業所開設 講義・技術演習を行う。
10年間の節目に5年間東京の急性期病院勤務 脳外科。ICU勤務。
母の癌闘病の為、東京の病院を退社し介護を担う。

【訪問介護で大切な他職種連携】連携が必要な場面と気をつけたいこと|訪問介護の基礎知識

2016.06.06

無料メルマガ登録

【無料公開中】人気記事を資料にまとめました!

資料ダウンロード「感染予防」