ケアマネージャー同士の人間関係とは|よくある課題や悩みを解説

ケアマネージャーは要介護者や要支援者が介護保険サービスを利用する際に必要不可欠な存在です。

介護・医療の現場での経験を経て資格を取得後、念願叶ってケアマネージャーの仕事に就かれることと思いますが、ケアマネージャー間の人間関係に悩む方が意外と多いのです。

ここでは、どのような悩みが多いのかご紹介したいと思います。

同じケアマネージャーでも、モチベーションや経験はそれぞれ

事業所によって在籍するケアマネージャーの人数は違うことと思います。人数が多い程、皆が同じ想いを持って仕事に取り組むということは難しくなります。

経験が長い方と経験の浅い方との仕事に対する温度差もあるでしょう。「ご利用者のために良いプランを立てよう」と意気込んで仕事をする方もいれば、ご利用者の意向は後回しに「プランさえ立てておけば良い」と考える方も実際の所はいるのではないでしょうか。

全員が受験勉強をした後、資格を取得するのですから、同じ心構えをしているはずなのですが、日々仕事をしていくうちに少しずつずれが生じてくる場合も少なくありません。

ケアマネージャー同士の連携が取りにくい

ケアマネージャーは、利用者宅へ訪問したり、サービス担当者会議等もあり、会社を留守にすることも多いです。留守や休みの場合は他のケアマネージャー等が電話対応等をしてくれるかと思いますが、伝達が上手くいかない場合も多くあるでしょう。

人により、事の重大さの捉え方が違う場合もあり、急を要することでもすぐに連絡が来ない場合もあるでしょう。また、他のケアマネージャーが自己判断で話を進めてしまい、自分の知らない間に動きがある場合もあるかもしれません。

一日中社内に居ることは多くないため、他のケアマネージャーとも顔を合わせる機会が少なくなり、報告・連絡・相談が出来にくい状況ではあります。

担当件数が多すぎて大変

ケアマネージャーとして、利用者を担当するにあたり、自分の仕事のペースや勤務体制に見合っていない件数を受け持たなければならない場合もあります。自分では受け持ちきれない場合でも、上司に言われると増やさざるを得ない場合もあるでしょう。
利用者とじっくりと関わりたくても時間的な問題等で関わることが出来ないときもあるでしょう。

自分のキャパを超える仕事量だと、利用者に影響が出たり、必要な書類管理ができなかったりと色々な所でしわ寄せが生じる場合があり、会社都合や上司の方向性等には従っていかなければならない部分はあるでしょう。

大切な地域連携も新たな負担になることも

近年では法改正もあり、地域での取り組みが重要視されています。地域ケア会議の開催も義務付けられ、他事業所のケアマネージャーと顔を合わせることが以前よりも多くなったのではないでしょうか。
他事業所のケアマネージャーと意見交換をしたり、一緒に物事に取り組んだりするのはとても有意義なことだと思います。ですが、日々の業務に、会議や地域での催しの企画や運営等がプラスされるため、今までよりも少し負担が増えるのは事実です。

ケアマネージャーは女性が多い職場。特有の悩みも

このように、ケアマネージャーは、ただケアプランを作れば良いというわけにはいきません。ケアマネージャーを含め介護業界は女性が多い業界ですので、上記に挙げたこと以外にも、女性特有の陰口等に悩む場合もあるかも知れません。

介護サービス情報公表システム等を閲覧し、事業所の情報を得たり、口コミを確認したり、可能であれば見学等も行いながら、働きやすい職場を探しましょう。

<ライタープロフィール>
Kokko0320
介護福祉士、社会福祉士、ケアマネージャーの資格を有しており、様々な立場、現場で働いてきました。
介護の世界は大変な部分が多いといわれていますが、魅力的な部分も多々あります。そういった思いを伝えていきたいと思います。

 

ケアマネージャーの職場環境|現役ケアマネがリアルな職場事情をご紹介

2016.09.28

ケアマネージャーの理想と現実|実際に働いてみて初めてわかった5つのギャップ

2016.09.13

【無料公開中】人気記事を資料にまとめました!

資料ダウンロード「感染予防」