訪問看護はここが大変!訪問看護師の私が困った利用者宅4選

無料メルマガ登録

訪問看護の現場ではいつもスムーズにケアを進められる訳ではありません。時には大変な思いをすることもあります。

問題になることは大きく分けて2つ。

1つ目は物品等の物理的なこと、2つ目は利用者様やご家族との人間関係です。

利用者様のご自宅は病院のように設備が整っている訳ではありませんから、ケアするにはそれなりの工夫が必要になります。それができないと看護業務に支障をきたすので非常に困ります。

また、利用者様や介護されている、ご家族との信頼関係はとても重要です。これが築けないと看護業務を継続することも難しくなります。

今回は、私がこれまでに体験した「困った利用者宅」をご紹介します。

1.訪問看護に必要な物を準備してくれない利用者宅

訪問看護ではケアの為にいろいろな物品が必要になります。
例えば・・・着替え、オムツ、タオル、バケツ、軟膏類、ドレッシング剤等の衛生材料、バルンカテ一式、輸液一式等。
困るのは、訪問時にそれらが揃っていないこと。

そういうお宅は大抵、訪問時にご家族が不在。利用者様本人に聞いてもわからないことが多くて大変困ってしまいます。
ケアの前に部屋中、時には家中まで探しまわって物品を揃えなくてはならないからです。探すだけでも時間の浪費ですし、他人の家をあちこち覗きまわるのは気持ちの良いものではありません。

必要物品を室内にきっちり揃えてくださいとは言いませんが、せめて必要物品は所定の場所を決めて頂けると助かるのですけど…。
そういう場合は、ご家族に再三お願いすると同時に、スタッフ間でもその利用者宅での対処法を共有するようにしています。

2.帰り際に要求が止まらない利用者様

訪問看護では規定時間内に必要なケアを全て終わらせなくてはなりません。
ある程度、時間の余裕を持たせたケア内容のお宅もありますが、休みなく動いてサクサクやらないと終わらないくらいケア内容が多いお宅もあります。

そういうお宅に限って帰り際になって次々に要求を追加され、困ることがあります。
もちろん、可能な限りお応えするようにはしているのですが、次の訪問が控えている場合は最小限にして頂くこともあります。

私達が帰ると寂しいからわざと引き止めている?と思ったりもするのですけど、真意はよくわかりません。
対処法として、前回追加された事柄についてはケア中に確認して早めに対処したり、ケアを手早く終わらせてお話する時間を作ったりするようにしています。

3.自己流のケアを止めないご家族

長く介護にあたられているご家族の中には、自分の介護に絶対的な自信を持っていて、看護師の助言を無視される方もたまにいらっしゃいます。
口では「わかってる。ちゃんとやってる。」とおっしゃいますが、明らかに違うやり方をしていることは歴然。

そんな時、頭ごなしに否定しては良い人間関係は築けません。それまでのご苦労やそこに至るまでの経過をお聞きして、ご家族を労うことから始めます。
信頼関係を築いてからご家族の思いに添う形で徐々に正しいやり方を理解して頂くようにします。

4.表面上はにこやか。影でクレーム

これは人間関係の大変さを思い知った、大変怖い経験でした。
長くご主人を介護されていた奥さまだったのですが、ケア中もケア後もにこやかにお話ししてくださっていたのに帰ったとたん、センターにクレームの電話があったそうです。
全く身に覚えの無い内容だったので、どこで反感を買ったものやら…。しばらくは人間が怖くなりました。

こういう目に遭ったのは私だけでは無かったので、最初は半信半疑だったスタッフもすぐに納得してくれるようになりました。
それ以降は些細なことでも情報交換をして、地雷を踏まないように注意するようにしました。

【まとめ】利用者宅ではトラブルもありますが、賢く対処していきましょう

訪問看護では様々なトラブルがありますが、それにどう対処するのかを皆で話し合って対処するのも醍醐味です。
訪問看護は看護師が単独で看護にあたるため、孤独な作業になってしまいがちです。
トラブルや困ったことが起きたら、事業所のスタッフ全員と共有しましょう。けっして1人で抱え込まないことです。それが自分を守ることにも繋がります。

訪問看護師は1人で仕事をしているのではありません。主治医、ケアマネ、各福祉関係のスタッフ皆で問題を共有すれば自分だけの問題ではなくなるのです。

writer
cocoa

看護師になって30数年。大学病院退職後、途中、育児や病気療養で中断した時期もありましたが老人病院、精神科病院、デイサービス勤務を経て8年前から訪問看護を始めました!

訪問看護師が利用者さんご家族と良い関係を築くために大切な3つの視点|訪問看護の基礎知識

2016.10.12

訪問看護師が身につけておくべき接遇とマナー|訪問看護の基礎知識

2016.10.27

無料メルマガ登録

【無料公開中】人気記事を資料にまとめました!

資料ダウンロード「感染予防」