訪問看護とケアマネの連携上の注意点と、その対処法とは?|在宅医療の基礎知識

無料メルマガ登録

在宅で医療を必要とする人が多くなってきました。それに伴い、ケアマネージャーと訪問看護師の連携が必要になっています。

日々の連携の中、ケアマネージャー、訪問看護師はどのような思いを持っているのか、その上でどのような連携を取れば良いのか、現場の訪問看護師・ケアマネージャーに聞いてみました。

1. 在宅医療においてケアマネージャーと訪問看護師の連携とは?

ケアマネージャーと訪問看護師は、どのような時に連携をしているのでしょうか?

利用者の身体状況に変化があった時は、もちろん連携を取っています。その他、歩行が不安定になってきたので、歩行器が必要だと思うなど、訪問看護師が訪問していて気付いた点をケアマネージャーに情報提供をしてくれます。

またケアマネージャーからは、ケアマネージャー宛に届いた医師からの連絡を情報共有のため訪問看護師に伝えることもあります。
ケアマネージャーが見ていて、おかしいと感じた本人の身体的な変化を訪問看護師に報告し、その原因の可能性など教えてもらうこともあります。

2. 訪問看護師がケアマネージャーに望むこと

さて訪問看護師はケアマネージャーにどのようなことを望んでいるのでしょうか?
訪問看護師に聞いてみました。

・もっと情報提供をしてほしい。情報を共有したい
・病状の不安定な方の時に、タイムリーに担当者会議など開催してほしい
・ケアマネージャーによっては、医師や看護師とのやり取りを苦手としている人もいて、密接なコミュニケーションが取れない場合があるので、密接なコミュニケーションを取れるようにしてほしい
・お互い信頼関係を持って連携を取りたい
・ケアマネージャーが多忙だったり、訪問看護師に対して期待されていないと感じることがあるので、その場合は連携をとりづらい

「コミュニケーションが取れるケアマネージャーを求める」という意見が多く聞かれました。

3. ケアマネージャーが訪問看護師に望むこと

続いて、ケアマネージャーが訪問看護師に望むこと聞いてみました。

・医療面の知識がないから、苦手意識がある
・訪問看護師と密接なコミュニケーションを取りたい
・訪問看護師から情報提供がないから、情報を共有したい
・介護保険の仕組みを理解してほしい
・ケアマネを下にみているように感じることがある。対等な立場で関わってほしい

色々な意見が聞かれました。
こちらもコミュニケーションに関する内容が多く聞かれました。

4. コミュニケーションが取れないケアマネージャーとうまく付き合うには

コミュニケーションが取れないケアマネージャーとうまく付き合うには、どうしたらよいでしょうか?
医療的知識不足を感じていて、難しい医療的なことを言われるのが怖いというケアマネージャーもいるようです。

一つ方法として、利用者・利用者家族に接するような、わかりやすい言葉(医療用語を控える)でコミュニケーションを初めてみると良いと思います。

そして日々の関わりの中でケアマネージャーが、どの程度医療的知識を持っているかを知り、その方に合わせた付き合い方が分かると、コミュニケーションが円滑に取れると思います。
まずは、お互いを知ることから初めてみてはどうでしょうか?

5. 連携に必要なのは相互理解とコミュニケーション

ケアマネージャーと訪問看護師が連携する上では、まずお互いの立場を理解することが大切なように思います。
訪問看護師は、ケアマネージャーがどの程度、医療的な知識があるのかわかりませんし、ケアマネージャーは訪問看護師が、今、どのくらい訪問ケースを抱えていて多忙かもわかりません。

ですので、お互いの状況を理解した上で話をすると、コミュニケーションが取りやすいと思います。ケアマネージャーの中には医療的な知識に自信のない方もいると思います。

その場合、訪問看護師に分からないことを聞いてよいと思います(もちろん勉強は必要ですが)。
そうすることで訪問看護師側も、どの程度の医療知識を有しているケアマネージャーかということがわかり、関わり方も変わってくると思います。

<まとめ> 歩み寄りの連携を

ケアマネージャーも訪問看護師も、多忙の中仕事をしています。その限られた時間で連携をするには、短時間で必要な情報を共有できるよう工夫が必要です。

お互いがどのような技術を持っているのか、どのような人なのかということを理解しながら、歩み寄りの連携をすることが、利用者の利益につながります。
サービス事業所間も信頼関係を築きながら、仕事をしていくことが大切になります。

writer
もりぞう

福祉系学校を卒業し、11年医療ソーシャルワーカーとして医療機関に勤務。その後、一生を通じた支援をしたいと思い、介護支援専門員へ転身。
現在34歳。東京都渋谷区の居宅介護支援事業所の管理者・ケアマネージャーとして在宅介護の相談・支援を行っている。

保有資格:社会福祉士、精神保健福祉士、介護支援専門員

訪問介護に関わる様々な職種と役割|訪問介護の基礎知識

2016.07.14

無料メルマガ登録

【無料公開中】人気記事を資料にまとめました!

資料ダウンロード「感染予防」