これが訪問看護の必需品!訪問カバンの中の持ち物紹介|訪問看護の基礎知識

訪問看護師が持ち歩く、仕事に欠かせない大事な大事な訪問カバン。

あの大きなカバンの中にはいったい何が入っているのかきっと誰もが気になっていることでしょう!(笑)
今回はそんな、みなさんの素朴なギモンにお答えして、訪問カバンの中身を一挙ご紹介します!

 

 

訪問バックの基本装備|訪問看護の基礎知識

まずは、ほとんどの訪問看護師のカバンにも入っている基本の物品から。

①測定グッズ
□ 体温計
□ 電子血圧計
□ パルスオキシメーター
□ 聴診器

②洗浄グッズ(部分浴時や陰部・創傷などの洗浄に)
□ 泡ソープ
□ 洗浄ボトル
キャップ付きのシャワーボトル/ドレッシングを作る料理用ボトルなどを利用
□ 防水シート
ビニル製のシート/お寿司を包む大きなビニルシートなどを利用。時にはペットシーツなども

③創傷処置・フットケア・スキンケアグッズ
□ 絆創膏、創傷用ドレッシング材(数種類)
□ 綿棒(薬剤塗布、耳垢除去などに)
□ イソジン消毒液付き綿棒
□ 爪切り、やすり

④口腔ケアグッズ
□ スポンジブラシ
□ 口腔ケア用シート

⑤文具
□ マジック(黒・赤)、ボールペン
□ メモ、付箋
□ はさみ

⑥その他
□ ナイロン袋
主にゴミ入れとして使用。その他、ホットタオルを作る際(濡れタオルを入れてレンジでチン)や皮膚洗浄用の泡を作る時などにも重宝。
□ 手袋
各種処置のために常備。(予め取り出しやすいように2枚1組にしてまとめている人も。)
□ アルコール綿
測定グッズの消毒などに使用(個包装、もしくはタッパーやジッ◯ロックなど密閉できる容器に入れて)
□ ワセリン、アズノール軟膏
初回訪問時など皮膚トラブルへの急な対応時に使用(基本的には医師に処方依頼し、利用者本人用のものを使用)

訪問看護の現場では病院と違って”足りないから取りに戻る”というのができません。
これらは特に「これがないと仕事にならない!」というくらいの物ばかりですから、訪問前に適宜チェックして、必ず電池切れや故障、物品不足がないか点検・補充してから訪問へ向かいます。

対象者の状態や目的によって持って行くもの

先ほど挙げた基本的な物品のほか、訪問看護師は日々訪問するなかで常に利用者の先々の状態を予測し、その都度必要な物品を次の訪問までに用意しておく必要があります。

以下のものは、日々準備する物品のなかでも特に私たちが持って行くことの多いものです。

①各種食品・飲料サンプル
低栄養・脱水傾向の方へ

②各種クッション、もこもこの靴下・アームウォーマー褥
瘡がある方や皮膚が脆弱な方へ

③シャワーエプロン
入浴介助時

④スキンケア物品保湿用
ベビーローション、ベビーオイル・ホホバオイル、アロマオイル

⑤オムツ・リハビリパンツ・尿取りパット
通常の下着を使用されていて失禁や褥瘡などによる汚染が懸念される場合や、他のグッズを試したいという場合など

⑥エンゼルケアセット

⑦レクリエーション
物品対象に応じて楽しみながらリハビリや発達を促す物品を選択
小児
発達段階に応じたおもちゃ・絵本、CD・DVDプレーヤーなど
成人・高齢者
将棋盤・オセロ・百人一首など高齢者が遊びやすく頭を使うゲーム、CDプレイヤーと好きな歌謡曲のCD、ラジオ体操用の曲  …など

また、これら以外にも季節や天候により、夏の暑い時期は熱中症対策に首元用の「アイスノン」、冬の雪が降る日には非常時に備えて「除雪用シャベル」や「長靴」を持って行ったりと、訪問する地域によって様々な欠かせない”ご当地グッズ”があります。

みなさんも、それぞれ自分の住む町の訪問看護師はどんな装備をしているか、一度きいてみるとおもしろいかもしれませんね。

<まとめ> 訪問看護師の看護バックは智恵のかたまり!

いかがでしょう?たくさんありすぎて驚かれたでしょうか?

多めにあげましたが、実際の訪問では、よく使うものはご自宅に家族・利用者ご本人が用意されているものも多いので、これよりも少なくて大丈夫なことが多いかと思います。

もちろん、「なければあるものを利用!」というのが訪問看護ならではの面白いところ!
アイディアと工夫次第で、自宅でも揃えられるものがたくさんあります(ハンガーを曲げて点滴棒の代わりを作ったり、高価なドレッシング材の代わりに市販のキズ◯ワーパッドを使ったり)ので、カバンの中身はもちろん、訪問看護師の知恵袋も、ぜひ一度覗いてみてくださいね。

writer
chocola

現在看護師8年目。大学病院の内科病棟に配属され、うち2年間は夜勤専従看護師として勤務。結婚と同時に退職し、現在は訪問看護師として勤務。

訪問看護に必要なフィジカルアセスメントとは|訪問看護の基礎知識

2016年9月29日

事前の訪問シミュレーションのメリットとは?|在宅医療の現場に学ぶ

2016年9月13日

【無料公開中】人気記事を資料にまとめました!

資料ダウンロード「感染予防」