【訪問看護ステーションの看護師必見】作業療法士とのコミュニケーションを円滑にする4つのステップ|訪問看護の基礎知識

厚生労働省が主導する病院の入院期間短縮の方針により、在宅でのリハビリを実施する人が増えています。それに伴い、作業療法士等の療法士と看護師の両方がいる、リハビリ特化型の訪問看護ステーションが増えています。

療法士と看護師のコミュニケーションはどのようにすると円滑に進むのでしょうか。

ステップ1. 作業療法士がどんな職種なのか理解する

利用者さんの身体状況を評価し、リハビリを行っているということは誰もが想像ができるかと思います。しかし、実際に頭の中でどんなアセスメントをして、どんなリハビリをしているのかというところまで理解しているでしょうか。

私は訪問看護を始めた頃、それをきちんと理解していなかったため、報告する内容が作業療法士にとって分かりづらい内容だったり、逆にわざわざ伝える必要のない内容だったりしてしまったことがありました。

どんな職種なのかを理解し、的確な報告やアドバイスをすることで良いコミュニケーションにつなげることができます。

ステップ2. 看護師がどんな職種なのか理解してもらう

逆に、療法士にとっての看護師は、漠然と日常生活の援助をしている人であり、実際に何を考え実施しているのか分かりません。

また、看護師というと医療全般分かるように思われていますが、実際には自分が経験した科のことはよく分かっていても、他の科のことはほとんど分からず、得意不得意があります。

ですから、実際に看護師はどういったことをしているのか、また自分はどの科が得意なのかを療法士に伝えていく必要があります。そこを理解してもらわないと、療法士としても何を質問していいのか、何を報告するべきなのか分からず、困らせてしまうことになります。

ステップ3. 些細なことのように感じても必ず情報共有する

病院で何かこれまでと違う事態が起こった時、上司や医師に報告すべきか否かの判断で悩むことは多くあります。同様に、訪問看護でも、利用者さんのことで一緒に担当している作業療法士に報告するべきか悩むことが多々あります。

特に、ちょっとした内容、大した内容ではないかな、と思う内容の時にはどうするべきか悩みますが、どんどん報告していくべきです。

私たち看護師にとってちょっとした内容が、時には作業療法士には気づけなかった大事な情報であることがあります。もちろん、私たちが気づけなかったことを作業療法士の視点で気づくこともあります。

ステップ4. 2職種の関係性がサービス品質に関わることを強く意識する!

利用者さんにより良いリハビリや看護を影響し、ADLの拡大を目指したいと考えたとき、色々な視点で利用者さんを評価・理解することが大切です。そのためには利用者さんに関わっている作業療法士や理学療法士、訪問看護師がそれぞれの視点での評価を共有し、今後のリハビリや看護に活かす必要があります。

それには、療法士と良い関係を築き、些細なことでも情報共有しやすい環境であることが求められます。こうして利用者さんの生活の向上を目指し情報共有することで、然的に関係性を良好にし、さらに利用者さんのためになるという良い循環が生まれます。

最後に… 作業療法士と訪問看護師がお互いを理解し、尊重することが大切

それぞれの職種で実施する内容や、実施するまでの思考回路が全く違うので、お互いを理解することが大切です。
お互いを理解し、尊重しあうことが良いサービスにつながり、それを実感することでより良い関係性を構築していくことができるのです。

<ライタープロフィール>
cow
30歳女性、既婚、子供なし。
がん専門病院の病棟勤務を7年経験。
結婚を機に退職し、現在は夫との生活を大切にできるよう、日勤のみ・土日祝休みの訪問看護ステーションに勤務中。

 

作業療法士と看護師のコミュニケーションで大切なポイント|訪問リハビリの基礎知識

2016.10.21

【無料公開中】人気記事を資料にまとめました!

資料ダウンロード「感染予防」