訪問看護師がケアマネージャーの資格を持つメリットは?|在宅医療の基礎知識

訪問看護師がケアマネージャーをするということは、医療の知識があることにより、利用者さんの異常を早期に発見でき、受診行動につなげることができます。

そして、利用者さんと家族のニーズを明らかにし、居宅サービス計画を立案、評価することで、利用者さんが住み慣れた自宅で安心して生活をおくることができます。

看護師の医療知識によって利用者の体調異変の早期発見や疾病の予防ができる|在宅医療の基礎知識

ケアマネージャーが対象とする人は、疾病の後遺症がある人や高齢で体調が変化しやすく、新たな疾病に罹患する可能性もあります。
看護師は医療の知識があり、日頃の観察による異常の発見や疾病が重篤にならないための予防活動をすることができます。

訪問看護師がケアマネージャーをすることで、定期的な利用者の自宅訪問の際に、室内の様子の変化、利用者の顔色や行動の変化に気づくことができ、受診行動につなげることが可能になります。

看護師は情報収集をして計画を立案することは得意

ケアマネージャーが行う、居宅サービス計画は、利用者さんとその家族のニーズを理解し、解決する方法を考え、計画立案します。そのことは、看護師が学生時代から行ってきた看護課程と同様です。

少し違うのは、看護課程による看護計画と実施、評価は看護師が行うケアがメインとなりますが、ケアマネージャーの居宅サービス計画は、自分が直接ケアをするのではなく、地域にあるインフォーマル・フォーマルなサービスを利用することで、目標を達成するための計画を立案することです。

訪問看護こそ、看護師時代に培う多職種連携の習慣が活きる

ケアマネージャーが居宅サービス計画を立案するためには、他職種のことを理解することが必要です。お互い職種の特殊性を理解し、尊重しながら利用者の目標を達成するための計画を立案することの重要性は、学生時代より学習してきます。

そして、病院では医師や栄養士、リハビリ職、医療ソーシャルワーカーなど常に他の職種と関わり、チームで患者さんのケアをおこなっています。
その経験により、多職種連携の大切さを実感し、実践できる計画立案ができると考えます。

在宅での看取りは、医療知識が必須となる

人は自宅で最期を迎えたいと考えていながら、多くの人は病院で最期を迎えています。人が最期を迎えるとき、急激に体調が変化する可能性があり、サービスや福祉用具が急に必要となることが多々あります。
また、サービスの入り方も日々刻々と変化する状況に対応する必要があります。

そのような急なサービスに対応していくには、利用者の急激な変化を予測する能力と医療の知識がとても大切になります。その医療の知識のある看護師がケアマネージャーをすることはとても有益なことといえると思います。

利用者さんの心強い存在であるために

現在の医療は日進月歩です。最新の医療を受けて退院してこられる利用者さんたちから信頼される看護職、ケアマネージャーとなるためにも、日々学習が必要です。
地域の看護職が新たな知識を得るためには、より自ら学ぶ力が必要になると思います。

利用者さんや家族の心強い存在であるためにも、日々学習を重ねる努力をしましょう。

writer
himawari

救命救急センターで働いたあと、急性期病棟、訪問看護ステーションで働いてきました。
ひまわりのように1本の茎で立ち、大きな花を咲かせるような、元気な看護師を目指しています。

介護支援専門員(ケアマネージャー)の資格情報|訪問介護に役立つ資格

2016.06.07

【無料公開中】人気記事を資料にまとめました!

資料ダウンロード「感染予防」