訪問看護事業にまつわる事務作業と、注意すべき具体的なポイント3つ|訪問看護の基礎知識

訪問看護ステーションにおいて、訪問以外に行わなければならない業務は多くあります。①報酬に関すること ②看護ケアの計画と報告 ③スタッフや物品など管理運営に関すること、の3つに大きく分けられます。

しかし、これらは、絶対看護師でなくてはできないことと、事務職員でもできることなど、細分化できます。また、中には管理運営能力が重要になる業務もありますので、全体のタスクを理解して業務分担を進めることで、ステーション全体の効率化を図ることができるようになります。

(2016年10月時点)

訪問看護の報酬に関する請求のお仕事

訪問看護に関する報酬は、介護保険や医療保険など「社会保障の保険者に請求をする業務」「利用者負担分を請求する業務」と大きく2種類があります。

医療保険と介護保険は請求先や内容など違います。介護保険は訪問した実績を介護支援専門員に報告する必要があり、請求は毎月10日までに行います。

一方で、利用者への請求は、利用者によって負担割合が異なります。保険証を確認のうえ、利用料の負担分や交通費を指し示している時は、合わせて請求します。現金で徴収することもできますが、おつりやスタッフが徴収することの負担を考えると、引き落としや振り込みをお願いしている施設も多いのではないでしょうか。

看護ケアの計画書と報告書の作成のお仕事

看護師は医師の指示の元に看護を提供します。そのため、医師の指示書の期限が切れることなく必要となります。医師の指示書は期限がそれぞれなので注意して医師に依頼する必要があります。

そして、介護保険であれば居宅サービス計画書と医師の指示と利用者さんとご家族のニーズを元に、訪問看護計画を立案します。立案した計画書は、ご家族に了承をもらい、看護ケアを提供します。
また、1ケ月の訪問が終わると状況を報告書にまとめ、医師に報告します。ほかに、市町村に報告を必要とすることもあります。

ステーションで働く人や、毎日使う車の管理

医療保険では利用者さんやご家族と直接、介護保険では介護支援専門員を通して訪問回数や訪問時間が決定されます。訪問看護は利用者・家族の意向はもちろんですが、自宅までの移動時間を考慮し、効率的に回ることができるように調整する必要があります。スタッフと利用者さんの相性やスタッフの休暇などスタッフに継続して働いてもらうためにも人の管理は重要です。

そして、車を訪問で多く使用していれば、車の管理も大切になります。保険や車検、整備など自動車会社さんにお願いをするのですが、台数が多いと結構手のかかる作業となります。

カルテなどの書類の定期的な整理も大事なお仕事

訪問看護ステーションで電子カルテを使用している場所は少ないと思いますので、利用者が入院や入所、死亡をすることで契約が終了した後には、カルテを整理する必要があります。

基本的には、契約終了後2年間保存することがきめられています。例えると、5年間訪問し、契約終了した場合、5年分の書類を契約終了後2年間保存する必要があります。
また、訪問は長期に及ぶこともあり、カルテがとても分厚くなることがあります。その他、請求業務で使用した書類など、月々紙の書類が多くできます。それらを情報開示請求があっても困らないように整理することも大切な業務となります。

訪問看護師の仕事は幅広い

訪問看護ステーションでは、看護の提供以外に、経営者としての視点も重要になります。どんなよい看護を提供できたとしても、事業所が倒産したのでは、利用者さん・ご家族に多大なる迷惑をかけます。
そのためにも、実施したことに対する報酬の請求や法律で決められたことを遵守し、事業所としての管理運営能力を向上させていくこともとても大切です。

writer
himawari

救命救急センターで働いたあと、急性期病棟、訪問看護ステーションで働いてきました。
ひまわりのように1本の茎で立ち、大きな花を咲かせるような、元気な看護師を目指しています。

介護保険制度の概要と仕組み|訪問介護の基礎知識

2016年5月12日

訪問看護のサービス内容と制度|訪問介護の基礎知識

2016年6月7日

【無料公開中】人気記事を資料にまとめました!

資料ダウンロード「感染予防」