特別管理加算とは?|訪問看護の基礎知識

特別管理加算とは、介護保険と医療保険と両方にあり、ほぼ同じ趣旨です。

利用者さんの状況によって、特別に管理する必要があり、計画的に管理を行っている場合に月に1回加算することができます。利用者さん、ご家族、介護支援専門員に十分説明をし、了承を得ることが必要です。

特別管理加算とは?|訪問看護の基礎知識

特別管理加算は、介護保険と医療保険と両方にあります。どちらも、利用者さんの状態が医療的な管理を計画的に行っている場合、月の初回訪問の際に1回のみ加算することができます。
その条件を介護保険と医療保険に分けて述べます。

しかし、介護保険と医療保険が月の途中で変更になった場合でも両方には請求できません。
また、訪問看護を2か所から提供されている場合でも、それぞれには請求できません。あらかじめ、分配について事業所で合議する必要があります。

介護保険の特別管理加算

【1】 特別管理加算Ⅰは、胃チューブの留置、腹膜透析、気管切開、気管カニューレ、膀胱留置カテーテル・PTCDなどの様々なドレーン・輸液用ポート、数日間継続的に行っている留置針による点滴などにより、計画的に管理が必要である場合に月に1回500単位を加算ができます。

【2】特別管理加算Ⅱは、在宅自己腹膜還流指導管理、在宅血液透析指導管理、在宅酸素療法指導管理、在宅中心静脈栄養法指導管理、在宅成分栄養経管栄養法指導管理、在宅自己導尿管理、在宅持続要圧呼吸療法指導管理、在宅自己疼痛管理指導管理、または、在宅肺高血圧症患者指導管理を受けている状態や人工肛門また人口膀胱を留置している状態、真皮を超える褥瘡の状態、点滴注射を週3回以上行う必要があると認められる状態にあり、計画的な管理を行っている場合、月に1回250単位を加算できます。

医療保険の特別管理加算

【1】在宅悪性腫瘍等患者指導管理、もしくは、在宅気管切開患者指導管理を受けている状態にあるものまたは気管カニューレ、もしくは留置カテーテルを使用している状態にあるものに計画的に管理が必要である場合に月に1回500単位を加算ができます。

【2】在宅自己腹膜還流指導管理、在宅血液透析指導管理、在宅酸素療法指導管理、在宅中心静脈栄養法指導管理、在宅成分栄養経管栄養法指導管理、在宅自己導尿管理、在宅人口呼吸指導管理、在宅持続要圧呼吸療法指導管理、在宅自己疼痛管理指導管理、または、在宅肺高血圧症患者指導管理を受けている状態や人工肛門また人工膀胱を留置している状態、真皮を超える褥瘡の状態、在宅患者訪問点滴注射管理指導料を算定している者に関して、計画的な管理を行っている場合、月に1回250単位を加算できます。

医療保険と介護保険

医療保険と介護保険の特別管理加算の仕組みはほぼ同じです。上記記載している中で、下線をひいている項目は、もともと介護保険より、医療保険が優先となるため、介護保険の条件には入っていません。

また、「指導管理を受けている状態」とは、医師が実際に算定をしていなくても、その状態であるという解釈です。介護保険は介護支援専門員が立案する計画に掲載されていなければならないため、介護支援専門員と利用者さん、ごご家族が納得いくような説明とそれに基づく同意が必要となります。

まずは、理解をして説明ができるように

訪問看護は同じ看護を提供しても、年齢や疾病、状況によって利用する保険制度が異なります。まずは、どちらの保険で請求するのかを判断した後、特別管理加算を算定できるか判断し、算定するには、利用者さん・ご家族、介護支援専門員に説明し了承を得る必要があります。まずは、自分たちが十分な理解をしましょう。

(参考)
平成24 年厚生労働省告示第95 号第6 号
社会保険研究所,医療深慮報酬点数表平成28年4月版

writer
himawari

救命救急センターで働いたあと、急性期病棟、訪問看護ステーションで働いてきました。
ひまわりのように1本の茎で立ち、大きな花を咲かせるような、元気な看護師を目指しています。

介護保険制度の概要と仕組み|訪問介護の基礎知識

2016.05.12

看取り介護加算とは?加算を得るために必ず理解しておきたいこと|在宅医療の基礎知識

2016.10.12

【無料公開中】人気記事を資料にまとめました!

資料ダウンロード「感染予防」