看護助手さんの本当のスゴさとは|男性看護師のつぶやきVol.13

カズオが病院内で目撃した、スーパー看護助手さんはホントにスゴかった・・・。
看護師=女性というイメージがまだまだ根強い医療の世界で、男性看護師として奮闘する新米看護師カズオのリアルを語るナマ声コラム。

イラスト/ハピネス★ヒジオカ

「スーパー助手さん」には頭が上がりません

138_メンズナース⑬(スーパー助手さん)_1

どこの病棟にも一人は「スーパー助手さん」がいるのではないでしょうか。

とにかく抜群に看護師さんのフォローが出来て、職場内はもちろん患者さんやご家族の方とまでコミュニケーションがしっかりとれる働き者の看護助手さん。

僕が働く病棟にもそんなスーパー助手さんがいます。

普段から入浴介助や食事介助の他にも、休憩所のお茶沸かしから病室カーテンの洗濯、車いすの空気入れなど、病棟のなんでも屋さんのような働きぶりです。

そして、そんな忙しい合間に患者さんの生い立ちや家族関係など、看護師さんがアナムネをとって必死に得るような情報をしっかり聞き出していたりします。

以前、ある男性患者さんのお見舞いに、いつもとは違うご婦人が「妻」と称して現れたことがありました。

看護師さんたちが「え?いつもの人は?」と混乱していると、スーパー助手さんがやってきて「いつもの方は実は愛人。あちらが本当の奥様です」と一言。

驚いている看護師さんたちに
「まあ、今は愛人と暮らしているから、本妻のようなものだと言っていましたけどね」と。

恐れ入りました…

カズオのプロフィール

pixta_21977290_S-1-min
高校卒業後、サービス業で10年間働き結婚。その後、看護師を目指し31歳で准看護資格を取得。現在、整形外科病棟で看護助手として勤務しながら正看護師への進学課程に通う一児の父。

【無料公開中】人気記事を資料にまとめました!

資料ダウンロード「感染予防」