【最新厚労省情報 2月14日号】平成29年度 介護職員の賃金が1万円程度UPへ

無料メルマガ登録

チーム医療推進協議会元代表・中央社会保険医療協議会元専門委員の北村善明氏による、これだけは押さえておきたい厚労省発信情報の解説コラムです。今回のテーマは介護職員の処遇改善に大きな前進になるであろう、このニュースです。

平成29年度 介護職員の賃金が1万円程度UPへ

 

介護職員処遇改善加算の拡充のために臨時に実施される4月の介護報酬改定について、平成29年1月18日開催された社会保障審議会介護給付費分科会において、介護報酬改定案が了承されました。介護報酬改定案については、塩崎厚労相に答申されます。

昨年8月に閣議決定された「未来への投資を実現する経済対策」において、「介護保険制度の下で、介護人材の処遇については、キャリアアップの仕組みを構築し、月額平均1万円相当の改善を平成29年度から実施する」ことが盛り込まれています。

 

改定の概要

1.改定率

介護人材の処遇改善について、平成29年度より、キャリアアップの仕組みを構築し、月額平均1万円相当の処遇改善を実施するため、臨時に1.14%の介護報酬改定を行います。

 

2.基本的な考え方とその対応

  • 事業者による、昇給と結びついた形でのキャリアアップの仕組みの構築について、手厚く評価を行うための区分を新設します。
  • 新設する区分の具体的な内容については、現行の介護職員処遇改善加算(Ⅰ)の算定に必要な要件に加えて、新たに、「経験若しくは資格等に応じて昇給する仕組み又は一定の基準に基づき定期に昇給を判定する仕組みを設けること(就業規則等の明確な書面での整備・全ての介護職員への周知を含む)」とのキャリアパス要件を設け、これらを全て満たすことを要することとします。

関連資料は、厚生労働省のホームページ(以下のURL)からダウンロードできます。関連事業者の皆さんは必ず目を通しておきましょう!

第135回社会保障審議会介護給付費分科会資料

http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000148990.html

 

<執筆・監修>

北村善明

チーム医療推進協議会元代表・中央社会保険医療協議会元専門委員

無料メルマガ登録

【無料公開中】人気記事を資料にまとめました!

資料ダウンロード「感染予防」