【最新厚労省情報 6月27日号】中医協において「かかりつけ歯科医機能の評価」について議論される

無料メルマガ登録

チーム医療推進協議会元代表・中央社会保険医療協議会元専門委員の北村善明氏による、これだけは押さえておきたい厚労省発信情報の解説コラムです。

今回のテーマは、「かかりつけ歯科医機能の評価」についてのニュースです。

 

中医協において「かかりつけ歯科医機能の評価」について議論される

平成29531日開催の中央社会保険医療協議会総会において「歯科医療」が審議され、その中で「かかりつけ歯科医機能」について審議されました。

かかりつけ歯科医とは、

日本歯科医師会では、『「患者さんのライフサイクル」に沿って、継続的に口と歯に関する保健・医療・介護・福祉を提供し、地域に密着した幾つかの必要な役割を果たすことができる歯科医』と定義されています。

また、かかりつけ歯科医に求められる機能および役割として

必要な初期歯科医療および継続的歯科治療

患者相談・保健指導・予防活動

必要に応じた専門機関への紹介(医科・歯科・病診・診診連携)

病院・施設等における入院・入所中患者に対する歯科医療・口腔機能管理

障害者・要介護者・高齢者に対する歯科医療・口腔機能管理

歯科訪問診療・介護サービスへの対応

他職種とのチーム医療連携

地域の実情に応じた地域包括ケアへの対応

などが考えられています。

中医協総会において、歯科診療における「かかりつけ歯科医機能の評価について」の課題と論点が示されました。

 

【課題】

平成28年度新設の「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」においては、それ以外の歯科診療所よりも地域の在宅医療・介護を担う施設等と連携を行っている割合が高かった。

【論点】

地域包括ケアシステムの構築を推進するうえで、かかりつけ歯科医機能やチーム医療の推進等の観点から医科歯科連携等についてどのように考えるか。

 

地域包括ケアシステムを推進していく観点からも、「かかりつけ歯科医機能」に対する評価が行われると考えられます。

歯科診療に関する提案資料は、以下のURLからダウンロードできます。

http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000166451.pdf

writer
北村 善明

チーム医療推進協議会元代表・中央社会保険医療協議会元専門委員

無料メルマガ登録

【無料公開中】人気記事を資料にまとめました!

資料ダウンロード「感染予防」