【最新厚労省情報 2月5日】診療報酬改定の答申に向け「個別改定項目」、「答申書の附帯意見案」が了承される

チーム医療推進協議会元代表・中央社会保険医療協議会元専門委員の北村善明氏による、これだけは押さえておきたい厚労省発信情報の解説コラムです。

今回のテーマは、「診療報酬改定の答申」についてのニュースです。

 

平成30131日の中央社会保険医療協議会(中医協)にて、平成30年度診療報酬改定に関する「個別改定項目」(いわゆる短冊)並びに「答申書の附帯意見案」が了承されました。平成3027日開催予定の中医協総会において平成30年度診療報酬改定の答申書が出されることとなります。

平成30年度の診療報酬改定に関する「個別改定項目」に対する議論は、124日、26日の中医協において審議されてきました。これらの議論の整理の上で、個別改定項目についての最終案が示され了承されました。また、答申書に対する附帯意見案についても、了承されました。

答申書の附帯意見は、今回の診療報酬改定の結果の評価、検証すべき項目、課題について等、次回(平成32年度)に向けて必要な項目、内容をまとめたものです。

平成30年度診療報酬改定の答申書は、「個別改定項目」をもとに、点数、算定要件、施設基準が決められ、附帯意見とともに、厚生労働大臣に答申されます。

 

平成30年度診療報酬改定に関する「個別改定項目最終案」については、以下のURLからダウンロードできます。

http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000192876.pdf

平成30年度診療報酬改定の「答申書に対する附帯意見」については、以下のURLからダウンロードできます。

http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000192806.pdf

writer

北村 善明

チーム医療推進協議会前代表・中央社会保険医療協議会元専門委員

【無料公開中】人気記事を資料にまとめました!

資料ダウンロード「感染予防」